Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「失恋ショコラティエ」第5話 感想

<<   作成日時 : 2014/02/11 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 薫子さん、とうとう爽太に言ってはいけないことを言ってしまいました。
 もう意地になって素直に自分の気持ちを伝えられないばかりか、紗絵子とえれなの事を侮辱する発言を…。

 あ〜何てこった。(−−;

 薫子さん損な性格してるよ〜。
 爽太がえれなと携帯で話してるの聞いてたからなぁ。
 単に想像してるだけなのと、ハッキリ爽太の口から事実として知らされるのとでは…。




 爽太は妄想していた景色の場所へえれなを連れて行きます。
 オリヴィエの言う通り二人は実質、恋人同士ですよね。
 現実的にはカップルですよね。
 セフレなんて括り、逆に変だと思えるくらい。
 いい友達でもあり支え合ってる間柄。
 実際、セフレなんて関係の男女が、こんなにお互いの事に思いやりがあるのかは疑わしいとは思うんだけど。

 恋という感情がなくても長い間付き合ってると情が移るから、人間関係としてかなり密接だよね。

 どちらか片方の恋が成就したら、もう片方は独りになってしまう。
 それは寂しいし、本当にそうなった時平静でいられるかどうか。






 何だか今回は寂しいお話だったよなぁ。(・・。)ゞ

 爽太の妄想シーンにも笑えなかった。

 それと紗絵子さんの家庭の様子。
 夫がひどいね。

 紗絵子が外へ仕事に出る事も許さないし偉そうにしてる。
 外面はいいけど家の中では仕事のストレスからか不機嫌。
 単純過ぎるよね。夫の人物像が。

 ここだけ別のドラマのような違和感がある。
 吉岡さんの取って付けたようなこの嫌な夫ぶり。

 こんな夫だから紗絵子が出歩くとでも言わんばかりの、理由付けみたい。

 紗絵子さんていろんな男を食い尽くした、男を知り尽くした人生経験いっぱい、な女じゃなかったの?
 そもそもそういう設定だったんじゃないの!?

 なのに捕まえたのがこの夫!?

 え〜!?
 何か全く見る目がなかったのって話だよね。
 矛盾してるじゃん。

 吉岡さんみたいに妻に思いやりのない人、こんなの恋愛達人の女は一番選ばないタイプだよね。
 自分を心から愛してくれる人でないとNGでしょう。
 人間的に情の厚い人を選ばないと不幸に決まってるじゃん。
 
 
 
 「失恋ショコラティエ」って浮世離れしたオシャレな世界観が持ち味なんだと思うんだけど。
 紗絵子の家庭だけ、このドラマの中で異質に感じます。

 まあ、外から見るのと違って虚しい結婚生活って事で…。


あらすじ 公式サイトより
 爽太(松本潤)は、紗絵子(石原さとみ)の誕生日が近づくにつれ、紗絵子と過ごす記念日を妄想し、薫子(水川あさみ)に呆れられる。

 一方、紗絵子は夫の吉岡(眞島秀和)に不満を抱えていた。仕事を理由に自分の都合ですべてを決めてしまう夫に納得がいかなかった。

 そんな折、紗絵子が「ショコラ・ヴィ」にやって来る。紗絵子は、日持ちのするショコラや洋菓子を大量に購入。さらに、自分のバースデーケーキを注文すると帰っていく。いつもとは違う決意を秘めたようなその表情に、爽太は胸騒ぎを覚える。

 別の日、爽太は薫子とオリヴィエ(溝端淳平)にケーキのデザイン画を見せる。それは蝶のモチーフが飾られたかわいくもシックなケーキだった。蝶には爽太の紗絵子への歪んだ愛情が表現されていて、それを聞いた薫子は苦笑するが、爽太は真剣だった。

 「ショコラ・ヴィ」で飲み会が開かれることになり、薫子は日程を紗絵子の誕生日に決めた。紗絵子にケーキを渡したあとひとりでいるのは辛いのでは、との配慮からで、オリヴィエ、まつり(有村架純)も参加することになった。

 その時、爽太はえれな(水原希子)と電話中で、何気なく側を通った薫子に会話が聞こえてしまう。そこからふたりの関係を察知した薫子は言葉を失う。

 紗絵子の誕生日当日。爽太は紗絵子の来店を心待ちにするが、紗絵子は現れない。やがて閉店間際、やって来たのは吉岡だった。動揺を隠しつつケーキを渡した爽太は…。

 第1話  第2話  第3話  第4話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「失恋ショコラティエ」第5話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる