Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「家族狩り」最終回 感想

<<   作成日時 : 2014/09/06 12:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

 芳沢夫妻を刺そうとする山賀、大野でしたが游子が体当たりをして阻止します。
 游子と浚介は亜衣に語りかけます。

 危ないところでしたが馬見原と椎村が突入してきて銃を構えます。

 山賀と大野は床に油をまき、ランプを倒します。
 燃え上がる炎に阻まれ、馬見原は山賀と大野に近づけません。
 逃げようとする二人を銃で狙う馬見原。
 背中を撃たれた二人ですが、そのまま姿を消します。

 山賀、大野宅に家宅捜査が入り、シャンプーやシロアリ駆除の薬剤も押収されました。

 数日を経ると山賀たちの家の外観は、落書きや嫌がらせの物でいっぱいでした。 
 游子と浚介は馬見原と家の中に入ります。

 山賀と大野は夫婦で、祭壇の写真の男の子は二人の息子でした。家庭内暴力が激しくなり二人が手にかけてしまったのです。

 浚介は游子にラーメンを食べに行こうと誘い約束します。


 綾女は子供を連れて地元へ帰る事にしました。
 馬見原とは別れます。
 馬見原は退院する妻を迎えに行き、仕事ばかりに生きてきた人生を考え直すと言います。
 結婚する時、譲り受けたライターを娘婿に託します。

 山賀たちの車が発見されました。
 樹海に入って行ったようです。


 浚介は美歩にきちんと話そうとしますが、別の教師と婚約していました。
 亜衣たち一家は北海道へ引っ越すそうです。

 両親に会ってきたと游子に報告する浚介。 

 ふたりはラーメンを食べます。

 店のテレビが一家心中事件を報じていました。


 そんな最終回でした!!



 数話前から他のブロガーの方々、そして感想サイトに意見を寄せる方々が予想した通りの犯人でしたし、ラストのまとめ方も予想通りでした。(笑)

 本当に理想的に綺麗にまとめられていました。
 皆が和解し問題を解決し、平和にやっていく。
 これがドラマの最終回というものですね。(笑)

 現実は必ずしもこうは行かない。
 せめてドラマだけでもスッキリ片付いて欲しい。
 そうでなければフラストレーションでやっていられない。
 …ですよね。

 そして山賀と大野が生きているとラストで仄めかすあたり、ホラーテイストで魅せてくれたドラマの締めとしては、これもまた拍手したくなるほどの理想的エンド。
 定番であってもこうでなくちゃ、という感じでしょうか。

 暗く重いテーマでしたが、徹底したエンタテイメントの世界。



 生きていると楽しい事ばかりじゃない。
 だけど苦しい事ばかりでもない。
 どんなに大変でも楽しい事を作って行こう。

 約束をしよう。
 生きる希望を求め。
 
 素晴らしいメッセージもたくさんありました。
 
 そして…。
 松雪泰子と伊藤淳史のカップルを全く違和感なく受け入れさせる、ドラマの世界が凄いと思いました。(笑)
 


あらすじ 公式サイトより
行方不明になった游子(松雪泰子)が、芳沢家にいると気付いた浚介(伊藤淳史)は、馬見原(遠藤憲一)に助けを求めつつ急いで芳沢亜衣(中村ゆりか)の家へと向かう。
ところが、大野(藤本隆宏)から一撃を受け、意識が戻ったときには目の前に恐ろしい光景が……。
家族に絶望した亜衣は、死を覚悟し葉子(財前直見)と大野に全てを託そうとする。ところが浚介は「死んでは駄目だ!!」と必死に亜衣に思いを告げる。そして游子も亜衣に優しく言葉をかける。


犯人は、なぜ家族を狩ったのか?
そこには11年前の悲劇が深く影を落としていた……。
游子、浚介、馬見原。それぞれが出した“家族”の意味とは!?
その全てが明らかになる。

  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
  第6話  第7話  第8話  第9話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「家族狩り」 第10話(最終話) 約束を
 いや〜思っていた以上にスカスカの最終回でした・・・( ̄▽ ̄;)アハハ… もう、こりゃトンデモドラマ部門にノミネート決定だね。 今までにもよくわからない展開があったけれ ... ...続きを見る
トリ猫家族
2014/09/06 19:36
家族狩り 最終話:約束を
不死身っ!ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!! 最後、山賀と大野はまだ生きてて、懲りずに狩りをしてるような 描写でしたよねー ...続きを見る
あるがまま・・・
2014/09/07 00:04
家族狩り最終回感想
やっぱり・・銃じゃ死なないのね(苦笑)シロアリ夫婦は結局生きていて、まだ送りを続けているのかよ!?というラスト。。でも、そこはメインじゃなくて、疎遠だった登場人物もちゃんと出てきて、それぞれのラストをきちんとやっていました。途中からまったく出てこなくなった、山口紗弥加や篠田万里子も最後でてきて安心したよ(笑) 内容的に厳しく重いテーマだったこのドラマですが、希望を見出せるラストでホッとした。人を破滅させるのも人なら人を救うのも人。ただ、このラストみたいに再生できるとは限らないのも世の中だ... ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2014/09/07 08:50
家族狩り 最終回「約束を」
噂では、かなりハードな作風と聞いていたので、これまでハードルが高く、敬遠気味だったのですが、思い切って、天童荒太作品を、初経験なるほど、現代の社会問題にがっぷり四つで、スパイシーな問題提起。みんなが問題を抱えた設定。ひりひりとした雰囲気といい、ハードなバイオレンス描写といい、ドキドキしっぱなし、でしたが、「…なるほどなぁ」と納得でした。サスペンスとしては、2週前に真犯人が分かってしまったので、最後は理由でしたが、なんとまぁ、2人は元夫婦で、子供に悩み、振り回されて、悲惨な結末に。結果、独特の思想... ...続きを見る
のほほん便り
2014/09/08 08:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れサマ〜(^^)

>背中を撃たれた二人ですが、そのまま姿を消します。
>樹海に入って行ったようです。

最初に樹海で準備を整えてから、芳沢宅に裏の仕事しに行ったんじゃ???
こうしておけば、2人のその後の行方は、樹海で自殺したと処理されるし〜
しばらくすれば、別の土地でまた仕事ができるし〜(^^;

それにしても、撃たれた2人は重傷のように見えましたが、、、SPに期待したいです。

>家庭内暴力が激しくなり二人が手にかけてしまったのです。
>浚介は游子にラーメンを食べに行こうと誘い約束します。

香川県だったので、息子の名前が「香一郎」?(笑)
香川はうどんが有名なんですよね。
でも、浚介は游子は「ラーメン」でした。(苦笑)
こういう繋がりは、巧いな〜(美味いな〜)と思いながら見てましたよ。

>亜衣たち一家は北海道へ引っ越すそうです。

とにかく、芳沢家誰も死ななくてよかったです!
にしても、米国から東京、そして今度は釧路?(^^;
働くと言ってましたが、浚介みたいな人がそばにいないと、また繰り返すのではないかと心配です。

>素晴らしいメッセージもたくさんありました。

「家族を開く」ですか。。。

開くというと「公明正大」という言葉を思い出します。
主に、家族内部で心を開く(隠し立てしない)ということらしいんですが、
家族の外部(世間)に対しても、そうありたいものですね。

#####

そういえば、1話で、麻生達也が両親を殺害したのが、何故「斧」だったのか???
これは、犯人「大野」に繋がるヒントだったような気がします。
・・・「おの」>「おおの」変換ミスしてわかったんですよね(爆)

長々と失礼しました。。。m(__)m
LB56
2014/09/06 16:48
>香川県だったので、息子の名前が「香一郎」

面白いところに着目しますよね。
LB56さん。(笑)
それに大野(オオノ)と斧(オノ)
なるほど〜。(^▽^)
遊び心でそういうヒントが隠されていたのかもしれないと考えると楽しいですね。

氷崎游子、巣藤浚介、馬見原といい。
主要登場人物の名前が珍しい系だったし、作者や製作サイドの思い入れがいろいろとあるんでしょうねぇ。(^^)v
kanata
2014/09/07 12:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「家族狩り」最終回 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる