Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「MOZU Season2 〜幻の翼〜」第2話 感想

<<   作成日時 : 2014/10/24 12:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東の退場シーンは笑えましたね。
 長谷川博己のセリフ回しや演技もそうだし、あの甲高い笑い声。
 窓からヘリの音だけさせて、降りてきたロープにぶら下がって消えて行くシチュエーション。
 完全な舞台仕様。
 大げさな感じといい、好き嫌いは分かれるかなぁ。
 ちょっとやり過ぎな気はします。


 
 これ以外の見せ場はアクションシーンでした。

 美希はついに父親の姿を発見。
 そして車を発進させ向かってくるその前に立ちはだかります。
 普通、ブレーキかけるものだと…。
 そんなん有りのまさかのボンネット乗り上げ、そのまま走行、そして振り落されてしまいました

 有り得ないけど…。
 

 一方、倉木は森原に詰め寄ります。

 その後、森原の乗った車が爆破され。

 倉木はなんと指名手配に…。

 妻、千尋は国や仲間を売ったのか

 無事帰れたのは情報を提供したから、そう考えるのが自然かも。



あらすじ 公式サイトより 
新谷(池松壮亮)が生きていた。
グルジブ人テロリストの犯行が疑われる、北海道のエネルギー研究所爆破事件。
研究所の防犯カメラ映像に映っているのは、確かに新谷だった。
新谷宏美は半年前、空港爆破テロ事件の日に間違いなく死んでいる。
では、崖から突き落とされ死んだと思われていた双子の兄・新谷和彦が生きていたとすれば…、かつて宏美を逃がした偽刑務官が宏美の殺人手口で殺された件の事件とも繋がりが見えてくる。
大杉(香川照之)は、被害者の男が殺される直前に汐里(蒼井優)と接触していたことを知り、汐里を任意で取り調べる。
汐里は素直に応じるが、しかし核心部分の質問に対しては答えをはぐらかし、真相を語らない。
その頃、外事警察分署にいる美希(真木よう子)の手元に、宗牙岬近くの駅で目撃された謎の男の人相書きが届く。
描かれていたのは、ある意外な…美希を激しく動揺させる人物だった。
一方で、倉木(西島秀俊)の前に、行方を眩ましていた東(長谷川博己)が現われる。
「偽りの秩序を乱すのが俺の使命だ」…東はそう楽しげに語り、そして倉木にある忠告を残す。


名波と和彦は繋がっているのではないか…その疑惑を追及するため、倉木は汐里をカフェに呼び出す。
そこで汐里は、取材中にグルジブのテロリストグループに拉致された過去を告白する。そこで和彦と出会ったのではないか、と倉木は詰め寄るが、汐里はそれに答えずに返す。
「私もあなたの奥さんと同じ」「生きて帰ってこられたのは…」
衝撃的な発言に、倉木は言葉を失う。
そして、和彦の行方がつかめぬまま、宏美と同じ手口で第二、第三の殺人が起こる。
そんな中、倉木に何者かから電話が入る。
電話の主の指示を受けてたどりついた電話ボックスには、拳銃と3枚の写真があった。
その写真に写っていたのは、「グラークα」作戦に従事している千尋(石田ゆり子)と「ある人物」だった…。


  第1話

「MOZU Season1 〜百舌の叫ぶ夜〜」
  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話
  第6話  第7話  第8話  第9話  最終回


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「MOZU Season2 〜幻の翼〜」第2話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる