Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「TAKE FIVE 〜俺たちは愛を盗めるか〜」第7話 感想

<<   作成日時 : 2013/06/01 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あらすじ 公式サイトより
もう一歩のところで、元テイク・ファイブのメンバーだった後藤(峰竜太)にダ・ヴィンチの絵画「ルクレツィアの肖像」を奪われてしまった正義(唐沢寿明)たちテイク・ファイブ。その上絵画を奪い去った後藤が何者かに殺害されてしまい「ルクレツィアの肖像」の行方が再びわからなくなってしまう。

そんな中、警察では後藤の殺害現場に落ちていた遺留品のイヤリングから、TV局の美術スタッフとして働いている堂島一馬(松村北斗)が容疑者として浮上する。一馬は昔、傷害と窃盗を繰り返し、芝大門署の 瑠衣(松雪泰子)に逮捕されて少年院送りにされた過去を持っている少年だった。
岩月(稲垣吾郎)から警察内では一馬に後藤殺しの容疑がかかっているとの情報を聞いた正義らテイク・ファイブの面々は、一馬が「ルクレツィアの肖像」の行方にも関わっている可能性があると考え、警察が「ルクレツィアの肖像」の存在に気付く前に絵を手に入れようと一馬の周辺を調べ始める。手始めに晴登(松坂桃李)、南(六角精児)、岩月の3人は一馬がいる撮影所の見学ツアー客を装い、撮影所に入り込む。
晴登から一馬の作業場に「ルクレツィアの肖像」が置いてあるのを発見したと報告を受けた正義は、一馬の背後に誰か別の人物がいるのではと考える。
一方、瑠衣も一馬のことが気になり、一馬の元を訪ねるが・・・。



 堂城一馬は保護観察中だ。
 ドラマのセットに肖像画を飾る一馬。
 事件当夜は職場で寝ていたと笹原に答える。
 笹原は美術監督、稲岡に聞き込みをする。

 一馬がひとりでいると帆村がやって来て話をする。
 帆村と笹原は、一馬が「嘘を付いている。」「何かを隠している。」

 俳優の大河内銀次郎がリハーサルをしている。
 台詞覚えが悪いから、マネージャーにイヤホンで教えてもらってる。
 「またあの件、お願いしていい?」
 「スマイル2倍。」プロデューサーの浮田守は稲岡に言う。


 
 「明日決行する。」と帆村。

 「釘打ち機に付着していた血液から、被害者のDNAが検出されました。」笹原に報告する矢野。
 
 撮影の本番が始まる。
 アドバイザーになった岩月が時間稼ぎのために駄目出しをする。
 一馬は刑事に連れ出される。
 
 シーン77 テイクファイブ

 イヤホンの音を乗っ取る帆村。

 「人など殺していない。不可能だ。」
 「この建物にいた。真実は絵の中にある。」
 「プロデューサーと美術監督。」
 共存共栄関係にあった。
 「仕事の発注、制作費の着服。」
 一馬はそれを止めさせるために、弱味を掴もうと部屋に忍び込んだ。
 「金庫を開け、二重帳簿を盗みだし、データをコピーした。」
 しかしそれを「稲岡に見られた。」

 警報が鳴った事でプロデューサー、浮田は金庫の中身を確認。
 コピーされた事には気づかなかった。
 一馬と稲岡は「互いのために何もなかった事に決めた。」
 「プロデューサーの要求は止まる事はなかった。」
 ピンハネは止めろと忠告しに行く一馬。
 「コピーしたUSBはどこにあるのか。」

 大河内はナイフで絵を切る。
 中からUSBが。

 「この絵はセット用に一馬が描いたもの。」
 
 「署で話を聞く。」と一馬に手錠をかけようとする刑事。
 「窃盗の容疑者です。盗犯係の私の管轄です。」と笹原。
 
  
 帆村たちが集まっているところへ、笹原が来る。
 
 「証拠を見つけて必ずあなたたちを逮捕します。」

 ホームレスの女が布を取ると肖像画が。

 第7話でした。

 台詞覚えの悪い俳優、大河内が活躍しました。\(^▽^)/  


 一馬が人殺しでなくて良かったです。

 プロデューサーの悪事もバレ、一件落着。


 「ルクレツィアの肖像」は一馬が描いたものでした。
 単に笹原から肖像画の話を聞いて知っていたので描いたもの。
 本物の事件とは全く関係なかった。

 でも一馬の釘打ち機が犯行に使われたのは間違いないのかぁ。
 一馬を陥れるための誰かの仕業?
 笹原とつながりがあるからなのか…。
 
 第5話からこの肖像画で引っ張って最終回まできっと行くのね。

 今、展覧回開催してるしね。(笑)

 いい宣伝だと思います。

 


 それにしても贋作には見えないし分からない。
 一馬君、めっちゃ技術があるよね。(笑)
 専門家が鑑定しないと分からない芸術作品を持ってくるかぁ〜。
 「ビブリア古書堂の事件手帖」もそうだったけど、古書とか古美術とか、骨董品とか芸術作品を題材にすると一部の興味ある人対象だよね〜。
 特にハラハラドキドキとかしないよ。
 身近には感じないし、リアリティが今ひとつだし。


 今回はおとぼけ大河内さんが面白かった。
 岩月の駄目出しも。
 帆村はやっぱり動きの無いシーンの方がカッコいい。
 
 それくらいかなぁ。(笑)



 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「TAKE FIVE 〜俺たちは愛を盗めるか〜」第7話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる