Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 困った保護者〜中流家庭の病巣

<<   作成日時 : 2012/01/23 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「作曲は難しいけど、個人レッスンで習う演奏は楽譜通りに弾くだけだから、簡単だと思うんです。」 
 生徒の親に以前、こう言われた事があった。
 生徒の男の子がまだ小学生の頃、「グレード取得させます。」って一人で教室にやって来て、私にそう伝えた時の事。私は黙って聞いてるだけだった。
 その頃、生徒は練習を嫌がってた。
 目の前のハードルをひとつひとつ超えるのに手一杯の時に、そんな先の高い目標を掲げられても…。
 あまりにも現実感がなくて、その時は聞き流してやり過ごした。



 楽譜通りに弾いても合格しなかった。
 10年後の結論がこれ。



 男の子は独学でピアノの超難しい曲をすらすら弾けるようになった。
 模倣至上主義。
 コピーの音。
 真似という枠組みの中だけで完成してしまった。
 これがこの人の育つ過程で培ったもの。

 生の演奏なのにイヤホンから聴き取った音のように聴こえる。 
 
 自分にとって都合のいいところだけ取ろうとする。
 自分が楽しむ事に終始してる。
 オルガンのグレードテストがつまらなく感じるのは当たり前。
 元々出来上がった芸術性の高い贅沢な曲を奏でるほうが楽しいに決まってる。

 男の子はそちらへ傾倒し、オルガンのレッスンは上の空になってしまった。

    「薄っぺらな知性」より


 

「薄っぺらな知性 U」 
 お金の支払いは遅いが、苦情の電話は素早い生徒の保護者。
 他人に使い走りをさせる時は遠慮しないし、連絡が取れるまであきらめない。
 反対に、レッスンを進める上で必要な報告はしない。 
 筋道を通さないことを、子供の手本として見せてきた。


 グレード取得はそう簡単にはいかない。
 先生は事務機器とは違う。



「見返りにこだわる女」 
 規約なんて読まなくても常識的なこと。 
 一事が万事っていうけどその通り。

 長い間このお母さんの事、教育熱心だと思ってたけどなんか違うような気がする。

 細かいお金にうるさいんじゃなくて、支配的なんだ。
 全部自分が取り仕切らないと気が済まない。それだけ。
 本当の意味でお金を大切に使ってはいない。
 こういうのって現実感覚だから、自分の子供がいったいどんな習い方してるかなんて、一緒に暮らしていれば分かる。
 本当に熱心だったら、要項ももっときっちり読むし、緻密にきめ細かな対応してるはず。




「要綱を読まない女」 
 営業の人は楽器を売るのが仕事だから、物事のメリットだけしか話さない。
 グレード取得についてもそう。
 資格があったら演奏でお金になるとか、人に教えられるとか、それは取得した後のことであって、そこまで辿り着くのがどれだけ大変かなんて言わない。

 またどんなにまじめに努力しても、合格しない人もいるし、何度試験にチャレンジしても駄目な人がいるって事も、そんなリスクやデメリットを言う訳ない。営業なんだから。

 美味しいところに飛びついて、習う本人が背負うものを考えてない。
 表裏一体の裏の部分を見てない。








想像力の欠如 感覚の麻痺 物事の軽視
「目的地は遥か遠く」 
 このお母さんに芸術は分からない

 投資してそれなりの努力をすれば到達できると踏んだ

 子供への夢は限りない

 将来資格があれば副収入にもなる

 一流や本物にならなくても
 お小遣いが稼げればいいのだ

 けれど小金程度の表現力など存在しない


「ひとりごと」 
 楽譜を買わない。
 月謝初級レベルの安さで抑えていても。 



「ひとりごと」 
 クレームの電話が嫌で

 細心の注意を払って歩いてきた

 他人が買いに行った楽譜

 割引になってないとクレームつける保護者
 
「ひとりごと」 
 立て替えた楽譜のお金をお支払い下さい。 

 貸した即興のテキストをいいかげん返して下さい。
 (もう1年になる。
 ことらが催促しなかったら、返却する気はないみたい。
 口頭では駄目。
 手紙を書かないと…)


『エリート志向の闇〜平気で嘘をつく子供』の紹介記事でした。
 主要記事一覧
 「粉砕された12年 前編」
 「粉砕された12年 後編」

 「空白と混乱」 
 「お高くとまった二人」

 「上昇志向の果て」    
 「荒 廃」  
   
 「狂った神経回路」 

 あらすじ 

その他の記事はタイトル一覧からご覧下さい。
またはテーマ<独裁者><嘘>で記事が順に並びます。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
困った保護者〜中流家庭の病巣 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる