Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 犯罪とエリート家庭の子

<<   作成日時 : 2012/01/19 11:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「葬られた善良な子」 
 子供が嘘をついたとき、いつも力でねじ伏せて従わせてきた。
 それ自体を問題視せず。
 母親の目標に向けて勉強し練習することが一番大切。
 そう教えてきた。
 周囲の人間との暖かい交流や心の通い合いよりも、むしろ母親の決めた枠組みの範囲を超えないように行動するよう教えてきた。
 人への思いやりを欠くことになっても、支出が少なくて済むならそれを良しとして来た。
  

 嘘は人を傷つける。
 母親が教えないんだったら、父親が教えようよ。
 お父さんは資金調達係じゃないんだよ。
 お母さんは矯正教育に走り始めて止まらないブルドーザーみたいなもの。
 周囲をなぎ倒してひき潰して、目的達成しか頭に無い。
 

 家の中で母親が一番偉い。
 全ての権力を握ってる そしてお父さんはお金製造機。
 企業戦士だから子供と関わる時間が無い。
 母親の中で偏ったり凝り固まったものが徐々に悪化していっても、それを止める手立てが無い。
 社会性や信頼関係の大切さを誰も教えない。
 これが無いところには何も生まれてこない。何一つ成し得ない。
 もちろん芸術性なんて育まれるわけがない。
 こういう一番大切なことを教えてこなかった。
 資格を取るのか趣味で続けるのか、そんなこと後で本人が決めたらいい。
 優先順位そのものが変。
 
 優しかった男の子はもうどこにも居ない。

 死んでしまった。

 健全な魂を育むことなく
 無神経な母親が葬り去ってしまった。






「ひとりごと」 
 嘘をつくのが平気で当たり前になってる子供に
 
 人を教える資格を取得させたり
 
 大學で教職課程を取らせたり
 
 それにいったいどんな意味があるのか

 
 もっと大切なことがあったはず

 一番大切なことが欠けてる


 嘘は人を傷つける

 母親が教えないんだったら父親が教えようよ



「犯罪とエリート家庭の子」 
 親は子供が身を置くランクにこだわる。

 学歴と職業、これが生涯の生活水準を決める。

 子供が生まれたときは健康を願うが、成長と伴に優先順位は変化する。

 子供が自分の理想と違う性格や能力だと気づいた時から、

 親心という大義名分の下に矯正教育が始まる。
 
 目標に向かってなりふり構わず前進するため、

 立ち止まって子供の心の状態を推し測る作業は、無用となる。
 



 人間はペットとは違う。

 成長し大人になって独立する。

 親との間で築いた信頼関係を基盤に、他人と関わって社会で生きていく。

 親に認められずに育った子供は、その基盤が脆弱なまま自信を待てない。 

 それでもなお愛情を求めて、親の顔色を伺いながら生きる。



 反抗は子供によって様々な形になって表れる。

 親の支出を無駄にする。

 分かっててわざと労力を無駄にさせる

 そして親の延長線上にある社会の人々とは、

 信頼関係を結ぶ術を知らず、深いところで理解し合えない。
 
 子供の性格によっては、その他人が反抗する対象となり、

 詐称にはじまる反社会的な行為へと、体現されていく。







「目的地は遥か遠く」 
 母親には芸術が分からない

 投資してそれなりの努力をすれば到達できると踏んだ

 子供への夢は限りない

 将来資格があれば副収入にもなる

 一流や本物にならなくても
 お小遣いが稼げればいいのだ

 しかし小金程度の表現力など存在しない

「ひとりごと」 
 母親は楽譜を間違えずに正確に弾きさえすれば資格が取れると思い込んでる。
 もちろんそれも必要だけど。
 判定するのはコンピューターみたいな電子機器じゃないから。

 何も分かってないのにただ指図だけして。




ノンフィクション
『エリート志向の闇〜平気で嘘をつく子供』の紹介記事でした。

 関連記事
 「粉砕された12年 前編」
 「粉砕された12年 後編」

 「空白と混乱」 
 「お高くとまった二人」

 「上昇志向の果て」    
 「荒 廃」  
   
 「狂った神経回路」 

 「統一されない素顔」
 「未来に戦慄が走る」

 あらすじ 


 その他の記事はタイトル一覧からどうぞ。
 またはテーマ<独裁者><嘘>で記事が順に並びます。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
犯罪とエリート家庭の子 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる