Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ハニー・トラップ」第8話 感想

<<   作成日時 : 2013/12/08 15:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 4年前からのなつみの状況が明らかになります。
 悠一はお母さんを救おうと言い、なつみと二人で病院へ。
 でも1時間ほど前に退院したと教えられます。
 二人はなつみの家へ。誰もいません。
 病院へ電話し、居所を探します。

 小林の妻の店へ穂積が訪れ脅すような事を言います。
 すぐに息子、翔太の元へ行く恵美。
 天音がいました。
 その後部下に指示し、通り魔のように襲わせます。
 病院にはなつみの母親もいました。



 第8話は物語の全体像が見えてきた感じです。

 時系列順でドラマを見たかったような気もします。

 どうしてこんな構成にしたのか分かりませんが、見所を先に見せたかったからでしょうか?


 時系列順でじっくり描いた構成だと地味かもしれません。
 アクションシーンも後半だけになりますよね。
 動きの少ないドラマになったんでしょうね。

 でも、物語がしっかり入ってきたと思います。
 何より、悠一となつみの出会いと交流をもう少し丁寧に見たかった。

 恋愛サスペンスでもあると思うし。

 初回からいきなり小野寺教授は死んじゃうし、悠一となつみはいきなり結婚式だし(笑)いろんな事が馴染んでくる前に物事の顛末を先に見せられてしまった感じです。
 そして第8話でやっとなつみのこれまでの行動が明らかに。
 それもあらすじみたいな流れでした。
 主役がAKIRAだからそれも仕方ないのでしょうか…。

 仲間由紀恵スポットライトが当たり過ぎると、どっちが主役だか分からなくなるし。
 はじめからAKIRAアクションシーンアピールポイント
 このドラマの見せたい所って感じでしょうか。


 それにしても登場人物、多いです。
 監督も3人なんですね。
 それにアクションシーンの監督も別にいて…。
 
  




 中国企業に研究成果を横取りされたくないし、悠一となつみに活躍してもらいたいですね。


キャスト 
 小林恵美(高野志穂)恭助の妻。紳士靴店販売員。
 小林翔太(大硲真陽)


あらすじ 公式サイトより
美山悠一(AKIRA)は、穂積宗広(小澤征悦)の指示で日下部秀平(丸山智己)に監禁されていたなつみ(仲間由紀恵)が無事に救助されたところに駆けつけ、なつみをしっかりと抱きしめた。なつみを殺せ、と指示したのにうまくいかなかった穂積は、苛立ちを隠せないままグラフェンのデータが入ったUSBを天音(武田真治)に手渡した。なつみは、これまでのすべては天音がやったことで、ジミーウォンという中国の会社がグラフェンを軍事利用しようとしていると悠一に話す。自分の想像をはるかに超える次元の問題だということを知らされ、途方に暮れる悠一。
なつみが次原明日香という名前で悠一の父・小野寺教授(長谷川初範)の研究室がある大学にいたこと、そして悠一が勤める総和物産のライバル社、ミレ・パシフィックの子会社のナルミテックにも在籍し、その後、総和物産の経理部で遠藤なつみとして働き、なぜ悠一に近づいたのか?さらに、拉致されたというなつみの母のこと、なつみが天音の言いなりにならざるを得ない理由とは…、など、これまでのすべてをなつみは悠一に打ち明ける。なつみの本当の思いを知った悠一は、お母さんを救いに行こう、と決意するが…。
その頃、大洋国際特許事務所の小林恭助(高嶋政伸)は、今回の情報漏洩沙汰で経済産業省から謹慎を言い渡されるが、自らのなかにある正義を捨てられず、ジミーウォンに対抗する手を考えていた。まだ自分の大切な家族に危険が近づいているとは知らずに…。


 第1,2話
 第3話  第4話  第5話  第6話  第7話






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度、お疲れ様です。

>4年前からのなつみの状況が明らかになります。

ようやくこれで、謎が多かったなつみ関連は理解できるでしょう。名前の使い分けとか・・・
できれば、第3〜4話くらいで、欲しかったですね。
主人公級で、それも沢山登場してるのに、敵?味方?わからずここまでくるのは、見てて疲れます(笑)

>第8話は物語の全体像が見えてきた感じです。
>時系列順でドラマを見たかったような気もします。

個人的には、予告はあまり見ないんで、
初見の会社名や人名が出てくると、つながるのに時間がかかります(笑)
・・・いろんな情報(ナビ番組とかTVガイドのあらすじとか)あれば良かったのかも。

さて、ジミーウォン(どうしても人名に思えてしまう)の天音vs小林、ここまではわかったぞと。
LB55
2013/12/11 02:23
LB55さんへ。
主役級の仲間由紀恵を、悪者にしか見えない描き方をして引っ張りましたよね。
逆にそれがミステリアスに感じられ、興味につながったのかもしれないし。
オーソドックスな展開になってくると、視聴率が落ちてるような。(笑)
kanata
2013/12/11 19:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ハニー・トラップ」第8話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる