Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「僕のいた時間」第5話 感想

<<   作成日時 : 2014/02/06 01:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 自分の病気を守、会社の人達、そして母の佐和子に告げる事ができました。もっと引き伸ばされるかと思ったけど次々と公表できて良かった。
 拓人が佐和子の肩をもむ場面は泣けました。
 いい場面の連続で、ドラマの世界に入り込んでしまった。^^;
 本当に演出が丁寧です。
 間の取り方の自然さといい、演じる方々の上手さといい…。




 リビングで陸人と佐和子がテレビを見ています。
 拓人が部屋から出てきて冷蔵庫からペットボトルを取り出します。
 自分の部屋に戻ろうとドアノブにかけた手を止め、何かを考えてるようです。

 座っている佐和子が自分の肩に手をやってるのを見たんですね。
 肩がこっているみたいですよね。
 席を立って行こうとする母親に声をかけます。肩を揉むからと。
 母親はいったい何を急に言い出すのかと。

 この場面の流れの間、空気。

 リアルでしたよね〜。

 成長した男の子と母親はスキンシップなど全く無くなっています。
 それは当然の事ですが。
 洋画なんて見てると挨拶そのものがキスやハグだったりして、日常触れ合ってるけど、日本人てそんなにお互いの体に触る事しませんからね。

 その上心も離れているとなると…。
 手が温かいとか、冷たいとか、肩が凝ってるとか。
 息子の手に力が入らない事にも注意がいかなくなる。
 普段会って挨拶でハグする文化の国とは違うから、いろんな事に気付き難くなってくる。
 子供が成長して大人になると、自然とそうなる。


 そして病気を告白する拓人の言葉を聞きながらも、ほとんど動きの無い佐和子。
 立ち上がって拓人の腕を取り、うちの子がそんな病気になるはずが無いからと言い、夫に電話しようとバッグの中の携帯を探しますが…。
 もうこの時は興奮状態で、携帯が見つからない事に苛立ってバッグを逆さまにし、中身を全部床に出してしまいます。

 緩急の差というか。
 原田美枝子、上手いよ。^^;

 たぶんもう治らない病気だと打ち明けられたりしたら、こんな感じになるのだろうって思うよね。
 思わされるよね。

 

 この告白でお母さん、初めて拓人を真剣に見つめた様な気がする。
 ドラマが始まってから初めてって事ですが。

 もっと拓人を見てあげて下さい。

 

 
 さて、恵は繁之からの交際申し込みを受けてしまいます。
 そりゃあそうなるか。
 仕方ないよね。
 (断るかなぁとちょっと思ってたんだけど。)

 予告編が衝撃だったよ〜。
 気になるから絶対予告編見るんだけど、あんまり中身が分かり過ぎるシーン出さないで欲しいと思ったりもします。
 恵、車椅子状態の拓人と再会してしまうんだ…。
 あ〜。(−−;


あらすじ 公式サイトより
拓人(三浦春馬)は、恋人の恵(多部未華子)にいきなり別れを告げる。ALSを発症したことは言わなかった。拓人から病気のことを打ち明けられた守(風間俊介)も、恵のことを気にかけていた。しかし拓人は、彼女には絶対に知られたくないという。
同じころ恵は、繁之(斎藤工)と会っていた。恵がウォーキングを始めたと知った繁之は、あくる朝から一緒に歩くことにする。恵は、母親の翔子(浅田美代子)にも拓人と別れたことを話す。振られたのは、翔子と拓人が一緒に食事した後のことだった。翔子は、拓人が何故自分に会いに来たのか気になり…。

ある夜、仕事を終えた拓人が帰宅すると、母・佐和子(原田美枝子)が上京していた。陸人(野村周平)が大学に行っていないことを知り、心配してやってきたらしい。佐和子は、陸人の変化に気づかなかったのか、と拓人を責めた。そこに陸人が帰ってきた。陸人に休んでいる理由を尋ねる佐和子。しかし陸人は、これからは行く、と言うだけだった。



あくる朝、佐和子は、今日からまた大学に行くという陸人を見送ると、彼のことを拓人に頼む。そんな佐和子に、拓人は、これくらいのことは放っておけばいい、と返す。陸人には医者になってもらわないと困る、という佐和子に対し、陸人は医者に向いていない、自分が患者だったら診てもらいたいと思わない、と言う拓人。すると佐和子は、陸人のことより自分の将来をもっと考えた方がいい、と言い放つ。

一方、陽菜(山本美月)と会った守は、恵が繁之と一緒にウォーキングをしていることを教えられる。陽菜によれば、恵は繁之のことを男性として意識していないが、繁之の方は恵に気があるのだという。その夜、守は、陽菜に誘われてラブホテルに行くが…。

そんな中、左足も上手く動かせなくなってきた拓人は、職場の仲間たちにALSであることを告白しようと決意する。


 第1話  第2話  第3話  第4話




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度、お疲れ様です。

今回は「告知」と「整理」かな。

>普段会って挨拶でハグする文化の国とは違うから、いろんな事に気付き難くなってくる。
>子供が成長して大人になると、自然とそうなる。

日本人が(ハグ文化の)外国語をほとんど使わないからでしょうか?(^^;
まあ、育った家庭環境が大きく関わってるような気もしますが。。。

>さて、恵は繁之からの交際申し込みを受けてしまいます。

拓人の動きにくくなった足に替わるかのように、「ウォーキング」やってましたね。
繁之も、拓人を意識しての交際だと思います。
拓人の病気のことを、どこかで話すのか?それとも、隠し通すのか?
病気は、守にまで広がりましたが・・・

そういえば、会社での告知もそうだけど、母への肩たたきやタイムカプセルの件を含めて、拓人自身、「身辺整理」を始めましたね。いよいよ来たか、という感じでした。

今回は、谷本先生の「おしえな〜い」とか、守と陽菜が2人とも「HowToSex」持ってたとか、コミカルなシーンが割とあったように思います。それも暗くならないようにとの配慮なんでしょうかね。

LB55
2014/02/06 16:48
LB55さんへ。
コミカルなシーンも結構ありましたよね。(^^)v
暗くならないのが救いです。
恵が拓人の事を引きずらないで、もう次の恋へ行くのも強いし前向きです。
ただ、何も言わずに身を引いた拓人の気持ちを考えると…。
やっぱり切ないですよねぇ。
kanata
2014/02/06 20:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「僕のいた時間」第5話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる