Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「福家警部補の挨拶」第8話 感想

<<   作成日時 : 2014/03/05 01:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

 謹慎しているはずの福家でしたが、調べている最中の二岡の所へ現れ、失くし物を探しに来たとさっさと見つけ出します。(*_*)
 いつものペースで淡々と物事を運んでいく福家。
 証拠が出なければ動機を探すと強気の表情です。
 そして頭を下げた柳田の授業に姿を見せます。

 前編で柳田の妻が今回の事件に関係あると思いましたが、やはりその線でした。


 23年前、柳田の妻が失踪した。
 「資料を基に複顔したものです。」と持ってくる福家。
 「妻ではない。」と言い切る柳田。
 15年前、長野で見つかった白骨遺体を複顔した。
 「あなたの奥様です。」15年前「別人の顔に捏造したんです。」
 その事を知った池内を殺害し、今井に罪を着せた。
 「証拠を見せればいいではないか。」
 証拠は「科警研からいつの間にか消えていました。」
 
 「あったんです。」と福家。
 「池内さんの研究室にあります。」
 「嘘をつけ。」柳田は慌てて池内の研究室に行く。

 「所持品の中に。」
 柳田が手に取った書類の写真は池内のマッチのひとつ。
 マッチの裏にWhite Stonesと書かれている。
 「バンドの名前です。」説明する福家。
 「バーの店員が書いたものです。」
 新しいマッチに自分のバンドの名前を書いて池内に渡した。
 あの晩、それを見る事ができたのは、バーを出てから殺害されるまでの間です。

 「証拠ならこちらに。」石松が現れる。
 「間違いなくあなたの奥様です。」
 複顔されたものは科捜研に頼んで資料を基に作らせたと石松。
 
 「人は理論通りには動きません。」

 
 …という感じでその日その時にしか見る事ができなかったものを、犯人が知っていた。
 それが動かない証拠なんですね。
 第1話の『失われた灯』もそんな感じでした。

 こういうのって、教授があのマッチの写真を手に取るかどうかタイミング次第ですよね。
 賭けみたいなものです。
 ほんの少しタイミングがズレて、柳田がもう少し冷静で何も触らなければアウトですし。
 決定打というには微妙な気もします。
 池内を殴って緊張状態にあった柳田が、ポケットからマッチを出して見たのは確かですが、マッチの絵柄まではあの暗闇だしハッキリ見えていたのか、見ていても覚えていたかは曖昧ですよね。


 推理はまあまあでした。

 それより、唖然としたのは福家の強気。
 何があっても凹まないし、自分だけの世界を突き進む福家。
 まるで捜査ロボットみたいで人間味が…。(^^;) 
 
 

あらすじ 公式サイトより『オッカムの剃刀』後編
城北大学講師、池内国雄(みのすけ)殺害事件で、石松和夫警部(稲垣吾郎)らは、界隈で発生している連続強盗犯による犯行と断定。前科を持つ今井圭三(柳憂怜)の行方を追っていた。福家警部補(檀れい)は、同大学特任教授、柳田嘉文(古谷一行)を捜査対象者としていたが、殺害証拠や動機を解明するには至っていない。そんな折、今井の遺体が神社の石段下で見つかる。警察は酔った今井が誤って転落した事故と判断し、被疑者死亡で一連の事件に終止符を打とうとしていた。

 今井の遺体発見現場で、福家は彼が残したタバコの吸い殻に疑問を抱く。誰かと待ち合わせをしていたのではないか? と。だが、今井が潜伏していたマンションの部屋から、事件に関連する証拠品が次々に出て来た。また、福家は石松に捜査から外され、謹慎処分にされてしまう。

 福家は二岡友成(柄本時生)とともに、柳田に事件経過を説明に行く。すると、柳田は自分を疑った事を詫びるよう福家に求める。あっさりと頭を下げて謝罪する福家。帰り道、今井の死には不審点があると疑う二岡に、福家はそれも推論にすぎないと否定。いつもと違う福家を二岡は心配する。
 一方、事件解決に安堵するはずの石松も釈然としていなかった。今井の犯行と決めつけるために、あまりにも都合良く揃った証拠品。また、高額なマンションの家賃を今井はどうやって捻出したのか…。
 その頃、謹慎中の福家は地方の村にいた。


 第1話『失われた灯』
 第2話『禁断の筋書き』
 第3話『プロジェクトブルー』
 第4話『月の雫』
 第5話『相棒』
 第6話『愛情のシナリオ』
 第7話『オッカムの剃刀』前編

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福家警部補の挨拶 (第8話・3/4) 感想
フジテレビ『福家警部補の挨拶』(公式) 第8話『「オッカムの剃刀」後編』『(ラテ欄)捜査権を失った福家大逆襲開始!』の感想。 なお、大倉崇裕氏による原作小説は未読、NHK版ドラマ(2009年)も未見。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2014/03/05 07:27
福家警部補の挨拶第7話第8話(2.25-3.4)
連続強盗事件が多発する中、大学講師が殺害された事件、 福家警部補@檀れいは科警研の神様柳田教授@古谷一行を執拗に追跡 一時柳田の持論と圧力の前に屈したかに見えたが、 最終的には柳田のかつての犯行をも突きとめたと ...続きを見る
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
2014/03/07 02:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「福家警部補の挨拶」第8話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる