Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「福家警部補の挨拶」第7話 感想

<<   作成日時 : 2014/02/26 12:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ゲストは古谷一行、そして前編でした。
 教授の柳田は池内にどんな弱みを握られているんでしょうね?
 来週それが分かるんですが、早く知りたいですね。
 さて福家の推理は今回も理詰めで淡々と、確実に犯人を追い詰めて行きましたね。しかし犯人も賢いもので、別の人物に罪を着せる細工をしていました。


 福家の注目点ですが…。
 池内はなぜこの道を通ったのか。
 なぜ自分の車を使わなかったのか。
 タクシーで行き、手前で降りて現場の道を歩いた。

 所持品のタバコは一本無くなっていた。
 吸殻が発見されていない。
 どこでタバコを吸ったのか探す福家。
 池内はタクシーを降り、バーでタバコを買って吸った。
 店の人に池内がめがねをかけていたかどうかを尋ねる福家。

 パソコンが熱を持っていた。
 犯人は部屋の鍵を外して何かを探していた。

 池内がタバコを隠され、切らしているのを知っていた。
 池内が勉強会に参加するのを知っていた。

 めがねは犯人が隠し、それで自分の車を運転しなかった。
 行きつけのバーに立ち寄り、いつも吸う外国製のタバコを買う。
 あの道を通るように仕向け、犯行後にめがねを置いた。
 偶然ではなく必然起こった事件。

 …てな感じでもう「犯人はあなたですよ。」と柳田教授に対して言ってるのと同じで、確たる証拠がない中で勇気あります。
 





 石松和夫(稲垣吾郎)は福家に怒鳴ってたよなぁ。
 稲垣吾郎の迫真の演技場面でした。
 吾郎ちゃん、お疲れ様。

 福家は単独行動ばかりして周囲との連携を計らないので和を乱すのとか何とか…。
 だけど石松よりずっと有能じゃん。



あらすじ 公式サイトより『オッカムの剃刀』前編
城北大学の近辺で、黒ずくめの服装で被害者を襲う強盗事件が多発。大学でも学生や教授に貼り紙をして事件に対する注意を喚起していた。
 そんなある日、同大法科学科特任教授の柳田嘉文(古谷一行)は、元教え子で同じ大学の講師、池内国雄(みのすけ)の研究室を訪ねる。柳田は、池内に弱みを握られ、警察庁科学警察研究所への推薦を頼まれていた。約束通り推薦したことを伝える柳田。しかし、池内は今後も柳田を利用するため、柳田の弱みの証拠のディスクを返さなかった。その夜、柳田は黒ずくめの衣装で池内を待ち伏せ、殺害してしまう。

 池内の死体は、数時間後に発見され警察の捜査が始まる。陣頭指揮に立つ石松和夫(稲垣吾郎)たちは、これまでに発生した一連の強盗事件容疑者による犯行と目星をつけた。しかも、これまでは出なかった死亡事件がついに発生してしまった。警察の威信にも関わる事件だ。しかし、福家警部補(檀れい)は現場周辺の聞き込みをという石松の指示に従わずどこかへ向かってしまう。

 福家は城北大学にある池内の研究室へ。そこに、柳田がやって来る。福家は池内の所持品のキーリングに自宅とシールが貼られた1本だけがあったことに疑問を持っていた。つまり、同じような鍵が犯人に盗られていたら? それが職場のものだとしたら? と、思い当たったのだ。それを柳田に話すが、何も盗られた様子はないと言う。だが、福家は何者かが寸前に部屋に入った痕跡に気づく。実は直前まで柳田が証拠を隠滅していたのだった。



 第1話『失われた灯』
 第2話『禁断の筋書き』
 第3話『プロジェクトブルー』
 第4話『月の雫』
 第5話『相棒』
 第6話『愛情のシナリオ』

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「福家警部補の挨拶」第7話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる