Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「独身貴族」第5話 感想

<<   作成日時 : 2013/11/08 18:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ストーリーはともかく、ゴージャスな雰囲気を楽しめた回でした。
 花束、白いリムジン、食事、ヘリで飛んで景色を眺めて…。
 ロマンチックな映画のワンシーンと思えば凄くいいです。

 伊藤英明が意外とカッコ良く、スーツが似合うんですよね。
 「海猿」みたいなワイルドな格好が一番合ってると思ってたんだけど、スーツやタキシード姿がなかなか様になっていて。
 洋画に出てくる俳優っぽい。
 体格がいいから。
 西洋人にも負けずに着こなしてますよね。
 そんな洋画っぽい雰囲気を出しているから不思議!!
 映像を見ているとチャラいと感じさせない。

 

 守も進も二人とも、ゆきに恋しているんですね。
 それがハッキリした回でした。
 守の気持ちがハッキリしたと言ったらいいのか。


 ゆきに欲しい物を尋ねる守。
 ゆきは「運命の恋」と答えます。
 そして映画の話になります。
 「めぐり逢えたら」について語ります。

 話がはずんでいい雰囲気になりかけるのですが、守は余計な事を言ってしまい、ゆきは気分を害して立ち去ります。

 不器用な守。
 今度は友達の小原沙織(西原亜希)から情報を得ます。

 それで守はプレゼントにスニーカーを買います。
 本当ならブランドのスニーカーだけで充分なのに、まだ足りないとばかりにギフトの箱にチャームを付けたんですね。
 わざわざ北海道まで行って手に入れて。

 エンパイアステートビルに煌めいたハート。

 これでもかっていう守の気持ちがこめられてました。





 でも進に出遅れてしまいました。

 ゆきのために北海道まで飛んで調達したプレゼントもゴミ箱に捨ててしまいます。




 恋人同士並の熱い行動に出た守だったけど。

 あきらめも早いんですよね。

 押しの強い進と、引いてしまう守。

 名前にも性格が現れてますね。(笑)















 一社員のゆき。
 社長と専務の二人とも、これだけゆきに集中したら他の社員がやる気を失くすんじゃないかなぁ。(笑)

 もうホントに笑えますよね。
 あまりにもヒロインに都合よく物事が運びすぎて。
 いつのまにか川越裕太(藤ヶ谷太輔)は優しくなってるし、緒方須美花(蓮佛美沙子)もそれほど意地悪くも無いし、ヒロイン楽勝なドラマです。(笑)


あらすじ 公式サイトより
ある日、女性誌のインタビューを受けていた星野守(草g剛)は、結婚について聞かれると、誰かと生活を共にするのは苦行でしかない、と言い放つ。ところが、結婚は不要なものなのか、と問われると、ひどく動揺する。守の脳裏には、春野ゆき(北川景子)の顔が浮かんでいた。

同じ頃、「キネマ・エトワール」の映画に出演が決まっていたある俳優が、出演を断ってきた。撮影開始直前のキャンセルに星野進(伊藤英明)も困惑するが、ゆきは別の大物俳優のスケジュールが空いていることを確認、所属事務所に交渉に行くと言う。それを聞いた進や川越裕太(藤ヶ谷太輔)は絶対に無理だ、と止めるが、ゆきは言うことをきかない。

一方、守は緒方須美花(蓮佛美沙子)から手渡された、今月に誕生日を迎える社員のリストを見ていた。「キネマ・エトワール」では、誕生日を迎える社員に社長がプレゼントを渡す慣例があるのだ。守はそこに、ゆきの名前を見つける。



その後、進を訪ねて星野亜希子(デヴィ・スカルノ)が「キネマ・エトワール」にやってくる。亜希子は、現王園玲子(平岩紙)と結婚するという約束を果たさない守に怒り、会社を売ることにした、と進に告げる。

ゆきに贈るプレゼントを探すため街にやってきた守は、そこでゆきに出くわす。作品の企画で20代の女性が欲しがっている物を探している、と誤魔化した守は、ゆきなら何が欲しいか、と聞く。しばらく考えたゆきは、「運命の恋」と答える。


 第1話  第2話  第3話  第4話



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「独身貴族」第5話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる