Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「S -最後の警官-」最終回 感想

<<   作成日時 : 2014/03/17 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 綾野剛、女性誌『BAILA』のCMの書店員が素敵です。
  
 サントリーウイスキー 白州(はくしゅう)のCMもいい!!
 あの透明感。

 『BAILA』もサントリーも何て凄いんだろうと思う。(^▽^)         
 綾野剛の良さや魅力を最大限に引き出してる感が…。
 持ってるイメージよく分かってる、理解してるよね。 
 こういうCMって数秒間の勝負だからピントがズレると致命傷だもんね。

 作り手のセンスや勘が試されます。


 綾野剛って男子としては華奢な体つきだし、持ち味は繊細な雰囲気だと思うのよ。


 ドラマだと「クレオパトラな女たち」で主人公に部屋を提供する友人の役でした。
 スーツにヘルメットで自転車通勤。
 主人公に叶わぬ恋をしているんだよね。
 「最高の離婚」では一人の女性に落ち着かない浮気な夫。
 優柔不断なのか、掴みどころのない不思議な人。

 それぞれ独特の雰囲気でドラマの中で存在感を出してました。



 ま、自分の好みなんですけどね。


 私は「S -最後の警官-」のスナイパー役が、どうにもピンとこなくて入っていけませんでした。
 


 新垣結衣との「空飛ぶ広報室」もヒットでしたね。
 終盤、彼女を投入して来たのは、何か大急ぎな感じでした。

 
 
 映画化が先に決まっていて、その流れでの最終回。
 正木の安否不明もその設定ですよね。
 イチゴと蘇我の連携はカッコ良く決まってました。


 ド派手なアクションとか爆破シーンとか銃撃戦。
 こういうのって映画向けだよね。
 

 



 向井理もこんな単純じゃなくて、もっと内面複雑な役を見てみたいです。



あらすじ Yahoo!テレビより
正木(オダギリジョー)を首謀者とするテロリスト一味が国内の要人10人を拉致。正木から接触を受けた一號(向井理)は、彼が何か大きな目的のために動いていると感じる。潜伏先が東京・奥多摩地区と判明し、制圧を任命された蘇我(綾野剛)らSATは現地へ。同じころ、都内で演奏会会場が占拠される。SAT不在のためNPSが出動することになるが、それも正木らによる犯行だった。香椎(大森南朋)は事件に疑念を抱き…。

 第1話  第3話  第4話  第8話  第9話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。

>映画化が先に決まっていて、その流れでの最終回。
>正木の安否不明もその設定ですよね。

最終話は、どんでん返しがあって、割と面白かったですね。
Sに対抗するMとして、Sがある限り、M(正木)は生き続ける、ということでしょう。。。
今回、シナリオに失敗した霧山さんはどうなるんだろうか???

してやったりの赤城審議官は、初めから霧山反対派@霧山塾、だったんだろうなあ。。。
SATとNPSの両方を、上手く使いこなしてましたね。
蘇我をNPSに出向させたのは、天城自身のアイデアなのかも・・・この日のために。

SATvsNPS、中丸隊長vs香椎隊長、蘇我vs一號、など対峙する内容が多かった中、
最後に、霧山vs赤城、が見られたのは、良かったなあ。

>「最高の離婚」では一人の女性に落ち着かない浮気な夫。
>優柔不断なのか、掴みどころのない不思議な人。

掴みどころがない役と言えば、綾野剛は、今クールの深夜番組「闇金ウシジマくん2」でも、情報屋・戌亥(いぬい)としてスーツ姿で出演してました。
駄菓子屋の前で、幼馴染のウシジマ(山田孝之)と2人並んで座って、シャボン玉を吹いたり、吹き戻し(ピーと鳴る笛)で遊んだり、妙に面白い光景でした。(^^;
LB55
2014/03/18 00:13
こんにちは!
「闇金ウシジマくん2」時々見た事あるんですけど、綾野剛、出てるんだぁと思ってました。
駄菓子屋の前に座ってるシーン見てました。
妙に似合ってましたよね。^^;
kanata
2014/03/18 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「S -最後の警官-」最終回 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる