Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「福家警部補の挨拶」第4話 感想

<<   作成日時 : 2014/02/05 16:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 酒蔵のロケでしたね。ゲストは片平なぎさ。
 片平なぎさは2時間サスペンスで犯人を追う役が多いんですよね。
 風格漂うゲストに対し、檀れいは相変わらず堅いというか、優等生で淡々とお話になってる感じでした。

 今回、いつから疑っていたのか犯人が尋ねるシーンがありました。
 運転席のエアコンが暖房の設定になっていたんですよね。
 助手席の窓は開いていた。
 かなり極端です。

 事件当夜、気温は高かった。
 冬で気温が高いと、暑いというより暖かいと感じるものですが。
 扇子を使うほどの暑さってちょっとピンと来ませんでした。
 
 深夜、2時と4時に見回りをするんですね。
 酒蔵の従業員は大変です。
 4時の時、懐中電灯を置いて電気のスイッチの所まで行った事に注目する福家。
 その時窓が開いていて、月明かりで蔵の中は明るかった。

 窓から従業員の動向を窺っていた雫。
 それも何となく予想できました。

 サボってお酒を飲んでいた従業員。その銘柄まで当てるって何でもお見通しなんじゃなく、絶対どこかから見てるに決まってますよね。(笑) 

 福家が持ってきたお酒を始めて飲んだと言う谷元雫。
 それは従業員が飲んでいた銘柄でした。
 なぜ分かったのかはあの晩、現場にいて上から見たから。

 決め手としては弱いような気もしますが…。


 謎解き物としてはまあまあでした。

 扇子、懐中電灯、カップ、お酒の銘柄、小道具は細かいですね。





 オープニングは面白いです。
 白が基調でいいなぁと思います。

 白いコートの福家がいいですね。



『月の雫』
あらすじ 公式サイトより
 谷元雫(片平なぎさ)は、佐藤酒造社長、佐藤一成(清水綋治)の車を運転し、自身が経営する谷元酒造の酒蔵に向かっていた。谷元酒造は、佐藤酒造の販路拡大、値下げ攻勢で経営が悪化。損失の肩代わり、実質的な吸収合併を佐藤から持ちかけられた雫は、従業員などには秘密裏に酒蔵の視察を提案したのだ。しかし、佐藤は谷元酒造の銘酒『月の雫』の名前が欲しいだけ。伝統の味を守るため手作りの少量生産しか出来ない『月の雫』を、風味などおかまいなしに機械的な大量生産を目論む。


 さらに、佐藤は会社を失う独身の雫に色目まで使っていた。
 まだ、闇の帳が開かない早朝の酒蔵に2人は到着。雫は従業員に気づかれるからと蔵の電灯は点さずに佐藤を案内する。その間も、佐藤は酒への愛情のかけらも感じさせない経営論を展開。そんな佐藤が水の入ったタンクに近づいた時、雫が体当たり。雫は佐藤を櫂棒で水中に沈め、殺害した。


 夜明けの谷元酒造の酒蔵に警察官が集う。福家警部補(檀れい)も姿を見せた。鑑識から現状を聞いた福家が佐藤の遺体発見者に会うため倉庫に向かうと、石松和夫警部(稲垣吾郎)と田所勉警部補(中本賢)が現れた。いつもなら福家を厄介者扱いする石松は、この日に限って福家の捜査への参加を認める。遺体発見者の谷元酒造従業員が正体を無くすほど酔っていたからだ。福家も手をこまねいていると、雫が来た。福家は、まず雫から死体発見時の状況を尋ねることに…。


 第1話『失われた灯』
 第2話『禁断の筋書き』
 第3話『プロジェクトブルー』


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福家警部補の挨拶 (第4話・2/4) 感想
フジテレビ『福家警部補の挨拶』(公式) 第4話『月の滴』『(ラテ欄)女社長の酒と涙〜女の友情に揺れる福家』の感想。 なお、大倉崇裕氏による原作小説は未読、NHK版ドラマ(2009年)も未見。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2014/02/05 19:01
福家警部補の挨拶 第4話
2014年2月4日火曜日『月の雫』 ラテ欄「女社長の酒と涙〜女の友情に揺れる福家」  谷元雫(片平なぎさ)は、佐藤酒造社長、佐藤一成(清水?治)の車を運転し、自身が経営する谷元酒造の酒蔵に向かっていた。谷元酒造は、佐藤酒造の販路拡大、値下げ攻勢で経営が悪化。… ...続きを見る
ドラマハンティングP2G
2014/02/07 01:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「福家警部補の挨拶」第4話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる