Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「同窓生 〜人は、三度、恋をする〜」第6話 感想

<<   作成日時 : 2014/08/15 10:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 同級生がペンションを経営しているから、2泊3日で泊まりに行こうと誘う遼介(松岡昌宏)。
 薫子(板谷由夏)はあけひ(稲森いずみ)の夫、太郎(松本利夫)に上手く頼み込んで了解を得ます。 
 健太(井浦新)は元妻から、偶然その日に子供を預かってもらえないかと連絡を受けます。
 これで子供を交えたお泊りデートの下準備が整いました。

 あけひは健太にはもう会わないと告げてはいるのですが。
 でも別れ際にキスします。
 健太も自分の気持ちを止められないでいます。


  

 遼介(松岡昌宏)と薫子(板谷由夏)もかなりテイストが軽くサッパリしているので、ドロドロした不倫関係の物語にはとうてい感じません。
 これがこのドラマ『同窓生』のいいところなのでしょうか?

 あけひの美容院に、遼介がお客様としてやって来ます。
 シャンプーをしてもらいながら、あけひに話す遼介。
 薫子との仲を打ち明けたのでしょう。
 あけひは驚き、手元が狂ってシャワーの水が…

 シャンプーが済み、鏡の前で応対します。
 再び驚きの声をあげてしまい周囲が注目


 あけひ、天性の明るいキャラなのか、天真爛漫な雰囲気がドラマをカラッと明るく感じさせます。
 普段の家庭生活では、あのDV夫にビクッとしているんだけど。
 そういう辛い日常を送ってはいるんだけど。
 そんな内容の割に重苦しくならない。


 それがこのドラマの不思議に感じる所。


 DV夫を演じるEXILE、MATSUが憎まれ役を一手に引き受けてますよね。野性的な外見。
 あれで暴力なんか振るわれたら怖いですよね。






 

 あけひは子供たち3人を連れてペンションを訪れます。
 前回、遊園地で健太の息子、正太と一緒に遊んでいます。
 今度は健太が子供を連れてあけひのいるところへやって来るんだろう、そう予想させる流れですよね。



 あきれるほど安易なストーリー展開ですよね。

 先が読め過ぎるし、安直で軽いし、笑えそうになるんだけど。

 それでも健太とあけひの恋が上手くいけばいいなと思ってしまいます。


 不思議なドラマです。


キャスト
 健太(井浦新)
 あけひ(稲森いずみ)
 遼介(松岡昌宏)
 薫子(板谷由夏)

 冴子(市川実和子)
 正太(佐藤瑠生亮) 

 太郎(松本利夫)
 ショーコ(清水由紀)
 青木(高知東生)

 加奈子(三浦理恵子)


あらすじ 公式サイトより 
熱を出した健太(井浦新)の看病をしていたあけひ(稲森いずみ)は、そのまま眠りについてしまい、気が付くと明け方になっていた。あわてて帰るものの、子どもたちの面倒を頼んでいたショーコ(清水由紀)に、泊りがけの講演会から帰ってきた太郎(松本利夫)にあけひが朝帰りをしたことを話されてしまう。太郎から問い詰められていると、あけひの携帯電話が鳴る。それはまさに健太からの着信であった。太郎は「万一何かあったら、出て行くのはおまえ一人だ」と言い放つ。
健太はあけひとの距離の縮まりを感じていたが、あけひから「会いたい」と連絡を受け、意気揚々と出向くものの、用件は「しばらくは会わない」というものだった。.

一方、青木(高知東生)との食事を早々に切り上げ、遼介(松岡昌宏)が待つ店に行った薫子(板谷由夏)は、自分の気持ちが分からないまま、遼介と関係を持ってしまう。しかしそれからというもの、薫子は遼介の電話にも出ようとせず、じれた遼介はあけひに相談に行く。
薫子の勤める薬局には、青木が薫子への交際の返事をもらいに来る。遼介と青木の間で揺れる薫子は健太の元を訪れ、この先どうしたらいいのか相談する。健太は自宅に二人を呼んで、遼介・薫子の話し合いの席を設けるが、逆にあけひとの関係について問い詰められてしまう。
それぞれが行き詰ってきた空気を打開しようと、遼介は同級生が経営するペンションにクラス会の下見を兼ねてみんなで泊りがけで出かけようと提案する。しかし健太は、あけひから「会わない」と言われたことから、自分はペンションには行かないと言うが…。.


  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「同窓生 〜人は、三度、恋をする〜」第6話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる