Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「MONSTERS」第1話感想

<<   作成日時 : 2012/10/28 10:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 狡猾な犯人に罠を仕掛ける刑事。
 まんまと引っ掛かり、逆に自分が犯人だと証明してしまうことに。
 刑事の完璧な推理と行動で犯人は逮捕。事件は解決。
 これって痛快なはずなんだけど、この犯人気の毒だったなぁ。

 それに香取慎吾の平塚刑事の得体の知れない不気味さにどこか引いてしまい…。
 あの笑顔、笑ってないもん。(汗)

 香取君、個性やアクの強い役を演じるとかなり怖いですね。 






 部下の西園寺さんも災難だよね。
 人が良過ぎて、というか純粋で、抜けたところがあるせいか、いいように使い回されて、完全に道具の一つ。

 コンビとは言えないですよね。
 山下君、軽いキャラでバランスは取れてるのか。

 初回だから、仕方ないのか。
 ず〜っとこれだとキツいかも。










 アクセス数が分からないと物足りないですね。
 不調で編集画面にたどり着くのに時間がかかったり。
 イライラするから電源をオフにしたり。
 え〜?でも今日は第2話めかぁ、と思って慌てました。



あらすじ 公式サイトより
警視庁イチの変わり者・平塚平八 (香取慎吾) はその性格ゆえ、たった一人の班である「平塚班」として行動している捜査一課の刑事。周囲から嫌われ者として扱われているが、次々と難事件を解決していた。そんな平八をよく思わない捜査一課の面々は、常々彼の活躍に疑問を抱き、その陰には何らかの不正があると考えていた。そんな捜査一課に、所轄の警察官を経て刑事としてのテストを受けることが許された 西園寺公輔 (山下智久) が訪れる。

西園寺が捜査一課長室に足を踏み入れると、そこにいたのは平八だった。平八を課長と勘違いしてしまった西園寺は、初日から平八に騙され、捜査一課長・剣持 (大竹まこと) と平八をライバル視する刑事・金田 (遠藤憲一) に説教される。慌てる西園寺に剣持と金田が言い渡したテストの内容は、平八の部下のふりをして24時間監視し、その行動を逐一報告することだった!

こうしてコンビを組むことになった平八と西園寺。最初の事件は財界にその名を轟かせる企業グループの会長・徳平國男 (団時朗) 殺人事件。犯行は会長の部屋で行われ、真っ先に犯人として疑われたのは、社長を務める長男の 伸一郎 (岡田義徳) だった。伸一郎はカジノで80億円の借金を作り、子会社にその穴埋めをさせていたことを会長に問い詰められており、動機は十分ある。さらに、事件後に行方をくらませたのだ。会長の部屋に出入りできたのは、会長の妻・洋子 (高島礼子) と長男・伸一郎、長女・麻美 (加藤夏希)、そして専務の 西崎達三 (武田鉄矢) と家政婦の 内田和枝 (角替和枝)。犯人はこの中の誰かで間違いない。

そこで平八は犯行に使用された凶器に目を付け、犯人にあるワナを仕掛ける。事件に対して真摯にぶつかっていく西園寺もまた、平八に翻弄されながらも、事件を解くカギへと導かれていく。

果たして、平八と西園寺は犯人を追い詰める事ができるのか !?



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「MONSTERS」第1話感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる