Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「独身貴族」第8話 感想

<<   作成日時 : 2013/11/29 11:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 第8話は映画やドラマ作りの裏事情が少し見えたような内容でした。
 スポンサーが増えれば増えるほど、口出しが多くなる。
 それで元の脚本がすっかり変わってしまう…。
 あ〜脚本家さんは大変だ〜。(−−;


 映画化に向け、スポンサーを精力的に探す進。
 携帯ゲーム会社が出資する事になります。
 親会社である谷中リゾートの会長の元へ守とゆきが出向きます。
 進は離婚調停なんですね。(笑)

 誕生パーティー開いている会長はごきげんで、二人はその日泊まる事になり、お仕事の話は翌日になりました。
 順調に行きそうだと、ゆきはそう思うのですが。 
 「むしろああいう人の方が危険な気がします。」と守は言います。

 社に戻って進に「組むのは止めた方がいいのかもしれません。」
 「後々面倒なことになるかもしれません。」と言います。
 進はスポンサー探しに何社回ったか知っていますかと怒ります。
 「252社ですよ。」


 守の予想通り、打ち合わせで次々と注文をつけてくるスポンサー。

 笑顔がなくなったねと沙織(西原亜希)はゆきを心配します。
 ゆきは守に相談します。
 「どこかに現実的な着地点を見つけてくれませんか?」と守。
 

 全く違う内容に変貌して行く作品。
 ゆきは苦しみ、それを知った社長は専務と言い争いになります。

 ゆきは不満を言わずに合わせようと努力するんですね。
 周囲の苦労を知っているからですね。
 ビジネスとしての脚本の仕事に何とか合わせようとします。


 
 結局、谷中リゾートのスポンサー話は蹴ります。
 営業なので相手のご機嫌を損ねないように進も努力してきましたが、もう限界だと感じたんですね。
 最後はハッキリと物を言いカッコ良かったです。

 そして日本映画の出資が決まります。

 出資は守が玲子の父親に頼んだから実現したようです。
 守は影でゆき支援するんですね。
 会社のために弟の幸せのために自分は身を引き、玲子さんとの結婚を受け入れ、ゆきのために出資を頼み。
 そういう形でしか愛情を示せないのかなぁ。
 切ないですよね。
 

 第8話は登場人物それぞれが健気でした。
 それぞれが一生懸命でした。
 映画のため、良い作品作りのためにがんばりました。





あらすじ 公式サイトより  
「日本映画」の社長が交代し、新社長の方針で「8月のボレロ」の制作中止が濃厚になる。それを聞いた星野守(草g剛)は、制作を先に延ばしたほうがいいと言うが、星野進(伊藤英明)は、出資してくれるスポンサーを自分で探すと意気込む。

進の指示で川越裕太(藤ヶ谷太輔)、緒方須美花(蓮佛美沙子)ら社員も総出でスポンサーを探すが、なかなか見つからない。

そんななか進は、春野ゆき(北川景子)の脚本の直しにも付き合っていた。ゆきは、自分の初作品のため奔走してくれる進の気持ちが嬉しい。

その日の深夜、マンションに戻ってきた進に守が声をかける。強引に頼み込むとスポンサーは様々な条件を付けてきて、映画制作に支障が出ることになるから無理はするな、とアドバイスするが、進は笑って聞き流す。



そんな折、ある携帯ゲーム会社の社長が「8月のボレロ」の脚本を気に入り出資を申し出てきた。喜ぶ進に社長は条件だといって、親会社である谷中リゾートの会長に会うようにと言って日程を伝えた。進は離婚調停と重なってしまったため、代わりに守とゆきが会長に会いに行く。守らを迎えた会長は豪傑な人物で、仕事の話は明日にしようと言って、酒を勧めてきた。その勢いに負け、守とゆきは宴会に引き込まれてしまう。

その後、守は進に電話で事情を説明、一泊することになったと報告。進は一抹の不安を感じながらも電話を切る。守とゆきは、用意された部屋へと歩き始め…。



 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話  第7話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「独身貴族」第8話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる