Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「独身貴族」第7話 感想

<<   作成日時 : 2013/11/22 21:16   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

 脚本の手直しがうまく行かず、苛立ち不機嫌だったゆき。
 急な電話で呼び出されて行ってみると、進がおでんを買って待っていました。ベンチに腰掛け食べるようにと。
 風が吹いて寒そうな夜だったけど、なんだかこの場面、進があまりにいい人で…。

 ちょっと胸キュンなシーンでした。

 ゆきは守を見舞った後、ソファにいる進に声をかけます。
 脚本の手直しを一緒にと頼みますが、自分がいると邪魔するのではと気にする進。
 ゆきは「いてくれればそれでいいんです。」と言います。

 ゆきの中で少し変化があったような場面ですよね。

 社長がいなければダメとか、うまく行かないのは進のせいとか、そんな事を感じていた自分のわがままに気づいたんでしょうか。

 ただ側にいてくれればいいって。
 



 社長からのアドバイスをもらい、自分なりのやり方でゆきを支え、応援しようとする専務。

 自分の無力が辛かったんだと思います。
 ドラマの冒頭からずっと脚本の手直しをゆきと二人でするシーンが続くのですが、ギクシャクとしてホント気の毒になりました。
 あの気まずそうな雰囲気。
 質問されても分からないし答えられない。
 適当に答えると更に切り返される。
 最後はひとりになって考えたいと言われ…。
 酷だよね。
 営業畑の進に脚本の作業をさせるのは。
 本職でない分野に普通はタッチしないものなんだろうけど。

 まあ、そこはドラマなんですけど。




 一方、病室で守は話さなければいけないことがあると玲子に言います。「春野ゆきさんの事ですね。」と玲子はすでに察知している様子。
 会えば社長とケンカするとゆきから聞いて「心からうらやましいと思いました。一度もケンカした事が無いんです。」

 「考えてることが違うから知りたい。知って欲しい。」と守はゆきに出会って自分の気持ちが変化した事を話します。
 大切な事を教えてくれたゆきだが、彼女にとって僕は必要ないと。
 「彼女に何かを求めたりする事はありません。」 
 そして「僕らのやり方で僕らの…。」 
 玲子にとって「必要な人間になりたい。」 
 「二人で穏やかな人生を歩きたいと思ってます。」と言います。

 玲子にプロポーズしたんですよね。


 自分の気持ちを正直に話していますよね。
 誠実な守の性格がよく出ていました。
 なんだかしんみりしてしまいました。
 玲子さんが涙を流して…本当に守に愛情持ってるんですよね。



 でも、ストーリーとしてはこのまま順調にいくんでしょうか。
 私は守とゆきがハッピーエンドって勝手に思ってたんです。
 もしそうなら進と玲子があまりにも悲しいし。この時点では…。
 ちょっと分かんないけど。
 まだドラマはいろいろ展開があるかもしれません。



 今回は仕事をするゆきの強さとこだわりがよく出ていました。

 北川景子、やっぱりお仕事物が輝いて見えます。

 ドレスアップしてるのもいいけど。
 第7話のゆきが今までの中で一番魅力的でした。







 山Pが山下智久の役って…。
 単に受け狙いのキャスティングのように思えたんだけど〜。

 
あらすじ 公式サイトより
星野守(草g剛)は、星野進(伊藤英明)から春野ゆき(北川景子)と正式に付き合うことになったと報告を受ける。

その後、進とゆきは日本映画の水島浩一(梶原善)を訪ね、脚本にはまだ直しが必要なため、「8月のボレロ」の映画化を延期してほしいと頭を下げる。水島は、脚本は完成されていると言い、すでに人気俳優の山下智久(山下智久)に脚本を見せていて、それを気に入った山下が出演を検討している段階だと明かした。ただし、山下のスケジュールの都合で撮影は来年になるので、脚本を直す時間は十分にあるとも言う。

進からそのことを聞いた守は、今後、「8月のボレロ」は進が仕切るようにと命じる。守とゆきでやってきた脚本の打ち合わせも、進とゆきでやることになる。

「8月のボレロ」が山下主演で映画化される可能性が濃厚になったというニュースは、「キネマ・エトワール」のオフィスでも明かされ、ゆきが通常業務から外れ脚本に専念することになったとも発表された。

そんな折、水島から俳優の都合で「8月のボレロ」の脚本の直しを数日以内に提出してほしいとの連絡が入る。進との打ち合わせが守のときのようには進まず、ゆきは不安を抱えていた。ついに追い込まれたゆきは、守にメールを打つ。

ゆきからのメールを受け取った守は、返信をしようとするが思いとどまる。そこへ、進が来て脚本がうまく進んでいないことを明かす。それを聞いた守は…。


 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
独身貴族 (第7話・11/21) 感想
フジテレビ『独身貴族』(公式) 第7話『涙のプロポーズ』の感想。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2013/11/22 23:23
独身貴族 第7話
2013.11.21 thu.On-Air 第7話「涙のプロポーズ」あらすじ 星野守(草g剛)は、星野進(伊藤英明)から春野ゆき(北川景子)と正式に付き合うことになったと報告を受ける。 その後、進とゆきは日本映画の水島浩一(梶原善)を訪ね、脚本にはまだ直しが必要なため、「8… ...続きを見る
ドラマハンティングP2G
2013/11/22 23:42
独身貴族七話&クロコーチ七話感想
■独身貴族七話 平岩紙、よかったね〜。まさかの草g剛のOK言葉シーンに、驚きと喜びが。。 北川景子のおかげで、自分は誰かといる人生もいいと思えるようになった、だから、僕らのやり方で、僕らの関係を築けませんか?僕はあなたにとって必要な人間になりたい、そしてこれからふたりで穏やかな人生を歩んでいきたいと思っています・・という、平岩の目線だと、別の女を好きになっているのにあきらめてるから、あなたに決めました!的な、変な告白なんだけど(苦笑)正直に話してくれているので感動して泣いていました。 ... ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2013/11/23 13:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>急な電話で呼び出されて行ってみると、進がおでんを買って待っていました

「環境作り」って、本当に大事ですね。
この課題に進は「おでん」で応えました。
気分転換も1つの手法。いいアイデアだと思いました。
自分だったら、、、守に技術的な助け(本うち?)を求めただろうなあ。

> 玲子さんが涙を流して…本当に守に愛情持ってるんですよね。

今回の玲子さんは、ふるまいといい、実に健気で良かったです!! 結婚したらきっと良い妻になるでしょう。

しかし今回、守が「全然問題ない」と言う度に、主題歌を思い出したのは、全然問題ない?(笑)
LB55
2013/11/23 03:07
LB55さんへ。
そうですよね。
玲子さんはいい人!

守と玲子さんが結婚して、ゆきは脚本で成功して仕事第一に生きてもいいですよね。ゆきが独身貴族になればいいんです。(笑)
kanata
2013/11/23 20:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「独身貴族」第7話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる