Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラスト・シンデレラ」第2話 感想

<<   作成日時 : 2013/04/19 15:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 第2話も楽しく見る事ができました。(^^♪
 なんだかんだ言って桜と凜太郎は仲が良過ぎます。w
 お隣に引っ越してお仕事中もずっと一緒、行きも帰りも一緒。
 バッティングセンターでも一緒。ww
 職場でのランチタイムも、行きつけのお店も皆、一緒。

 これ以上仲のいいカップルは見たことない。ww



 広斗(三浦春馬)には彼女がいるんですね。
 桜を落とすように千代子(菜々緒)が命令してお金まで渡して…。 

 菜々緒の演技はどことなくぎこちない感じもします。
 台詞そんなに多くないですけど…多かったら大変か。

 それとペディキュア塗ってるのに何で「ふ〜っ。」って足の先には遠くて届かないのに息を吹きかける仕草をするんだろう?
 マニキュアで手の指先にするのなら分かるけど…。
 

 とにかく広斗は千代子の家族と何か関わりがあるようです。
 姉弟なのかな?
 一緒には暮らしてないけど。
 ちょっとまだわからないですね。

 そんな広斗にストレートに告白されメールが何通も届き、どんどん心が動いていく桜。
 ボーリングやバスケや健康的なデートにチャレンジします。
 そうかぁ、彼は車を持ってないので帰りはバスなのね。
 席を譲ろうとして若者に注意するんだけど、ベビーカーの女性はその若者といっしょに停留所で降りちゃいました。ww

 ま、わざとらしいエピソードですが、桜の性格を分かりやすく見せてくれてるって事で。
 
 広斗は最初は頼まれただけの仕事をこなすつもりだったけど、彼女と接していくうちに本気になってしまうと、そんな流れかな?





 「月の恋人」でキムタクと篠原涼子が結局、ハッピーエンドでした。

 あのドラマの篠原涼子も桜と同じようなキャラだったかな。
 仕事ができてサバサバしてて、会社での良きパートナー。
 キムタクは中国人モデルの恋人と結ばれそうなんだけど、そうならなくて結局、昔から側にいて理解者の役割だった篠原涼子と…。
 
 最後は台詞のやり取りが多い人がヒロインとして扱われる。
 そのヒロインが美味しいとこ取りなストーリー。

 だけど「ラストシンデレラ」のヒロインは、もうすでに第2話から藤木直人といつもベッタリで、三浦春馬に言い寄られて…。
 美味し過ぎ〜!!ww

 あ〜よだれが…。(^^ゞ     

 なんだか以前観たようなドラマ。
 何かに似ているドラマ。
 ストーリーが読めて特に驚かないドラマ。

 …なんですけどねぇ。

 物語の行く末は見えていても、彼らのおしゃべりを聞くのが楽しみ。









 結構テンポ良く進みました。
 美樹(大塚寧々)の家に志麻(飯島直子)がやって来て、そこへ夫、公平(遠藤章造)が帰ってくるシーン。
 ドタバタコメディの可笑しさ満載でした。



あらすじ 公式サイトより
合コンパーティーに参加した桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)とホテルに泊る。が、泥酔していた桜は、その夜のことを何も覚えていなかった。

 あくる朝、帰宅した桜は、隣室で引っ越し作業が行われていることを知る。何と、引っ越してきたのは凜太郎(藤木直人)だった。そんな桜のもとに、広斗から連絡が入った。交際を申し込む広斗に、嬉しいが年齢も違うから無理だ、と答える桜。そのとき広斗は、千代子(菜々緒)の部屋から桜に電話をしていた。

 別の日、桜は美樹(大塚寧々)とともに志麻(飯島直子)が勤めるスポーツジムで汗を流す。3人で、桜がホテルに泊まった話で盛り上がっていると、志麻の携帯が鳴った。相手は、美樹の夫・公平(遠藤章造)だった。

 広斗は、桜から交際を断られてもめげずにメールを送り続けていた。少しずつ気持ちを動かされていた桜は、勤務中もついメールが気になってしまう。それに気づいていた凜太郎は、仕事に集中しろ、と桜に活を入れる。

 仕事を終えた桜と凜太郎が店を出ると、そこに広斗が立っていた。会いたくて来た、と言う広斗に、桜は一杯だけという約束でバーに付き合う。が、桜は、広斗の友人から姉に間違われ、居心地が悪くなる。それを察した広斗は、桜を外へ連れ出した。桜はそんな広斗にいきなり頭を下げ、自分はもうすぐ40歳だと明かし、母親に間違われたら立ち直れないところだった、と言ってその場から走り去ってしまう…。



 第1話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ラスト・シンデレラ」第2話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる