Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 切り捨てられた情感

<<   作成日時 : 2010/05/30 10:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 平気で嘘をつくし、借りた物も返さない。
 この情緒の欠落はお母さんの教育の賜物だね。

 情操教育のつもりで音楽教室に通わせても、日々の暮らしの中で情緒を育てなかったら何もならない。


 ただ荒っぽいだけの演奏とダイナミックな演奏は全く違う。
 こちらがアドバイスしても、受け取るアンテナが無かったらどうにもならない。
 本人は不真面目に演奏してるわけじゃない。
 アップテンポで豪快な曲は大音量でうるさいと聴こえるし、繊細で静かな曲は平板で単調な演奏にしかならない。味が出ない。
 これだけは教われないし、テクニックで教えても受け取ることができない。
 子供の頃伸ばしかかっていた様々なアンテナを、母親がことごとくもぎ取って行ったんだよね。たぶん。
 だからキャッチできないんだよ。

 機械的な技術は申し分ないと思うよ。
 ただそれはイヤホンから聴き取ってコピーされた機械の音に近いんだよね。
 情感の表現。大切な情感。育まれるはずだったもの。
 お母さんが切り捨ててきたんだと思うよ。


 坊やは優しい男の子だった。
 先生のために廊下を走って椅子を取りに行く子。
 自分で瞬時に判断して行動する子。思いやりのある子。
 人のために無償で動く子。
 でもお母さんは見返りの無いものには一切関わらないように叩き込んだ。
 日々の生活の中でそう刷り込んだ。
 自分が損をしないように、人に構うな、人のことは放っとけ。
 自分の事だけ考えろ。
 人の気持ちなんか思いやってたって得しない。

 そういう人に仕上げたのはお母さんだよ。
 だから平気で嘘もつくし、打算だけでやる気も無いのに習い続ける人になった。

 そうだよね。
 
 
 
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>日々の暮らしの中で情緒を育てなかったら何もならない。

↑のコメント、ものすごく同感です。

確かに自分の事を考えるのは大事です。
でも、自分の事さえ良ければそれでいいという訳ではありませんよね。

kanataさんはピアノの先生なんですか?
これは教え子のお子さんの事なんでしょうね。

読ませて頂いて「人の振り見て我が振り直せ」という言葉が、真っ先に出てきました。
人の事を言うのは簡単ですが、
私も我が子にその親御さんのような事をしていないか
気になりました。
のっぽ
2010/05/30 15:42
コメントありがとうございます。のっぽさん
私は電子オルガンの先生で、長らく教えていた生徒の事を書いています。普通じゃない何かを薄々感じてはいたけど、教えている間は気に止めないようやり過ごしてきました。けど、いつかはやって来ますよね。
自分と対決する日が…

またね。よろしくね。

kanata
2010/05/31 09:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
切り捨てられた情感 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる