Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「空飛ぶ広報室」第7話 感想

<<   作成日時 : 2013/05/27 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 ダーツバーのセットで撮影が進む。
 条件付きでダーツをする空井と稲葉。
 「デートしましょう。俺たち。」槙は柚木に言う。
 
 「槙のやつ何事?」柚木はリカと飲みながら話す。
 「キモい。」と柚木。リカは「心が折れました。」と話す。
 街を歩く空井とリカの後輩、珠輝。(リカはダーツの的を射た。)

 PVは完成するが、飲酒運転じゃないかと指摘される。
 バーはお酒のイメージしかないので許可されなかった。

 鷺坂さんにインタビューお願いするとリカ。

 奥さんが亡くなる時、側についていられなかった鷺坂。

 スケッチブックを持って散策に出かけていた妻。      
 「今も応援してくれている。」
 
 「傷つく人いるんじゃないでしょうか?」とリカ。

 携帯に連絡が。
 「紺色のヘリって航空自衛隊?」と聞かれる。
 「まちがいない。」と答える。
 「航空自衛隊の航空救難団。」と報道される。
 
 「絶対稲葉さんですよ。」と空井は飛び出していく。

 「あまり深入りすると見失うからな。」と阿久津。

 「ありがとう。」とリカの手を握る。
 「飲みに行きましょう。」と空井。驚くリカ。
 「僕が稲葉さんと飲みたいから。」

 藤枝が通りかかる。空井はあわてる。

 「友達としてはいい奴なんですけどねえ。」とリカ。

 笑い出す空井。


 第7話でした!!

 滞っていたものが一気に進展しそうな予感。
 気持ちのいい第7話でした。

 何が一番嬉しかったって、空井が片山たちの手を借りずにひとりでリカを誘った事。
 
 ニュース番組で「山岳救助隊」と字が出ていつもの事だと受け止めていたら、記者が自衛隊の救難団と訂正。
 それはリカが正確な情報を伝えたからに違いない。

 空井は感動し、リカへの感謝の気持ちでいっぱいになり。
 やっぱり普段は理性が強く働くから、臆病になるんですよね。
 平常心の時は断られるのも嫌だし臆病になりがち。
 こういう興奮状態の時だから誘えたんですよね。
 感動って、抑えている理性とか自尊心とか邪魔なものを取り払ってくれるんですよね。
 

 それが見事に描けていて、こっちもやったー!!って気分に。(笑)


 都合よく藤枝が他の女子と連れ立って歩いてくれるし。(笑)

 いや〜スッキリした〜。(笑)


 もうあの珠輝がウザかったし、登場するたびにイラッときて。
 今回もダーツの勝負で割り込んできて、勝手にデートとか言って。
 ホントにイライラさせられました。  
 この子、もう登場しなくていい。(笑)




 ともみはリカが生き生きとしているのが気に入らない様子でした。
 ヘッドホンを付け、聞こえないのをいい事に嫌味を言ったりして。
 リカがヘッドホンを外すと、笑顔でさっきと全然違うこと言って。
 リカがヘリの色を説明しているのを面白くなさそうに聞いてた。
 けど、その情報が後で生きてくるんですよね。
 嫌な女って思ったけど…。
 報道番組では真実を伝えようとする前向きな姿勢。
 
 まとめ方ができ過ぎな気もするけど、後味爽快でした。

 


 鷺坂のインタビューには切ないものがありました。
 リカがその時の気持ちを探ります。

 
 鷺坂の妻想いは素敵な人物像ですが、だったらもっと他の職業にしてくれ〜って思いました。
 職業は他に何でもある。
 でも運命の女性はたった一人しかいない。
 鷺坂と妻の繊細な触れ合いが描かれれば描かれるほど、矛盾を感じました。

 これって男女の愛にテーマを絞ると、どこか違うような気が。

 観る側に社会性を要求してくるような感じですよね。

 自衛隊員は丈夫で健康な人を妻にした方がいいのか?
 結局、国のための人生。
 それも大変ですよね。

 だけど深刻で重いテーマをサラッとした印象で。
 それが不思議。
 新垣結衣と柴田恭兵の持ち味のせい?







 リカと空井の恋の行方。

 来週も楽しみはこれですよね。



あらすじ 公式サイトより
リカ (新垣結衣) が空幕広報室に密着取材を続ける中、今度は航空自衛隊のイメージアップのためにプロモーションビデオを制作する企画が持ち上がった。
しかし、空井 (綾野剛)・片山 (要潤)・比嘉 (ムロツヨシ) たちは、なかなか撮影コンセプトが決まらないでいた。すると、鷺坂 (柴田恭兵) からのヒントで、空自が誇る航空救難団の救難員、通称 『メディック』 をモデルに PV を作ろうと企画がまとまった。
撮影の打ち合わせで、百里基地へ向かう空井に同行したリカは、メディック隊員たちの厳しい訓練を目の当たりにし驚くばかり。けれど、PV 撮影は “親しみやすさ” をコンセプトにすることからダーツバーで行われることに。広報室のメンバーやメディックのメンバーたちがエキストラとして出演し、さらに 藤枝 (桐山漣) や 珠輝 (大川藍) までもが見学に来て賑やかな現場となった。
撮影を進めていくと、片山の思いつきで賭けをすることになり、リカが勝てば空井と珠輝がデート、空井が勝てばリカが空井に酒を奢ることになったが、その結果は…?
一方、そんなリカたちを呆れた顔で見ていた 柚木 (水野美紀) は、槙 (高橋努) から思いがけない言葉をかけられる…。
PV 撮影も終わり、広報室の密着取材を進めていたリカは、阿久津 (生瀬勝久) の勧めから当時、災害派遣に出ていた鷺坂に阪神淡路大震災のインタビューを頼むことに。
ともみ (三倉茉奈) は、阪神淡路大震災のニュースを見ながら空自のヘリの説明を熱心にするリカに苛立ちを隠せないでいた。
そんなある日、事件の現場中継のために取材に出かけていたともみから慌てた様子でリカに電話が入る。救助活動をしている目の前のヘリは航空自衛隊のヘリか?と問うともみにリカは… !?



 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
空飛ぶ広報室 第7話★綾野剛「稲ぴょん、ぴょんぴょんぴょんぴょん・・・」
空飛ぶ広報室 第7話 いざという時そばにいられない男だけどそれでもいいか? ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2013/05/27 12:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「空飛ぶ広報室」第7話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる