Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 一青窈のハナミズキを弾いてます

<<   作成日時 : 2011/01/30 13:11   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今生徒さんが弾いてる曲は「ハナミズキ」です。

 電子オルガンでピアノの音色を出してるんですけど、立ち上がりや強弱がどうもストレートに表現できなくて難しいですね。

 メロディーのパートがピアノの音なのでひそやかでシンプルで、飾り付けや厚みをそぎ落としたようなレジストレーションで構成されてるので…。

 静かなので少しでも弾き損じがあると目立ってしまいますし…。

 演奏に自信がない時はたいてい、右足のエクスプレッションペダルを引いた状態で練習するので、ますます音量が小さくなって、迫って来ないです。


 ボーカル物はリズムや派手目の伴奏で賑やかに弾くのが多いですね。
 どちらが表現が難しいというのは、譜面によって違うし決められませんが、アップテンポな方が発散されるというのはありますね。



 ベースが1オクターブ半あるんですけど、それ全部使います。

 普通、上のファはほとんど押さない事が(左足でですよ)多いんですけど、たいていの曲はそこまで譜面に書かれてないんですけど、この曲は違います。

 ちょっと無理な姿勢になったりします。


 作詞 一青窈 。
 作曲 マシコタツロウ。
 もちろん歌っているのは 一青窈。

 こんな名曲がなぜ作れるのか不思議です。
 なんでもないメロディーの組み合わせなのに、どこにもないオリジナリティーと、歌詞と一体になって表される世界観。
 そういえば近くの外科医院でもオルゴールの音色でこの曲が常時流されてたっけ。
 病院だから有線って訳にはいかないし、無音も寂しい。
 …てことでこの曲。
 長調だから暗い雰囲気ではないし、ベストだと思えます。
 ここの待合室、テレビも備え付けのがあってそれも常時ついてるんですよね。
 ただ音量がかなり控えめにしてあって、BGMの「ハナミズキ」とお互い邪魔し合わないというか、両方ホントに小さな音でいいです。
 外科だし体を痛めた人達がやって来てる場所なんで、当たり前といっちゃ当たり前なんだけど、あそこで普通のお店みたいに有線でヒット曲とかだと…(^^ゞ


 それに同じ曲大音量でエンドレスで流してる薬局みたいだったら大変。

 聴いてるだけでストレスになってしまいますよね。

 音楽も使い方によって、人の神経を攻撃してくるから。
 空気の振動で防ぎようがありません。
 視覚より聴覚に訴える方が攻撃的なのかもしれません。
 また逆に小さ過ぎる話し声やゆっくり過ぎる会話、間延びしたしゃべり方も神経を余計に使う気がしますよね。
 人の聴覚って繊細にできてると思います。
 
 
  
 
 とにかく仕上がりに近づくと、ホントに心地良いです。レッスンはそこへ辿り着くまでが努力の積み重ねなんですが。

 また次の曲、どれにしようかと生徒さん、そろそろ考えています。

 難易度、好み、こだわりつつ何を選ぶのか、私も楽しみです。  




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
一青窈のハナミズキを弾いてます  Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる