Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中流家庭の病んだ親子〜母親は女王様

<<   作成日時 : 2011/04/16 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 生徒が小学生の時、フロッピーが不調になり使えなくなった。
 フロッピーはデリケートなのでたまにそういう事もある。
 レッスンで必要だし、生徒に「来週、持ってきてね。」と頼んでおいた。
 当時はワープロが普及してて、たいていどのお宅にもフロッピーの買い置きはあったと思う。
 家に置いてなくても、スーパーや、コンビ二でも売ってる。
 一枚90円位だし、子供のお小遣いで買える。
 
 ところが生徒は持って来ない。
 「どうしたの?」 と聞いたら
 「今までのが使えるから買わなくていい。要らない。」と言う。
 生徒の母親がそう言ったようだ。

 フロッピーがないとレッスンが進まない。
 (当時、坊やはグループレッスンと併用のアドバンスコースだったから、生徒のペースに合わせてゆっくりという訳にはいかなかった。)
 
 結局、私のを提供することにした。
 時間のロスを考えるとその方がいい。
 そっちの方が早い。急ぐ時は間に合わない。

 その時メモを付けたので、翌週母親が教室までやって来た。
 部屋に入ってもらって説明などやり取りはあった。けどそれは後処理だから。無料で受け取ってる事に代わりはないし、それについては特別触れなかった。
 後にも先にもフロッピーを買わずに済ませたのはこの生徒だけ。


 

 フロッピーの不具合なんだから、自宅のオルガンにセットしたらすぐに分かる。エラーの表示が出るしメモリーされてる音色が出てこない。
 でもこの保護者はそういった物事の確認や探求はしない。
 
 子供の言うことを信用せず、自分を通さないで何かを買ったり決めたりすることを一切認めない。
 たとえ90円でもお金を出す事には応じない。

 その後の数々の出来事を象徴してるよね。
 母親の底意地の悪さがよく出てる。
 そういうエピソード。 

                「巻きついた鎖」



「酸欠と蒸し暑い午後」(人に厳格、自分はルーズ)
 生徒が高校2年生の初夏。発表会の申し込み用紙を渡した次の週、会費と用紙を受け取る手はずでいた。翌週、尋ねると「持って来てない。」と言う。

 どうしたのか聞いても、はっきりしない。
 準備してあって持ってくることを忘れたのか、それとも準備することも忘れて放置してるのか、分からない。
 とにかく、来週では締め切りに間に合わない。
 レッスンが終わって、生徒に車に戻っても発車せずに待ってもらうよう母親に伝えてと頼んで、大急ぎで教室の戸締りをして走って行った。
 母親は申込用紙なんて受け取っていないみたいで、今聞きましたみたいな対応。しかも全然慌てた様子もない。
 あせっているのは私だけだね。
 当然だよ。お金の立て替えだけはしたくない。
 
 3日後、弟さんのレッスンでこっちへ来る。直接会えるのはその時しかないから、私が教室へ出向いて受け取る約束をした。

 3日後、無事申し込み用紙と会費を受け取りに行くことができた。

 家に戻って封筒を開けたら、金額が足りない。
 しまったと思った。
 その場で確認しなかった私のミスだよ。
 通常なら教室の部屋の中で開けて数えるけど、その時は個別教室の外のフロアで受け取った。人目のある落ち着かない場所。
 言葉は交わしたが立ち話。母親はすぐに出払った。
 私もそのまま中身を見ないで戻ってきた。

 後で請求はできないよ。
 証拠が無い。
 母親は納得しない。

 そのやり取りだけで何時間かかるかと思うと、力が抜けたよ。

 力が抜けて自分の部屋で座り込んでしまった。

 蒸し暑い日だった。


 






 こんな生徒の親はいない。
 後にも先にもこの母親だけ。
 
 支払いを滞らせると誰かが困る。
 それでも平然としている。
 遅れてもいつも平気。
 


 仕事で責任を負ってる相手を高見の見物。
 何か不備があっても、結局のんびり構えて知らない振り。
 私が走り回って

 財布を取りに行って
 会費を取りに行って
 楽譜を買いに行って
 フロッピーもクリアファイルもテキスト代も



 自分がただの使い走りとは思っていなかった。
 
 あの日まではね…。


 
 関連記事
 「粉砕された12年 前編」
 「粉砕された12年 後編」

 「空白と混乱」 
 「お高くとまった二人」

 「上昇志向の果て」    
 「荒 廃」

 「冷淡で無神経な親子」などです。
 その他の記事はタイトル一覧からご覧下さい。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
中流家庭の病んだ親子〜母親は女王様 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる