Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Nのために」第1話 感想

<<   作成日時 : 2014/10/18 13:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

 瀬戸内海の美しい自然の風景の中で描かれる一家族の崩壊。それは突然やって来て、希美(榮倉奈々)と弟、母親は住み慣れた邸宅を追い払われます。
 3人に用意されていたのは古い民家でした。
 何の前触れもなく父親が愛人を連れて帰り、一緒に住むと宣言。
 そして娘や息子に「出て行け。」と言います。
 仲良く暮らしてきたはずの家族を切り捨てる冷徹さ。

 実際こんな強引なやり方、有り得ないのですが。
 いきなり来て、同時に荷物も持ち込んで家族の家財道具を業者に運ばせ…。(汗)
 話し合って代理人か弁護士を立てて別居、離婚でしょ。普通。
 愛人の方が強過ぎる立場って…。
 瀬戸内海の島は無法地帯みたいです。

 だけど…。
 夫の自分勝手な言い分を素直に受け入れる早苗(山本未來)。

 ドラマ冒頭からこの異様な状況にグイグイ引き込まれました。



  
 希美を演じる榮倉奈々は素朴な役柄が似合います。
 方言がいいですね。
 味があります。

 海沿いの道を成瀬の自転車の後ろに乗って走るシーンは、なぜか「蜜の味」を思い出してしまった。
 あれも少女時代は地方で育つヒロインだった。
 自然豊かな田舎でロケをしていました。

 「メイちゃんの執事」も思い出した。
 ヒロインのメイは海辺の町でうどん屋を開いている両親の元で暮らしてた。お店を手伝う働き者の明るくサバサバした性格。
 それがピッタリな役だった。


 榮倉奈々、生年月日は1988年2月12日の26歳だそうです。

 高校生に無理なく見えます。

 また成瀬役の窪田正孝も素晴らしいです。

 彼も生年月日は1988年8月6日の26歳。
 10代の若者に違和感なく見えます。

 あの純朴さと清潔な雰囲気がたまらないです。

 高台の休憩所でミニチュア将棋をして語らう二人。
 防波堤で願望を言い合う二人。

 青春映画を見せられてるようでした。

 成瀬もまた家の経済状況に追い込まれている。
 閉塞した暮らしから抜け出たいと願っている。





 山本未来は最近は「アリスの棘」で印象的だった。
 そうそう音楽が「アリスの棘」風だと思ったんですよね。最初。

 榮倉奈々たち親子が追い払われる民家は「MOZU」だし。

 振り込まれた一か月の生活費を高級な化粧品に使い切ってしまう精神を病んだ妻、早苗。
 この妻の姿は前期の「家族狩り」馬見原の妻とダブります。

 何かこれまで観た作品のあらゆるイメージ、エッセンスを思い起こさせるような。

 そんな印象の第1話でした。



 




 成瀬の母役、美保純といい、脇を固めるキャストが絶妙ですね。


キャスト
 希美(榮倉奈々)
 同級生・成瀬(窪田正孝)

 母・早苗(山本未來)
 父・晋(光石研)
 由紀(柴本幸)


あらすじ 公式サイトより
2004年、高層マンション・スカイローズガーデン48階の部屋で、野口貴弘(徳井義実)とその妻・奈央子(小西真奈美)が殺害された。その現場に居合わせたのは“ある計画”を立てた大学生の杉下希美(榮倉奈々)、希美の高校時代の同級生・成瀬慎司(窪田正孝)、希美と同じアパートに住む安藤望(賀来賢人)と西崎真人(小出恵介)。その場で西崎が逮捕され「自分が貴弘を殺した。不倫関係にあった奈央子を貴弘が刺したため、カッとなって殴った」という自供により、殺人罪で懲役10年が言い渡された。


事件から10年後の2014年。懲役を終えた西崎が出所しようとしている中、この“野口夫妻殺人事件”を独自に追う元警察官・高野茂(三浦友和)は、事件の調書や裁判記録などを読みあさり、この事件の判決に疑いを抱いていた。それは、関係者の証言がそれぞれ微妙に食い違い、現場検証の結果と犯人の証言にも矛盾があるにも関わらず、西崎が「自分がやった」と証言したことで有罪が確定したからだ。さらに、高野は事件関係者のうち、2人を以前から知っていた。杉下希美(32)と成瀬慎司(32)だ。2人は高野が長年駐在として働いていた瀬戸内海の青景島の出身で、高校の同級生だった。何故2人揃って野口夫妻殺人事件の現場に居合わせたのか。2人とも偶然だと証言しているが、それは本当なのか。野口夫妻殺人事件は15年前の夏、瀬戸内海に浮かぶ島で、希美と成瀬が起こした“ある事件”からすべてが始まっていると高野は確信していた。

この野口夫妻殺人事件には、何か真相が隠されているに違いない――。
どの“N”が、どの“N”のために、罪を犯してしまったのか――。
そして、“N”とは誰なのか―――。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「Nのために」第1話★希美(榮倉奈々)と成瀬(窪田正孝)が…
「Nのために」第1話 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2014/10/19 09:45
【 Nのために 】第1話 感想
「今の若いやつらは自分のことしか考えていない」 そんな言葉を聞くたび、それは違うと思ってしまう。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/10/19 22:04
Nのために一話感想
殺人事件の真相がどうのこうのより、過去話の展開が凄すぎて笑った。。 突然家を追い出される主人公・榮倉奈々。弟と母親・山本未来もいっしょに(笑)そんなことをする父親がいるのかというね!?愛人と暮らすために自分が家を出ていくのなら話はわかるのだが、家族追い出して愛人と住むとかどうなの(笑)しかも、島の人達はわかってて黙認。頼りになりそうな警察官・三浦友和も見守ることしかできず・・。 可哀想な展開に、さらに追い打ちをかけるように、だんだん狂っていく山本未来(苦笑)というより、娘達が気がつかな... ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2014/10/22 11:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おつかれさんまです。

>ドラマ冒頭からこの異様な状況にグイグイ引き込まれました。

だいたい、こんな始まりだと、病気か死ぬか、そんな所が相場なんですが、このドラマはどうなんでしょうね。(^^;

光石研さん、「紙の月」でも、妻の金銭感覚が問題になってました。なんだか、続き(鬱憤?)がここへきたような感じがしました。(^^;

>高台の休憩所でミニチュア将棋をして語らう二人。

あれだけ堅実な希美も、詰将棋を解いてもらって、それを覚える、という人を利用する性質も持ってるんですよね。
野望もあったりして、目的のためなら手段を選ばない、という感覚もあって、怪しさが見え隠れしてます。
まさか、真犯人???

>成瀬の母役、美保純といい、脇を固めるキャストが絶妙ですね。

Nのために?(笑)
LB56
2014/10/19 04:39
今まで観た秋の新ドラマ、初回の中では一番面白いと感じました!

「すべてがFになる」はまだですが。
タイトルが似通ってますよね。^^;
kanata
2014/10/20 14:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「Nのために」第1話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる