Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「失恋ショコラティエ」第7話 感想

<<   作成日時 : 2014/02/25 01:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

 「13日じゃないと意味が無いんだ。」とオリヴィエに答える爽太。 
 「元カレと会う事になって。」とまつりは言う。
 「まつりちゃんはバカなの?」とオリヴィエ。
 「僕も一緒に行く。」
 次の朝、「今日ちょっと店抜け出していいかな?」オリヴィエは頼む。
 妄想で「俺は殺してませ〜〜ん!!」と叫ぶ爽太。
 
 元カレの部屋に入って行くオリヴィエ。
 
 ペットショップで猫を見て「だっておまえ飼いたがってただろ?」と吉岡は紗絵子に言う。

 「凄いお金持ちなんでしょ?あなた。」と元カレ。
 「庶民の二股男よりいい。」とオリヴィエ。
 「大事な方を失くした気がする。」と元カレ。
 そう思っているだけで、まつりが残っていたら別の子の方を大事に感じるのだとオリヴィエ。
 まつりが自分を選んだのは「あなたよりはマシだから。」
 荷物を持って出て行く。
 まつりと歩きながら「僕には自信ないよ。」とオリヴィエ。
 「カレとの間に生まれなかったものがオリヴィエとの中なら…。」
 キスするまつり。
 
 オリヴィエはバラの花束を抱えて爽太と薫子に上機嫌で話す。
 
 倉科さんに振られたとリクドーに言うえれな。

 ネット販売をしたいとこれからの展望を話す爽太。
 スマホの猫の写真を見せ紗絵子は「幸せだよ。」と友達に言う。

 「表参道の改札口で。」とえれな。

 紗絵子にプレゼントするボックスにチョコレートを詰める爽太。
 「オレがここまでやって来れたのは紗絵子さんのおかげだ。」
 これ以上何を望むんだと自分を戒める。

 店は繁盛している。
 爽太は薫子に食材を買いに行ってと頼む。薫子は出かける。
 紗絵子が店にいると、オリヴィエは爽太に知らせる。
 慌てた爽太はプレゼントを持って紗絵子を追いかける。
 「こんばんは。」「えっと、来てくれてありがとう。」
 「これ、ごめんね引き止めちゃって。」
 袋を渡す。
 「なんかのサービス?」
 「紗絵子さんのために用意した、バレンタインの。」
 自分の気持ちを話す爽太。
 「最初に降った雪は溶けないんだ。」
 「紗絵子さんがカレーが好きだったらオレ、きっとカレー屋になってたよ。」
 好きだと爽太。
 「ずっとショコラティエでいる。」
 「もう先に進んでいいんだって、やっと思えるようになったんだ。」
 「関係なくないよ。」「今のあたしを幸せにしてくれてるんだよ。」
 「思い残すことないよ。オレ、好きになって本当に良かった。」
 
 涙が紗絵子の頬を伝う。
 『え、何の涙!?』と爽太。
 『あれ、何だこれ?』
 『何?この感じ。』涙を流し、爽太をじっと見つめる紗絵子。
 紗絵子に近づく爽太。
 『手応えを不意に感じる時が来るって。』
 『現実にしていいの?』
 二人はキスする。
 
 薫子が見ている。
 
 
 そんな…第7話でした!!

 予想はできたけど、とうとう爽太の愛が報われる時が!!

 告白のシーン凄〜い丁寧でとっても感情が入ってました。
 爽太の渾身の愛のメッセージ。
 素敵でしたよ〜。
 これでなびかない女性はいない。

 オリヴィエもカッコ良かった。
 まつりの元カレの所へ乗り込んで行くのが男らしかった。


 爽太のショコラティエとしてのお仕事ぶりがいいですね。
 恋をしてお仕事にこんな風に昇華できるなんて爽太こそ幸せ。
 好きな女性を幸せにするために生きている。
 恋のエネルギーは何て素晴らしいんでしょう。






 もうどうしようもないのは薫子さんで、夢のシーンが痛かった。
 関谷さん、薫子さんの事気に入ってるのかな?
 だったらもっとプッシュすればいいのに。
 薫子さん、このままじゃダメだよ〜。^^;
      
 
あらすじ 公式サイトより
バレンタインの季節が近づき、「ショコラ・ヴィ」は一層賑わい、爽太(松本潤)らは多忙を極めていた。特に爽太は、紗絵子(石原さとみ)に贈るショコラを同時に準備していたため睡眠時間も激減していた。

 それでも、このバレンタインに紗絵子に最後の告白をして振られ、長い片想いを終わらせようと決めた爽太は気合いをみなぎらせる。えれな(水原希子)との関係を修正させたい気持ちも爽太を後押ししていた。

 そんな折、紗絵子が「ショコラ・ヴィ」にやってくる。混雑する店内から厨房の爽太を見つめるが、爽太は気づかない。紗絵子は薫子(水川あさみ)から商品を受け取ると帰っていく。

 その日の夜、オリヴィエ(溝端淳平)は、携帯電話を見ていたまつり(有村架純)の表情が曇ったのを見逃さなかった。まつりは、元カレの部屋に残っている私物を取りに行くことになったと明かす。その様子に疑念を感じたオリヴィエは、自分も一緒に行くと主張する。

 同じ頃、紗絵子は吉岡(眞島秀和)とペットショップにいた。猫が飼いたいと言う紗絵子に当初は反対していたものの、吉岡は猫を買ってやる。紗絵子は吉岡に笑顔を向ける。

 バレンタインデー前日。ついに爽太は紗絵子に贈るショコラを完成させた。この日、爽太は紗絵子を呼び出して不意打ちで告白をする計画だった。自分が計画の主導権を握っていることで爽太は冷静を保っていた。しかし突然、「ショコラ・ヴィ」に現れた紗絵子を見ると…。

他キャスト 
 元カレ(千葉雄大)
 関谷(加藤シゲアキ)
 六道(佐藤隆太)

 第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
 第6話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
S(エス)-最後の警官-七話&失恋ショコラティエ七話感想
■S(エス)-最後の警官-七話 バスジャック事件で二話も使うとは思わなかったな。。しかし・・個人で若者が作った爆弾にしては、やたら高性能で威力抜群だったな。こりゃ相当優秀な奴だろうに、バスジャックした動機はあまりに幼い・・これだけの物作れる奴なら逆にこんなずさんな犯行しないだろうと思うんだけど(汗)まあ・・最初のほうに銃撃三昧やMが敵だったから、ちょっと敵に迫力不足感が否めないかな。設定がね・・。 ネゴも完全に成功したわけではなく、どちらかといえば失敗。最初にかまで切られた重傷な人質が... ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2014/02/25 11:14
失恋ショコラティエ 第7話
バレンタインデーが近付き、爽太(松本潤)たちは店が賑わって多忙を極めます。 ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2014/02/25 14:07
【 失恋ショコラティエ 】第7話 千葉雄大 出演回 感想
いつか時期が来るって信じてた。 手応えをふいに感じるときが来るって。 でも、それは俺の夢や妄想にすぎないって… 現実になりはしないって、ずっと…。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/02/25 21:04
失恋ショコラティエ 第7話
第7話「…なんの、涙?現実にしていいの?」2月24日木曜 よる9時  バレンタインの季節が近づき、「ショコラ・ヴィ」は一層賑わい、爽太(松本潤)らは多忙を極めていた。特に爽太は、紗絵子(石原さとみ)に贈るショコラを同時に準備していたため睡眠時間も激減していた… ...続きを見る
ドラマハンティングP2G
2014/02/25 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「失恋ショコラティエ」第7話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる