Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 外科処置の予定

<<   作成日時 : 2014/03/02 12:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 もうすぐ歯の治療、予約日が近づいてきました。
 去年の暮れ、左上の奥、外科処置が必要だと説明を受けて、それ以降は下の歯との噛み合わせの調整などをしてて日程もまだ決まっていません。

 右上は完成したけど、左はまだまだです。

 仮歯の状態なので落ち着きません。
 というか、外科処置の日程が決まらないと落ち着かないです。
 外科処置、これで4回目になります。
 今度の外科処置はこれまでのと違って、再植手術らしく…。

 一度歯を抜いて、中をきれいにして、そして元に戻す。(*_*)
 ネットで調べてみました。
 移植手術があるのだから、再植もありなんですよね。

 そんな失敗するような手術では無いようですが。
 結構、緊張します。







 
 この間は歯石を取ってもらいました。

 色素汚れも取りますって、磨いてもらって白く綺麗になりました。

 食後には磨いてるし、気をつけてるけど、日頃の手入れでは落とし切れない汚れが…。

 左下奥の親知らずは虫歯だそうで、それは神経の治療をしてもらいました。
 前は親知らずは抜歯と聞いてたんだけど。
 ここの歯医者さんにはドクターが数人いて、今私を担当しているドクターは抜かないで残す方法を取られたのかなぁと。

 噛み合わせに支障が無いなら、できれば抜歯は避けたいよね。
 治療後、歯ブラシ内側に当たると痛い時もあるけど。
 欠けている箇所に仮歯を作ってもらってるので、噛めるようになってます。


 左上の再植手術をした後は、傷が癒えるまで一ヶ月くらいかかり、食事も堅いものは避けた方がいいみたいです。…というか堅いものを噛んだりすると痛い、痛くて噛めないのだと思います。
 なので下の歯をある程度きちんとしておいた方がいいんですね。

 まあそういう説明を受けながら、2ヶ月くらいたっています。
 

 
  



 欠けた奥歯を補うために、それを挟んだ2本の歯を削ってブリッジにする予定です。
 最終的にはそういう方向で治療してます。
 虫歯でもない一度も削ってない歯をまた犠牲にする事に…。
 10代の時、健康な犬歯2本を削った後悔から、なかなか踏ん切りが付きませんでした。
 渋ってたんですよね。私が。

 それでいろいろな工程が先延ばしになってしまった。

  
 ある程度噛み合わせの微調整をして、仮歯の位置と形を決めてから再植手術という手順のようです。

 上下ワンセットだって言われました。
 その通りです。
 噛み合わせは上下あって始めて成り立つんですよね。

 そんな当たり前の感覚を持つことさえ封印してきた子供時代。

 噛み合わない前歯をずっと我慢してきた子供時代。


 今更ながら、異常な環境にいたなぁと思います。
 




 折れた乳歯(尼崎の異常な家庭 bP)参照

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
外科処置の予定 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる