Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「同窓生 〜人は、三度、恋をする〜」第5話 感想

<<   作成日時 : 2014/08/08 08:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 あけひと健太の子供たちを交えた遊園地デート、その後、熱のある健太を心配し駆けつけるあけひ。かなり動きのあった第5話。
 健太を看病し、添い寝するあけひの姿が見どころでしたね。
 もうこのドラマはどこを切り取っても爽やかで清々しい。

 あり得ない風景なんだけど稲森いずみと井浦新の魅力で押し切ってる感じ。

 稲森いずみは綺麗!
 年齢を感じさせないし、嫌みなく可愛い女性を演じている。

 設定は深刻なんだけど。
 あけひのキャラのせいでそんなに重くならない。



 健太の元妻、冴子があけひの存在に気づきました。

 元妻、冴子を市川実和子が演じていますが、しっかりした女性、でも誰にも頼らないで生きてるちょっと可愛げのない感じを上手く出してる。

 あけひの夫はスタッフの女の子と付き合ってるんですね。
 暴力は振るうし浮気はしてるし最低です。
 ダメで可愛い女性を選ぶやり手美容師、そしてDV。



 脇役にはエグさとアクのある存在を引き受けさせる。

 主要登場人物の恋を美しくするため…ですよね。


 あけひのぶりっ子とも思えるような存在そのものがもう非現実。
 いないでしょ、こんな人。
 3人子供がいて、夫の経営する店を手伝ってオーナー夫人として切り回していく。
 そのくせいつも時間に余裕があって優雅そう。
 元同級生4人ともそうですよね。(笑)
 学生のノリだし。

 学生たちの恋物語風ですよね。(汗)


 青木が都合よく出てきたけど薫子は脈が無いですね。
 遼介(松岡昌宏)との比較対象物みたいなもの。(笑)
 来週はどうなるのか。
 

あらすじ 公式サイトより 
あけひ(稲森いずみ)が太郎(松本利夫)に暴力を受けていると感じた健太(井浦新)は、あけひと話がしたいと何度も連絡をするが、あけひは電話に出ず、メールも返してこない。一方、薫子(板谷由夏)は、遼介(松岡昌宏)のお見舞いに行くが、その日は退院日で遼介の妻の加奈子(三浦理恵子)がおり、部屋へ入ることが出来ずにいた。すると遼介の担当医師である青木(高知東生)が声をかけてきて、強引に夕食の約束をさせられてしまう。とまどいながら薫子が病院を出ると、家族と一緒に帰ったと思われた遼介が声をかけてきて、そのまま健太の家で退院祝いをすることになる。.

あけひから連絡が来ない事を気にしながら仕事をしていた健太は、薫子と遼介の突然の訪問に驚きながらも退院祝いにあけひも来ると聞き、期待する。しかしそこに健太の元妻の冴子(市川実和子)が、正太(佐藤瑠生亮)が会いたがっているという話をしにやってきた。冴子が帰るのを待って、あけひが入ってきて、4人は退院祝いのパーティーでしばし楽しい時間を過ごす。
帰りのタクシーの中で、遼介は薫子を食事に誘う。それは青木が薫子に夕食の約束をした日と同じ日だった。
後日、正太を連れて遊園地にいった健太だが、会話も弾ます苦戦していた。そこに、あけひが子どもたちを連れてやってきて….


  第1話  第2話  第3話  第4話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「同窓生 〜人は、三度、恋をする〜」第5話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる