Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「僕のいた時間」第1話 感想

<<   作成日時 : 2014/01/09 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

 難病を扱っていて予告編の三浦春馬君のあの車椅子の状態を見ただけで、視聴するのどうしようかと思いました。
 でもまあ、とりあえず視聴してみる事に。
 就職活動している学生時代からのスタートで、同じく就活中の多部未華子との出会い、そして交流もじっくり描かれていました。

 学生なのにあんなマンションを買ってもらっていいなぁと単純に思いますが、実家が病院なんですね。

 部屋の合い鍵を両親も持っていて、自分の留守中も自由に出入りするんですね。
 これだとプライベートがあるようで無いです。^^;

 春からは医大へ通う弟と同居するみたいだし、お母さんはいい部屋を弟に空けて欲しいと言い出すし。
 就職活動には全く関心を示さないし。

 お母さん役の原田美枝子が上手くて、ああいう人いるなぁって自然さを出してましたよね。

 子供の頃から抱えてきた彼のプレッシャー。
 苛立ちが分かり易く伝わってきました。

 採用された面接では自分は子供の頃から周囲の要求に応じてキャラクターを演じていたと話します。
 実際、こんな内容の話しをして採用されるのかどうかは疑問ですが。

 就職が決まった事は大きな第一歩になりました。
 
 初回は様子を見る感じですね。

 視聴してみようと思います。この先も気になるし。




 10時台のドラマって無戸籍とかシングルマザーに病気とか、いろいろ重いテーマを扱ってると思うのですが。
 だけど社会派ドラマかというと、案外そうでもなく…。
 ファンタジーで締めくくられたりするし。
 
 また深刻なテーマがいろいろ複数、多過ぎる傾向も。


 見る方の想像とは違う世界が展開していく事もありですね。

 


 三浦春馬と斎藤工のキャスティングが女性視聴者狙いですよね。
 



*ご訪問ありがとうございます。
 感想、いろいろ今年も書きたいです。
 ちょっと公開が遅れるかもしれません。
 文章も短めになっていくかも…。
 でもまたよろしくお願いします!



あらすじ 公式サイトより
澤田拓人(三浦春馬)は就職活動中の大学生。実家は山梨で総合病院を営んでおり、母親の佐和子(原田美枝子)や父親の昭夫(小市慢太郎)からは医者になることを期待されていたが、いつからかその期待は4歳下の弟・陸人(野村周平)に向けられるようになっていた。

拓人と同じ大学に通う本郷恵(多部未華子)も、ファミリーレストランでアルバイトをしながら懸命に就職活動をしていた。奨学金を返済しなければならないこともあって、少しでも名の通った企業の正社員になることが目標だった。

ある商社の集団面接中、電源を切り忘れていた恵の携帯電話が突然鳴り響いた。母・翔子(浅田美代子)からの電話だった。その時とっさに立ちあがり、自分のせいにして恵をかばったのは、同じ会社を受けていた拓人だった。面接を終えた拓人は、面接官にアピールするためだったと恵に告げ、「またね」と言って去って行く。

拓人が同級生の水島守(風間俊介)と大学内のカフェテリアにいると、守のスマートフォンが鳴った。ある会社からの内定連絡だった。そこに、恵が友人の村山陽菜(山本美月)と一緒にやってきた。そこで初めて拓人が同じ大学だったことを知り、驚く恵。拓人も携帯の一件があった商社を落ちたと知った恵は、彼に謝った。拓人は、そんな恵に、落ちた理由を直接聞きに行こう、と言い出す。



当たり障りのない回答をされて商社から追い返されてしまった拓人と恵は、1日だけ現実逃避をしようと決め、海へ遊びに行く。スパークリングワインを飲みながら楽しいひと時を過ごしたふたりは、3年後の自分に向けた手紙を書き、空のボトルに詰めて砂浜に埋めた。

そんな折、拓人のマンションに、両親と陸人がやってくる。医学部受験の下見のためだった。昭夫は、いまだに就職先が見つからない拓人に、病院の事務をやらないかと持ちかける。誰も知らないような会社に入るのなら病院の事務をやった方がまだ格好がつく、というのだ。

拓人は、サークルの先輩でもある大学院生・向井繁之(斎藤工)に気晴らしに付き合ってもらったりしながら、就職活動を続けていた。が、そのころ拓人は、まだ自分の体に起きている異変に気づいていなかった…。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
僕のいた時間 第1話★三浦春馬と多部ちゃん、メッチャ好印象
僕のいた時間 第1話 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2014/01/10 11:31
僕のいた時間第1話 & 医龍 TEAM MEDICAL DRAGON4第1話(1.8-9)
・僕のいた時間第1話 難病の青年澤田拓人@三浦春馬が懸命に生きる姿を描くヒューマンドラマ 僕生きシリーズの橋部敦子脚本 『僕の生きる道』や『僕と彼女と彼女の生きる道』は好きだったなあ。 このドラマは設定を知って、『僕の生きる道』っぽいなと思った。 初回は、体調の異変が起きているものの 拓人自身は病気だなどとは思っておらず、 就活に苦戦する大学生たちの姿や 拓人とヒロイン本郷恵@多部未華子の出会いなどが描かれてましたな。 拓人の異変、就活生の苦悩、家族の不和、自殺などが描かれていた割には 良くも悪... ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2014/01/12 03:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
レビューすごい!

楽しく読ませてもらいました!

確かに私も三浦春馬さんと斎藤工が目当てです笑

でも、多部未華子さんや風間さんもすごく演技はですから、ドラマの世界に引き込まれました!

ただ、許せないのは山本美月ですね、、

あの人のせいでドラマが軽くなっているというか、、

せっかく豪華キャストなんだからモデルあがりではないきちんとした女優さん起用すれば良かったのに、と思いました、、

まあ、これからもイケメンズのために見ます!
シャリーヌ
2014/01/12 00:22
シャリーヌさん、こんにちは!
本当に、三浦春馬のあの笑顔がたまらないですよね。(笑)
今回の髪型も似合っていて好きです。

山本美月は月9「SUMMER NUDE」の時はモデルの役だったからそれで良かったけど…。
「安堂ロイド」では研究室の学生には全く見えず。
出番の少ない役だったからまあスルーできましたが。
今回はどうなんだろう?
ヒロインの親友だし。(汗)
kanata
2014/01/12 16:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「僕のいた時間」第1話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる