Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 病院を探さない親〜強制する習い事

<<   作成日時 : 2013/01/08 13:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 両親はその後も大きな病院を探そうとはしなかった。

 よく言われた。
 「あんたは口が小さいから、見えへん見えへん。」
 口を閉じてしまえば外からは見えない。
 見えないから気にするなと。
 結局それで済ませてしまった。


 母が探したのはピアノの先生だった。

 小学生になってから習い始めたピアノ。
 しかし月謝が高いという理由でそこを辞め別の先生に代わった。

 「あの先生は月謝を上げて。高い。こんな高い月謝で通えない。」 
 帰り道にそう文句を言われた。
 私が習いたいと頼んだ訳ではない。
 

 叔母(父の妹)の子供がピアノを習っていた。
 従姉は私より10歳年上で、音楽大学を目指していた。
 母には対抗意識があった。
 
 義理の妹に。




 母親の口癖「楽してお金になる。」
 自分のしている仕立ての仕事は肩がこって辛い。
 ピアノを教えるなら「座っているだけで、自分は何もしないで楽。」
 だから「楽してお金になる。」が口癖だった。

 そういう職業に付かせるための習い事。

 母はそうやって自分が関心のある事には熱心に動いた。


 卒園してから通い始めたピアノ教室。月謝が上がったのをきっかけに代わった女性の先生は、冷たい感じがし、なじめなかった。
 毎日の練習が苦痛になった。

 まだ最初の永久歯が生える前の事だったと思う。








 父親は精神に疾患があったが、
 そんな人と結婚した母親もまた非常に価値観が歪んだと思う。

 周囲に見栄をはる事。



 それだけが生きがいだったようだ。


           尼崎の異常な家庭 bR 病院を探さない親






 尼崎の異常な家庭
 bP 折れた乳歯
 bQ 永久歯の異常

 bS 間違いだらけの治療
 bT 矯正できたのに
 bU 口腔崩壊
 bV 父はギャンブル依存症
 bW 周囲と協調しない母
 bX 一生分のストレス
 bP0 他人より遠い親
 bP1 棘のある他人
 bP2 肩身の狭いドライブ
 bP3 ミシンと埃の家
 bP4 要らない物があふれた家


 当たり前の親ならまず歯医者を探すだろう。
 近所の歯医者が頼りないなら、大きな病院がある。
 大人なら歯科大学の専門病院くらいは探せる。
 それくらいの知恵はある。
 それが普通だ。
 普通の親だ。
 
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
病院を探さない親〜強制する習い事 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる