Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ミス・パイロット」第3話 感想

<<   作成日時 : 2013/10/30 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 訓練生たちは、整備部で業務に就きます。
 諸星麻也(庄野崎謙)は自分たちが携われない整備の研修を受けることに不満があります。こだわり過ぎる整備士、吉岡(羽場裕一)を軽く見ています。
 ボーイング747の引退セレモニーを見る訓練生。祖父が整備士だった小鳥翔(小柳友)には思い入れがある機体でした。
 彼の話を興味深く聞く手塚晴。

 そんな二人が少し気になる様子の岸井泰治(間宮祥太朗)。

 注意されてばかりの山田一男(藤井流星)はどうせなら倫子さんに叱られたいと言います。

 小田千里(相武紗季)は衝突する彼らを一喝します。

 バラバラになりそうな彼ら。
 国木田はもうすぐ脱落者が出るのではと話します。

 でも前向きな晴が皆の気持ちを引っ張ります。
 国木田もアドバイスをします。

 ラストは見事にひとつにまとまって、機体にお別れします。

 でき過ぎの第3話でした。(笑)

 第2話と同じで一話完結なのでスッキリまとめてますね。
 廃棄される機体をきちんと整備し、清掃して見送るエピソードがしみじみといい感じでした。




 視聴者としてはアメリカロケが気になって、次回が待ち遠しいです。
 こっちの予告の方が目立っていて、第3話はつなぎのような…。 



あらすじ 公式サイトより
手塚晴(堀北真希)たちパイロット訓練生チームAは、グランドスタッフとしての接客研修を終えたのも束の間、もう一つの地上勤務である整備部に配属された。晴たちは、整備士たちが素早く機体を整備し、送り出すのを目の当たりにして圧倒される。

整備資格のないパイロット訓練生に任されたのは部品管理の仕事だった。未だに空を飛べなく、地味で細かい作業を命じられ苛立ちが募る訓練生達。たまに先輩整備士の手伝いをしても、その度にこっぴどく怒られる始末。教官の国木田孝之助(斎藤工)は、個人プレーが多く協力姿勢のない6人を見て、誰か脱落しないか懸念し・・・



 第1話  第2話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ミス・パイロット」第3話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる