Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 土曜プレミアム『ガリレオXX(ダブルエックス)内海薫最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)』感想

<<   作成日時 : 2013/06/24 12:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 見応えありました。釘付けでしたよ。
 キャストが豪華。柳楽優弥が出演で楽しみにしてました。(^▽^)
 少年っぽさが消えて、すっかり大人…ですよね。悪役でなくて良かったです。
 事件は暗く陰惨なものでしたが、当摩刑事が登場したおかげで雰囲気がほのぼのとし。結構笑えるシーンも多かったですね。♪
 シリアスに傾き過ぎず、楽しく観る事ができました。
 

 

 簡単にストーリーを…。
 異様な化粧をした老婆を車椅子に乗せ、通り過ぎた男を不審に思い職質した内海。

 女性は亡くなっており、取調室で男は女性の娘を殺したと供述。
 介護日誌を破かれて腹が立ち、金属バットで殴ったと言う。
 上念というその男は、長野県警から指名手配されていた。
 移送の途中で「冤罪だ!」と叫んで暴れる様子を一般人が撮影し、ネットで流れて批判を浴びる警察。

 上念は家に行った時、すでに千加子は殺されており、警察を呼ぼうとしたら衝撃で頭を打ち気を失った。
 気がついたら血まみれのミキサーを握っていたと供述を変える。

 長野に残って捜査を続ける事になった内海。

 当摩刑事と一緒に捜査を始める。

 甲本という記者から情報を得る。
 岩見千加子の父親は記者で猿渡雄吉冤罪事件を取材していた。
 しかし岩見は自殺する。
 「警察官Y・Tは記者を無実の罪で自殺に追い込んだ」という怪文書がマスコミ各社宛に送られ。
 そして娘の千加子が殺害された。

 更に甲本まで自宅で遺体で発見される。
 自殺と片付けられてしまう。


 内海は犯人に揺さぶりをかける事を決意。
 当摩の家を訪問。
 パソコンから怪文書を送信させる。
 介護センターのホームページを作成している事を思い出し、サイトを呼び出す。
 パソコンの修理を請け負っていた。
 修理先が全て怪文書の送信元と一致していた。

 怪文書を送ったのは上念だった。


 警察上層部の過去の犯罪が絡んでいた。
 関岡と高崎署長が逮捕される。
 

 事件は解決したが、上念が東京まで来たのには何か理由がある。
 内海は上念が「未来宅配便」を送っていた事を突き止める。
 そのディスクの映像とは…。

 かつてゲーム作家だった時の冤罪から汚名を晴らそうとした。
 上念の思惑が悲劇を招いた。

 そんな完全刑事ドラマでした。
 
 
 
 湯川先生はほんの少し登場しました。
 「ガリレオ第2シーズン」と違って時間をかけて丁寧に作ってる感じでした。(笑)

 内海刑事が出ているのに映像の雰囲気からして「ストロベリーナイト」を思い出しました。
 
 
 ガリレオ第2シーズンより時間をかけて丁寧に作ってる。
 脚本もそうだしキャラの作りこみに時間かけてますよね。
 当摩刑事のキャラが秀逸。
 ゲームオタクの当摩とのやり取りが可笑しかった。
 彼は後方支援担当。(!?)
 サイバー犯罪を監視してると本人は言ってますが。(笑)

 内海が部屋にいる時、パソコンの側に置いていたフィギュアをこっそり移動させました。
 あまり見られたくないものだったんでしょうね。
 コレクションしてるオタクな青年というのを上手く描いていました。
 演出が細かくて当摩のキャラをリアルに見せてました。

 ほのぼのした味になってましたよね。
 クスクスと笑えるツボがいっぱいでした。

 ラブホテルのオバちゃん、濱田マリに笑えた。(^▽^)





 ユースケサンタマリアは病的なゲーム作家…。
 こんな怖〜い役が似合ってる。^^; 
 内海の言葉にブチ切れ、襲いかかるシーンが迫真の演技。
 本性をむき出しにした上念。
 


 内海刑事、久しぶりだったけど、存在感があっていい。
 やっぱり柴咲コウは演技上手いと思う。


 キャスティングが豪華!贅沢!

 ストーリーはありがちな気もしたけど。
 大満足な「ガリレオ」スピンオフでした。
 これが映画でも良かったんじゃない?


  
キャスト
柴咲コウ、ユースケ・サンタマリア、柳楽優弥
     
関岡郁夫(伊武雅刀)
ア依子(余貴美子)署長

岩見千加子(大路恵美)
岩見芙美(池田道枝)
岩見隆治(神崎孝一郎)
甲本章雄(滝藤賢一)

福山雅治、吉高由里子、北村一輝、品川祐(品川庄司)


土曜プレミアム『ガリレオXX(ダブルエックス)内海薫最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)』
解説 公式サイトより
貝塚北署に勤務する内海薫(柴咲コウ)は30歳を過ぎ、警察署という男社会の中で居場所を見つけられず、しまいには上司からは米・オクラホマで一年間研修を勧められるなど、人生の岐路に立たされていました。そんな時、薫は長野県警から指名手配されていた上念研一(ユースケ・サンタマリア)の身柄を拘束します。上念は、すでに亡くなっている老婆と一緒にいたのです。その老婆の介護をしていた上念は、口論となった介護先の娘を殺害し老婆と東京に出てきたのです。

内海は、容疑者を自供させ警察官としての自信を取り戻そうとしていました。しかし上念は、長野県警に移送された途端、今度は内海が取った調書とは全く異なることを言いだし、容疑を完全否定したのです。誤認逮捕ではないかと疑われた内海は、長野で県警の当摩健斗(柳楽優弥)とともに再捜査を開始します。すると今度は、甲本という記者から長野県警に「無実の記者を自殺に追い込んだ不正警察官がいる」との怪文書が出回っていることを知らされます。しかもその自殺した記者は上念が殺害したとされる老婆の娘の父親でした。2つの事件に何か関係はあるのでしょうか?内海の最後の戦いが始まります。


 第1話『幻惑す(まどわす)』
 第2話『指標す(しめす)』
 第3話『心聴る(きこえる)』
 第4話『曲球る(まがる)』
 第5話『念波る(おくる)』
 第6話『密室る(閉じる)』
 第7話『偽装う(よそおう)』
 第8話『演技る(えんじる)』
 第9話『攪乱す(みだす)』
 第10話『聖女の救済 前編』



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ★内海(柴咲コウ)を凹るユースケ・サンタマリア
ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄(もてあそ)ぶ ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2013/06/25 12:39
ガリレオ(第2シーズン)第11話(終)★唐突!謎の号泣、岸谷(吉高由里子)が涙ダラダラ・・
ガリレオ2 第11話(終) 聖女の救済‐後編 実に、実に、面白い!!さよなら!湯川先生 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2013/06/25 16:52
スピンオフ作品ながら!
SPドラマ「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ」を見ました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2013/07/03 18:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
土曜プレミアム『ガリレオXX(ダブルエックス)内海薫最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)』感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる