Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 葬られた善良な子

<<   作成日時 : 2010/01/13 08:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 子供が嘘をついたとき いつも力でねじ伏せて従わせてきた
 それ自体を問題視せず
 母親の目標に向けて勉強し練習することが一番大切
 そう教えてきた
 周囲の人間との暖かい交流や心の通い合いよりも
 むしろ母親の決めた枠組みの範囲を超えないように
 行動するよう教えてきた
 人への思いやりを欠くことになっても支出が少なくて済むなら
 それを良しとして来た
  

 嘘は人を傷つける
 母親が教えないんだったら父親が教えようよ
 お父さんは資金調達係じゃないんだよ
 お母さんは強制教育に走り始めて止まらないブルドーザーみたいなもんさ
 周囲をなぎ倒してひき潰して目的達成しか頭に無い
 

 家の中でママが一番偉い
 全ての権力を握ってる そしてお父さんはお金製造機
 企業戦士だから子供と関わる時間が無い
 母親の中で偏ったり凝り固まったものが徐々に悪化していっても
 それを止める手立てが無い
 社会性や信頼関係の大切さを誰も教えない
 これが無いところには何も生まれてこない 何一つ成し得ない
 もちろん芸術性なんて育まれるわけがない
 こういう一番大切なことを教えてこなかった
 資格を取るのか趣味で続けるのか そんなこと後で本人が決めたらいい
 優先順位そのものが変だよ
 

 優しかった男の子はもうどこにも居ない
 死んでしまった
 健全な魂を育むことなく
 無神経な母親が葬り去ってしまった






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
葬られた善良な子 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる