Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夜行観覧車」第4話 感想

<<   作成日時 : 2013/02/09 12:03   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 怪しい人が増えていくだけの第4話。
 叔母の晶子(堀内敬子)は比奈子(宮崎香蓮)を預かったはいいけど、夫が迷惑だとひそひそ話。
 居辛いですよね。(−−;
 それで長男のところへ行くつもりで荷物をまとめてバス乗り場に。

 メールは長男の彼女が読んでしまって。
 こっちにも居場所がなさそう…。うわ〜っ。( ̄■ ̄;)

 真弓(鈴木京香)の夫はすぐ車に隠れるのよね。
 情けない感じが配役、宮迫博之で正解だったのかな。
 いったい淳子(石田ゆり子)とどんな秘密を共有してるのやら。

 夫の話ではさと子(夏木マリ)も怪しくなったりして。
 
 

 彩花(杉咲花)が嫌だなぁ…。

 こんな女の子が家にいたら、もうそれだけでストレス!!

 それでも真弓(鈴木京香)は理想のお母さんでいようと、腹を立てることも怒鳴る事もなく、パートからたくさん買い物袋を提げて帰り、すぐに食事の支度をしようと一生懸命。

 「ヨーグルト買っとけ。」とか夕食は「いらねぇ。」とか。
 偉っそうに言われても怒らない真弓さん。
 寛大で物分りのよさそうな大人になってる。
 でも問題は解決しない。

 どこかに嘘があって、きれいごとで済ませようとするお母さん。

 彩花が荒れてる原因を突き止めようとはしない。
 

 帰宅する比奈子をカラオケに連れて行く。
 私立の学校へ入れなかった挫折を引きずってる彩花。
 イライラを比奈ちゃんにぶつけてるんだね。
 慎司(中川大志)のことが気になりつつ、それでも何かを誰かを攻撃しないとやっていけない。
 
 親友の志保(吉田里琴)にだけは何も言えないし逆らえない。


 やっぱり彼女が一番恐れているのは「仲間外れ」なんだと思う。
 属している集団の中で、ひとり置いていかれるのが怖い。

 母親にいくら毒付いても親なんだから離れては行かないし。
 お向かいさんの女の子も自分とは別の学校だから。
 属している集団が違う。
 だから多少大きな態度に出ても平気。

 彩花は仲間から除外されることを一番怖がっている。
 外れたら居場所が無い。

 そんな居場所を確保するために必死な女の子の姿…。
 かなり重たいですよね。
 サスペンスなので観てるのかなぁ。
 真犯人が誰かってそんな興味で引っ張られてるから。
 エンタティメントで楽しめる。
 でもそれが無かったら、視聴を続けるのはキツいかも。

 



あらすじ YAHOOテレビより 
事件翌日。結城(高橋克典)は、殺された弘幸(田中哲司)に借金をしていた啓介(宮迫博之)の会社を訪ねる。そのころ、真弓(鈴木京香)はパート仲間の晶子(堀内敬子)が淳子(石田ゆり子)の妹で、比奈子(宮崎香蓮)を預かると知り驚く。さらにテレビで淳子と慎司(中川大志)が行方不明になっていると知り、借金の件やさと子(夏木マリ)の目撃証言を確かめるべく、啓介の会社へ。すると近くの喫茶店から淳子が、続いて啓介が出てくる。

 「夜行観覧車」「ラストホープ」第1〜3話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「夜行観覧車」第4話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる