Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「最高の離婚」第9話 感想

<<   作成日時 : 2013/03/08 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 「はい、しました。」と答える諒。
 「あたしから?」と結夏は聞く。
 「たまたまそこに僕がいたから。」

 「ハマサキさん。」諒は部屋に戻って光生に話そうとする。

 スーパーで出会う結夏と灯里。

 「隠してたわけじゃないんです。」話しの噛み合わない光生と諒。
 「結夏さんとキスしたって…。」
 
 「ごめんなさい。」と灯里。
 「あたしがまだ…その上でって事だよね。」と結夏。

 「灯里と寝たんですか?」と諒。
 「何的な事したんですか?」と光生も聞く。

 「以下じゃなくて以上って事でしょ?」灯里の家で話す。
 「責めてないし。」
 帰っていく結夏。

 やって来た光生と諒に出会う。

 「4人で話しませんか?」と諒。
 灯里は結夏の靴を持って外へ出てくる。
 
 「座らないんですか?」光生に言う諒。

 灯里の隣に座る光生。諒のスマホが鳴る。
 「ラインて?」
 またスマホが鳴る。

 「微妙な空気だよね。」
 「炊飯器、河合さんが…。」贈ってくれたものだと説明する。
 二人の様子が気になる結夏。

 「解散しましょうか?」
 「こっちは何も。」顔を覆う結い夏。
 「そういう事じゃないって?」
 「そういう事じゃないって事無いよね。」
 「二人の事が気になってるから来てんだよ。」

 「二人ほんといいと思う。」

 「なんで離婚したの?」灯里は結夏に向かって言う。
 「今さら何言ってるんですか?」
 
 「不器用でそれでも外で頑張ってる人だよ。」
 「自分ばっかり正しくて…。
 な〜んていう理屈言っても女は聞いてないけどね。」
 スマホが鳴る。

 光生は取り上げて、引き出しにしまう。

 「こんなつもりじゃなかったんで。
 むしろキャンプとか行きたかったですよ。」と光生。
 
 「一生無いもんだと思い込んでました。
 そしたら意外とね、楽しかったか。」
 「皆で鍋食べませんなk?」
 「最悪なのは離婚じゃなくて仮面夫婦ですよね。
 離婚バンザイ
 離婚最高ですよ。」諒は言う
   
 河合さんから着信が。

 結夏は光生と別れて帰っていく。

 立ち食いそばに入っていく光生。
 買い物から帰るとメールが。映画館で待ち合わせ。
 遅れて灯里がやって来た。
 
 第9話でした。

 

 何でもない、取り立てて重要でない言葉のやり取りの合間に、真剣で素直な気持ちが話されます。

 そんな騙し絵のような構造の台詞。

 日常的な様でいてどこかシュール。


 特に助教で女装して捕まった河合さんの話。

 それとスマホの耳障りな電子音が、コントとしかいい様のないタイミングで挟まれてきます。


 可笑しい、でも切ない。
 4人だけの舞台芝居を見せられてるようです。






 結夏の光生への気持ちはもうストレート過ぎて…。^^;
 これは辛いものが有りますよね。

 キッチンへ行っても、ソファに座ってる光生と灯里が顔を見合わせてラブラブな雰囲気になってるのが、気になって仕方ない。
 諒と結夏が席を外したちょっとの間、ほんの少しの間なんだけど。
 それでも交際し始めた二人は…。
 付き合い始めた恋人同士の感じがよく出てるなぁ。



 とにかく4人で話し合っても行き止まり状態。

 光生と灯里は順調で、諒と結夏は未練タラタラ。

 だったら浮気しなければいいし、婚姻届も出しておけば良かった。
 理屈通りいかない諒君のはがゆさ。
 結夏も一緒の時は甘えてばかりで、大人になれなかった。
 
 面白いですよね〜。(^▽^)







 今のところどちらにも転びそうな予感ですが。

 灯里はもしかしてオメデタ?

 そうなると諒へ戻っていくのかなぁ。 
 



あらすじ 公式サイトより
 光生(瑛太)は、灯里(真木よう子)から、とりあえず1回寝てみようと誘われる。寂しいのだという。光生は、そんな灯里に、今度は昼間に会って、競馬場に行こう、と返す。光生の思いを察した灯里は、それに同意した。

 結夏(尾野真千子)は、諒(綾野剛)と飲みに行き、彼にキスをする。実は結夏はひどく酔っていて、キスしたことなどまったく覚えていなかった。それを知らない諒は、光生に打ち明けようとしたが、上手く伝えられない。

 光生は、デートに備えて代官山のおしゃれなヘアサロンで髪をカットし、洋服を買う。その帰り、祖母・亜以子(八千草薫)の店『金魚カフェ』に立ち寄った光生は、そこで結夏と諒に出会う。結夏や姉の智世(市川実和子)たちから髪型のことをからかわれた光生は、異性を意識してイメージチェンジしたのではない、とうっかり言ってしまう。

 別の日、光生は灯里を誘って競馬場に出かける。同じころ、結夏は、『金魚カフェ』で淳之介(窪田正孝)と会っていた。そこで酒の話になり、淳之介は、結夏がキス魔だと指摘する。以前結夏は、泥酔して淳之介の家に泊まったことがあり、そのときは淳之介が逃げたのだという。するとそこに、諒がやってきた。結夏は、諒からキスのことを聞き、自己嫌悪に陥ってしまう。

 競馬場を後にした光生と灯里は、灯里の家で夕飯をともにする約束をして一旦別れる。帰宅した光生が灯里の家に行く準備をしていると、諒が帰ってきた。光生は灯里とデートしたことを、諒は結夏とキスしたことを互いに打ち明けようとするが…。

 スーパーマーケットまでビールとつまみを買いに行った結夏は、夕飯の買い物をしていた灯里と出会う。そこで結夏は、諒とキスしてしまったことを灯里に打ち明けた。しかし灯里は、別れた相手だから、と返す。弱っていたりしたらそういう時もある、というのだ。すると結夏は、弱っていてもしていいことと悪いことがある、と言って灯里に頭を下げる。その後、灯里と一緒にレジに並んだ結夏は、彼女がポイントカードを探している際に、馬券を持っていることに気づく。そんな結夏に、灯里は、ちょっと話をしないか、と持ちかけて…。

 第1,2話  
 第3話  第4話  第5話
 第6話  第7話  第8話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
最高の離婚九話&夜行観覧車八話感想
■最高の離婚九話 八話。偶然会った芹那が瑛太に、私結婚するんですよ。と言うシーンが一番印象に残ってしまった。。瑛太もバツの悪そうなびっくりな感じだったな。ドラマなのに俺もなんかガックリきた(笑) 瑛太の気持ちは、尾野真千子より真木よう子のほうが好きそうに感じたと言う芹那。。散々、歯医者で愚痴や色んな出来事を逐一芹那に聞いてもらっていた瑛太だからね(苦笑)芹那的に色々瑛太のことを分析していたのだろう。色々聞いてる内になんか親近感が湧いて、瑛太のことが好きになったのかもしれない芹那。だが、... ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2013/03/09 04:22
最高の離婚 第9話★真木よう子の妊娠検査薬!!
最高の離婚 第9話 「今度は最高の結婚をしてね!」 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2013/03/09 10:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「最高の離婚」第9話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる