Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 母親の浅知恵が子供の成長を妨げる

<<   作成日時 : 2012/04/13 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 平気で嘘をつくし、借りた物も返さない。
 この情緒の欠落はお母さんの教育の賜物だね。
 情操教育のつもりで音楽教室に通わせても、日々の暮らしの中で情緒を育てなかったら何もならない。


 ただ荒っぽいだけの演奏とダイナミックな演奏は全く違う。
 こちらがアドバイスしても、受け取るアンテナが無かったらどうにもならない。
 本人は不真面目に演奏してるわけじゃない。
 アップテンポで豪快な曲は大音量でうるさいと聴こえるし、繊細で静かな曲は平板で単調な演奏にしかならない。味が出ない。

 これだけは教われないし、テクニックで教えても受け取ることができない。
 子供の頃伸ばしかかっていた様々なアンテナを、母親がことごとくもぎ取って行ったんだよね。たぶん。
 だからキャッチできないんだよ。
 機械的な技術は申し分ないと思うよ。
 ただそれはイヤホンから聴き取ってコピーされた機械の音に近いんだよね。
 情感の表現。大切な情感。育まれるはずだったもの。
 お母さんが切り捨ててきたんだと思う。




 生徒は優しい男の子だった。
 先生のために廊下を走って椅子を取りに行く子。
 自分で瞬時に判断して行動する子。思いやりのある子。
 人のために無償で動く子。
 でもお母さんは見返りの無いものには一切関わらないように叩き込んだ。

 日々の生活の中でそう刷り込んだ。

 自分が損をしないように、人に構うな、人のことは放っとけ。

 自分の事だけ考えろ。

 人の気持ちなんか思いやってたって得しない。



 そういう人に仕上げたのはお母さん。

 だから平気で嘘もつくし、打算だけでやる気も無いのに習い続ける人になった。

           「切り捨てられた情感」より
 

「頑固すぎる女」 
 息子はもうオルガンには興味が無くなり、ジャンルも絞られてきた。だからそちらの専門家について習った方が、遥かに有意義。
 独学もいいけどピアノはタッチが命。変な癖が付く前に指導者に着いた方が、いいに決まってる。
 そう簡単なものじゃないから。
 周囲の人は上手だとか、プロ並だとか誉めそやすかもしれないけど、それはあくまで素人耳だから。
 自己満足に終わる。自分だけの世界で終わる。


 母親は、オルガンの資格取得に固執し続けて現実が見えてない。

 だからアドバイスも耳に入らない。

 現実から離れて行ってはどうしようもない。

 この母親の世界観は現実からズレて行ってる。

 そして、それを指摘する他人の意見を聞かないんだよね。
 聞き流して真剣には受け止めない。

 子供諸共、自分達だけの世界に入り込んでしまって、他人を受け入れない。
 自分の胸の内を明かさない。

 大切な事は黙って隠して、意思疎通を図ろうとしない。
 指導する人のアドバイスは聞かず、営業の人の言う事は鵜呑みにする。
 これこそがこの母親の本質。
 営業の人はお客様として自分を立ててくれる相手。
 プライドが高く、いつも自分が優位に立ちたいこの母親にとっては、最高の存在なのかもしれない。
 楽器店に限らず、営業さんとの人間関係は母親に至福をもたらす。
 
 反対に先生は自分にとって煙たい存在。
 だから自然とバリアを張ってる。
 相手は専門職なのに安心して委ねない。
 自分を導く人をシャットアウトして、成果だけ得ようとしている。
 息子も全く同じ姿勢でいる。

 自分の世界だけに入り込んでしまって、先生のアドバイスを遮断してそれでも形だけはレッスンに通う。

 相手の気持ちを考える事もなくね。



 それは音楽に限らない。
 この先の親子の生き方を象徴してるはず。

 他人を受け入れない。

 遠巻きの、距離の有る関わりだけがベストになる。
 支障なくやって行けるのは距離を置いた付き合いだけ。

 
  

ノンフィクション
『エリート志向の闇〜平気で嘘をつく子供』の紹介記事でした。

 「粉砕された12年 前編」
 「粉砕された12年 後編」

 「上昇志向の果て」    
 「荒 廃」  
     
 「狂った神経回路」など参照してください。 


 他の紹介記事
 痛い保護者
 送迎は燃費の悪い車で
 母親の強欲が子供の感受性を鈍らせる

 タイトル一覧
 あらすじ 

 全記事のタイトルは右サイドバーのテーマ<独裁者>
 または<嘘>をクリックして下さい。
 前半と後半に分かれて記事が順に並びます。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
母親の浅知恵が子供の成長を妨げる Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる