Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サキ」最終回 感想

<<   作成日時 : 2013/03/20 13:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

 「何か接点があったはずなんです。」直美は病室で尋ねる。
 1年前「ひとりでうちで食事を作って食べていた。」
 あの女はそう言ってたと繁之。そして1年ずつさかのぼって行く。
 6年前「須藤さんは何をしていたか思い出せませんか?」

 救急車が通ったルートを地図で示す。
 野村、中川、本田、須藤。「次に狙われるのは…。」

 「どうしてそう思うの?」マンションの部屋でサキは言う。
 「母さんの腎臓をもらったから。」隼人は答える。
 
 「全部私の不幸の上に成り立ってるのよ。」
 「最後の最後にある事を言った。でも絶対に教えない。」
 「隼人はずるいのよ。」
 ワインのどちらかを飲むと死ぬ。
 「今度は隼人が選ぶの。」「どっちがいい?」
 
 グラスを取り上げて割る。
 「馬鹿ね。本気にするなんて。」
 「いい子ぶっちゃって。出てって。」

 サキの部屋は片付けられている。

 「姉ちゃんに会う前には戻れません。」隼人は居酒屋で話す。
 「感じ方も考え方も全部自分が作ってきたの。」と直美。

 実家に行くとサキが母親に宛てた手紙が。

 ダイヤモンドリリーの花束を持って2月28日のあの場所へ。

 救急車の中、手を握る。
 横断歩道で救急車を止めたのが中川(姜暢雄)。

 自転車でヘッドフォンをつけて走る本田(岡田義徳)。

 左折すると野村(萩原聖人)の車が邪魔をする。

 急に受け入れ不可能と連絡が。

 「隼人。」と母、明美はつぶやく。

 「ご家族の方ですか?」と聞かれ「いいえ。」と答え去って行く。

 「やっと会えたのに。」
 「あたしはやっと…。」
 
 運ばれるはずだった港南総合病院へ行き、和繁の会話を聞く。

 須藤一家の様子を見る。

 「一度でいいから、一度だけでもサキって呼んで欲しかった。
 目を瞑るといつも同じ光景が浮かぶ。」

 「そんな日常が私にとっての大切な思い出。」

 「だから隼人。
 いつかまたね。」
 
 花束を見つける隼人。

 また会う日を楽しみに。    

 
 

 
 「名前、もう決めてるんです。」公園のベンチで答えるサキ。


 最終回でした!! 

 隼人と向き合って話し、ワインを飲もうとするのを止めるシーン。

 結構、きましたね。

 仲間由紀恵は上手いと思う。

 血の繋がった家族との生活を夢にまで見てきた一人の女性。

 言葉のひとつひとつに深い響きがありました。

 


 救急搬送の患者を受け入れ拒否した繁之は罪があると思います。

 別の病院へまわして20分のロスは急を要する患者には命取り。

 いくら自分の息子でも。おまけに軽症だったし。

 須藤一家への恨みは納得できます。

 肝心のその須藤一家の崩壊加減は漫画チックでしたね。w
 バラエティーのコント並みのストーリー展開に、高嶋政伸と富田靖子の熱演が加わって、今までの流れとは違うドラマのようになり…。(汗)
  
 萩原聖人も岡田義徳もシリアスに追い込まれていく人を演じてた。
 なんか対照的だったよね。

 中川、本田、野村の3人との関わりは、ほんの些細なものでした。

 それほど期待してはいなかったけど、救急車の到着の遅らせ方。
 わざとらしかったよね。w

 
 

 

 

 サキの復讐自体も直接手を下すものでなく、微妙でした。

 ただ理屈じゃないというのだけ、よく伝わってきました。

 ほんの少し救急車の走行を阻んだだけなのに。

 それでも理屈じゃない。

 人を恨む動機に理屈は無い。

 なんだかこういう風に現実世界でも事件が起きたりするのかも。

 怖いですよね。



 隼人や両親と一緒に写真を撮って、ひとつの家で暮らす。
 そんなささやかなサキの夢。

 自分の家族としっしょに暮らしたかった。
 たったそれだけを願って生きてきたんですよね。

 彼女の狂気は長い年月をかけて育まれたものなんでしょう。
 明美の亡くなったあの日、突然生まれたわけではなく…。


 付いていけないと感じながらも、最終回まで観てしまいました。

 独特の雰囲気がありました。

 仲間由紀恵の存在感演技力に頼ったドラマだったかなぁ〜。





 
 「美しい隣人」に繋がるといろんな感想にありましたが。
 私はこのドラマを観てないので、分からないです。
 誰の子だろうって気になって仕方ありません。w

 もう続編とか作るの止めてください。ww
 
キャスト
 和繁(庄野崎謙)
 恵(富田靖子)
 明美(朝加真由美)

あらすじ Yahoo!テレビより
直美(内田有紀)は、サキ(仲間由紀恵)の第四のターゲットが繁之(高嶋政伸)だと推察。自宅に急いだ隼人(三浦翔平)は、自ら火を放ってリビングに倒れていた繁之を救い出す。翌日、隼人と直美に6年前の2月28日について問われた繁之は、何かを思い出して過呼吸に陥る。こうして、サキは5人のうちの4人に復讐を遂げた。一方、隼人は残る1人が自分だと確信していた。そんな中、サキが隼人を自宅に呼び、隼人に会った理由を明かす。さらに、片方のワイングラスは毒入りだと言い、どちらかを選ぶよう迫る。

 「夜行観覧車」「ラストホープ」第1〜3話&「サキ」
 第8話
 第9話
 第10話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サキ (第11話 最終回・3/19) 感想
フジテレビ系ドラマ『サキ』(公式)の最終回『ついに今夜完結!明かされる復讐の真相と、悪女の最後』の感想。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2013/03/20 18:35
サキ 最終回「ついに今夜完結!明かされる復讐の真相と、悪女の最後」
ついに待望の謎解き… 「美しい隣人」そこのけに、そんな些細なことで、ここまで恨まれる?!の感オンパレード ...続きを見る
のほほん便り
2013/03/21 08:26
【サキ】第11話 最終回 と統括感想
君のたくさんの思い出。たくさんの幸せ。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2013/03/21 13:03
サキ 最終話:ついに今夜完結!明かされる復讐の真相と、悪女の最後
妊婦!?Σ( ̄▽ ̄;||| ギクッ ...続きを見る
あるがまま・・・
2013/03/21 14:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「サキ」最終回 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる