Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ミス・パイロット」第10話 感想

<<   作成日時 : 2013/12/18 13:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 国木田と一緒に帰る千里。

 母、よし美の病室を訪れる晴。

 シミュレーター訓練で怒鳴る国木田。
 その後謝って「時間がないんだ。」と言う。

 「晴ちゃんてさぁ、好きな人いないの?」とすずは聞く。

 千里が部屋に来る。教官に距離を感じると言う晴。
 「忘れてもらえる?」「好きな人の話。」と千里。
 「応援するから。」と晴。

 最終審査に岸井、小鳥、山田、諸星が臨む。
 4人とも合格する。
 浮かない様子の国木田に倫子は晴の事が気になるのかと振る。
 「ちゃっかり合格するんじゃないの?」

 おまえの指導力も評価されてると篠崎。

 もう力になれないと千里は帰り道、国木田に話す。 

 「教官代えてくれって、おまえ。」と篠崎は驚く。

 千里に国木田のバディ、ゲンタの話しをする篠崎。
 「ゲンタは台風の晩、事故で死んだんだ。」
 
 「教官降りるって本気ですか?」
 「晴はあなたを必要としてます。」と千里。

 4人が晴をサポートしに来る。

 「あきらめなくて良かった。」と諸星。 

 倫子は飲んで荒れている。
 「ずっと孝之助のお気に入りなんだから〜。手塚晴は〜。」

 千里は教官にぶつかるようにアドバイス。
 「何があっても付いて行きますから。」晴は国木田に言う。

 練習に付き合う国木田。

 最終審査の日、航空安全のお守りを渡す泰治。4人は晴を見送る。

 「合格だ。」と国木田。

 「シミュレーター課程の修了を認める。」と篠崎。

 「実機訓練に出発するんじゃない?」と倫子は千里に見送るように勧める。

 父親から連絡が入る。

 千里は国木田と晴の様子を見てしまう。


 そんな第10話でした!!

 国木田の教官としての葛藤が描かれていました。
 正直言って今回が最終回だと思っていたのでちょっと意外でした。
 先週から晴の母が病気である事、千里の国木田への想い、そして国木田にゲンタというバディがいた事。
 ストーリーとしては重い状況が一度に盛り込まれてきた感じです。
 千里の脱落あたりからシリアス要素が濃くなって、前半までの回とは印象が随分違います。

 恋バナもじっくり描けば盛り上がると思うんだけど…。

 展開が急ですよね〜。


 これまで晴は恋心なんて抱いてなかったですよね。
 興味ある雰囲気でもなかったし。
 このまま晴と国木田がどうとかって話になってもあまり萌えない。
 ドキドキ感はありません。

 

 国木田と千里ならまだ納得できますが。
 千里はパイロットにもなれなかったし、この上恋もなんてひど過ぎますよね。
 わざと可愛げのないしゃべり方や態度にさせて、美味しい所をヒロインに譲る役割にしてるみたい。

 千里にも花を持たせて下さい。

 
 岸井たちの晴へのサポートは良かった。
 爽やかな友情物です。
 できればこのまま友情物で締めくくって欲しいですね〜。


 



 最終回は初フライトで波乱があるようですね。

キャスト 
 手塚茂雄(石倉三郎) 蒲田で居酒屋「ひばり」を経営
 手塚よし美(根岸季衣)
 篠崎一豊(岩城滉一)
 阿倍野すず(桜庭ななみ)
 鈴木倫子(菜々緒)

あらすじ 公式サイトより 
小田千里(相武紗季)から国木田孝之助(斎藤工)が好きだと告げられた手塚晴(堀北真希)はおどろいて言葉を失う。

晴がやや遅れをとりながらもシミュレータ訓練が進み、岸井泰治(間宮祥太朗)、小鳥翔(小柳友)、山田一男(藤井流星)、諸星麻也(庄野崎謙)の最終試験日が2日後に決まった。ドクターストップ期間があった晴だけは1週間後になり、その間に遅れを取り戻すように国木田から発破を掛けられる。

夜、訓練生寮に食事にやって来た国木田は、三枝かのこ(藤澤恵麻)に「晴を見ていると“弦太”を思い出す」と切なげに話す。翌日のシミュレータでの訓練中、晴の操作ミスに“弦太”との出来事が重なった国木田は思わず声を荒げてしまい…。


 第1話  第2話  第3話  第4〜6話
 第7話  第8話  第9話  



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度、お疲れ様です。

>国木田の教官としての葛藤が描かれていました。

1にゲンタ、2にゲンタ、・・・
ゲンタは自分のせいで死んだんだ・・・
これは、かなり苦しいですね。
晴がゲンタに似てるだけに、
腫れ物をさわる感じなのがよ〜くわかりました。

結局、晴に助けられましたね。
美しい師弟関係です。

>恋バナもじっくり描けば盛り上がると思うんだけど…。

まあ、パイロットになる大変さを描いているわけなので、師弟関係を描くだけでいっぱいいっぱいだと思われます。恋バナは、話のついででいいのかもしれませんね。じっくり描くとすれば、ミス・パイロット2かな?(^^)

>できればこのまま友情物で締めくくって欲しいですね〜。

チーム国木田、としての有終の美が見られるのか、楽しみにしてます。
千里がディスパッチャーになった意味もあるのかも。。。

LB55
2013/12/18 17:26
LB55さんへ。
いつもご訪問ありがとうございます。いよいよ最終回ですね。予告編が緊急事態発生みたいで思わせぶりですよね。(笑)
ディスパッチャーになった千里がピンチの晴をサポートし、大きな役目を果たすのかなぁ。
何か意味があるんでしょうね。だとしたらドラマチックです!

kanata
2013/12/18 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ミス・パイロット」第10話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる