Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Nのために」第3話 感想

<<   作成日時 : 2014/11/01 15:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 シャープペンシルの音をあんな風に解釈するなんて成瀬君、君はなんて生真面目で繊細な男の子なんだ。そう思ったよ。
 あの5回のノックは「オメデトウ」なんじゃないの?
 希美が振り向かずに背を向けたままだったので、成瀬は罪悪感を持ってしまったのかなぁ。
 教室の窓の外、色彩が青く澄んだ空になったよね。
 鮮烈なワンショットだった。切ないよ。

 希美の母、早苗は仕事をすると言い出します。
 それはいいのですが、希美が家を出るのは認めません。
 扉の前に家具を置いて閉じ込めてしまいます。
 ビーチサンダルを履いて希美は窓から抜け出します。
 
 決意を固め、父親の所へ行きます。
 周りに会社の人たち、島の人たちがいます。
 そこで土下座をし、大学進学を承諾させます。
 対面があるから父親も拒否できません。 
 愛人が希美のスカートか膝の汚れを払おうとしますが、避けてかすかに笑います。
 この愛人に、食料を分けてもらうため土下座させられてきた。

 でもそれで鍛えられた。
 形だけの土下座を皆の前でする事にも抵抗ない。
 そして大学進学を認めさせた。
 お前の嫌がらせのおかげだ。
 そんな笑いに思えました。
 お金を出してもらった者の勝ち。
 金さえ出してくれたら、後は用無し。
 黙って金さえ出せばいい、それでいい。

 希美は強くなったんですね。

 フェリーで島を出る成瀬。

 自転車で駆け付ける希美。

 防波堤を走り、少しでも船に近づこうとする希美。

 成瀬もフェリーの甲板を走り希美に向かって叫びます。

 「杉下〜!!」 
 「頑張れ〜!!」 


 このシーン、良かったよ〜。

 やっぱり成瀬君、胸キュンとなるよ。


 さて、舞台は大学生になった希美の住むアパートへと。
 ここで西崎や安藤との出会いが描かれます。
 彼らの住むアパートから高層マンションが見えます。
 
 台風で浸水し、1階の希美と西崎が2階の安藤の部屋へ入って話します。

 学生同士の自然な会話。
 希美の方言が味を出してるなぁと。
 西崎は小説を書いてるのですね。
 安藤は希美よりひとつ学年が上。

 
 アパートの修理をし、3人は立ち退きを阻止するために、力を合わせる事にします。
 Nのためにはこの時は野ばら荘の「N」なんですね。


 高校を卒業し、成瀬と希美の淡い恋の物語は一区切りつきました。もう高校生の成瀬君を見られないのは少し寂しい気もします。


 ラストは西崎が携帯で成瀬と話しているシーンでした。
 どんな風に繋がっていくのか、また来週が楽しみです。


あらすじ 公式サイトより
2000年香川県青景島。成瀬(窪田正孝)は優遇された奨学金制度に受かり、東京の大学に進学することが決まる。一方、希美(榮倉奈々)は、奨学金制度に1つも受かることが出来なかったため就職するか悩む中、隠していた進学の資料が母・早苗(山本未來)に見つかってしまい「1人にしないで!」と懇願される。進学を諦めようと考えていた時、成瀬のメッセージからあることを決意し、進学を反対する父・晋(光石研)の元に向かう。そんな中、高野(三浦友和)は、さざなみの火災で成瀬を助け出した際に声が出なくなってしまった妻・夏恵(原日出子)のために、放火した犯人を探しだそうと奔走する。


2014年東京。安藤(賀来賢人)から真相を聞き出そうとした高野だったが、西崎(小出恵介)同様にはぐらかされてしまう。その後、希美、安藤、西崎の3人が暮らしていた野バラ荘の大家・野原(織本順吉)の元を訪れると…。
.
  第1話  第2話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「Nのために」第3話★『N作戦』といこう
「Nのために」第3話 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2014/11/02 08:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさんまです。

>あの5回のノックは「オメデトウ」なんじゃないの?

複雑な気持ちなんで、そんな余裕はないように思いました。
とにかく、(選考で)落ちた自分の事で精一杯だったんじゃないかな。
周りが「おめでとう」と言ってるのも、たぶん聞こえてない位、放心状態だったような気もします。
固まってたしね〜(苦笑)

あのカチャカチャは、(今は)話しかけないでくれ、という心の叫び?だったのかも〜(汗)

>希美が振り向かずに背を向けたままだったので、成瀬は罪悪感を持ってしまったのかなぁ。

自分が受かって、相手が落ちた時の心境、そのものズバリだと思いました。
自分からは切り出しにくいし、悪い方に考えるのが自然かなあ、と思います。

>アパートの修理をし、3人は立ち退きを阻止するために、力を合わせる事にします。

親睦のため?(苦笑)

安アパートを貸すくらいだから、大家さんは、野ばら荘を失っても、さほど困らないような気がしますが、どうでしょうね。(^^;

ようやく2001年。
事件の2004年まで、
まだあと3年もありますね〜(笑)
LB56
2014/11/02 03:18
LB56さん。
どーもです。(*^^*)
希美と成瀬の高校時代が終わってしまいました。
ちょっと残念。
希美は安藤と交際するんだよね。
(成瀬の片思いかぁ〜。)
希美は上昇志向が強そうだし、都会的な安藤の方がいいのかなぁ。
成瀬君は優しいけど、見守るタイプだもんね。
でも来週も成瀬君にたくさん登場して欲しいです。(^^ゞ
kanata
2014/11/03 01:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「Nのために」第3話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる