Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 15年の限界点〜人格を破壊する家

<<   作成日時 : 2014/08/13 09:46   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 自助グループへ参加するようになって3か月たちます。
 たぶんどんなに話しても吐き出しても、自分の中の恨みは消えてなくならない。そう思っていたし、今もその気持ちに変わりはありません。

 生まれ育った環境。
 人に与える影響でこれ以上大きいものはない。
 生まれてからの15年。
 15年の限界点。
 そこまで正常な環境で成長してきた人はいい。
 その後、困難があったとしても正常な自分の価値観、世界観、判断力、行動力で乗り切って行ける。

 だけど異常な環境で育った人は違う。
 成人してから周囲がどんなに健全な環境に変化しても遅い
 遅過ぎる。

 
 人格の大半はほぼ15年間で形造られると言ってもいい。
 それほど生まれてからの育つ家庭は大切。

 人格はその後の人生を左右します。




社会の歪と機能不全家庭
 幼少の頃、生活環境を悪くし、私の歯は虫歯になり折れました。
 その責任は母にあります。

 ただ、何とかしようと近所の歯医者へは行きました。

 乳歯を折って近所の歯医者へかかりました。


 そこで適切な処置をしていれば、その後の苦しみは無かった。

 だから歯医者が悪いんだと思う。
 何もせず放置した歯医者が。

 必要な時、適切な治療を受けていたら、私の上の永久歯は正常に並んでいた。


 親は最悪な状態に生えてしまった永久歯を、その歯医者へ見せに行ったんだけど。
 見ただけというか、何の対応もせずそのままにするだけ。
 無能な歯医者。
 自分の手に負えない上に他の病院も紹介できない。

 親も同じ、別の病院を探さない。

 かかった歯医者が無知。

 親も無策。


 そんなのってあるのかなぁ。

 それが最初の大きな失敗。

 そこからスタート。


 最悪のスタート。





 そして長い年月、治療の機会はあったのにそれもまた放置。
 親の無関心。

 希望を失った。


 不快と不具合をただ我慢して過ごしてきた。



 その後、別の近所の歯医者で再び失敗を重ねてしまい…。
 間違えた処置だったし。
 後々の口の中全体の健康を考えてないし。


 インターネットで検索すると良くない治療が横行してるとの意見が多数ありました。

 医者とは呼べないのが歯医者だって。昔からそう?
 それって変だよ。
 そんな恐ろしい社会ってあるのかなぁ。

 それに引っかかったのが不運なだけ?
 そんな医者ではないのを歯医者と許可している仕組みが変。
 (正確には5人に1人位が医者と呼べる技術や知識を持っているらしい。)

 機能不全家庭に生まれた事だけでも大変なのに。
 機能不全家庭は子供を社会の歪(ひずみ)から守らない。

 社会の歪に引っかかることなく生きていける人たちはいいよ。

 そうじゃない人は大変だから。






 いろんな問題がリンクしてるよね。

 わたしのはそう簡単じゃない。


 bP 折れた乳歯
 bQ 永久歯の異常
 bR 病院を探さない親
 bS 間違いだらけの治療
 bT 矯正できたのに
 bU 口腔崩壊
 bV 父はギャンブル依存症


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
15年の限界点〜人格を破壊する家 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる