Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Nのために」第6話 感想

<<   作成日時 : 2014/11/22 13:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

 設定や状況は不自然で強引なのに、そこから発生する人間関係には惹きつけられる。
 そんな不思議なドラマです。
 家から妻子を追い出し、愛人とそこで一緒に暮らし始める父親。
 辛い状況に置かれた希美に想いを馳せる成瀬。
 二人の交流のみずみずしさと美しさ。
 そして今回は野口奈央子と、西崎の交流が描かれます。

 最初から何か訳ありな雰囲気だった奈央子。
 西崎が、親からの虐待を受けていた事を小説を読み察知します。
 奈央子は夫から暴力を振るわれていて、アザや傷があります。

 『愛』というよりは、痛々しい触れ合い。
 全くエロさを感じないし、むしろヒリヒリと傷がしみるような。


 こういう感覚って体験した人にしか分からない、何か同じものを感じる、というような。
 同じ波長、空気、発している匂いのようなもの。
 たぶん、あるのでしょう。
 そういう、とても恐ろしい共通項を持った二人。

 西崎と奈央子がこういう惹かれあい方をするとは、想像もしていませんでした。
 これが恋愛関係といえるかどうかは分かりません。
 お互いは癒されているのかもしれませんが。

 ただとても儚く、悲痛な感じがしました。




 奈央子は専務の娘って設定ですよね。
 いくら野口がストレスを溜めてるとはいえ、そこまでさげすむかなぁ。
 奈央子も、どこかに訴えるか、とにかく実家に戻るか、行動に移さないのも変だしね。
 まずそんな事、有り得ないしリアリティが無い。

 希美の父親だってそう。
 婿養子だから、自分が家を出て他で愛人と暮らせばいいだけの話。

 ところが物語は意外で想像を超える方向で展開していく。

 そして、そこから派生するドラマが強烈なのです。






 

 希美、安藤、成瀬の間に大きな進展や変化はありませんでした。
 安藤はビルの窓ふきができるように計らいます。
 高い場所からの風景に希美は感動します。


 安藤が出社すると野口の妻に関しての暴露メールが。
 会社の皆にメールが届くと言う事は、内部の誰かがそれを知ってるんですね。




 ラストで高野を呼び出した希美は自分は胃がんで、会社を辞めたのはそのせいだと打ち明けます。

 余命宣告されたと…。

 これは衝撃の展開です。
 




 (ドアの外側に付いているチェーンなんて初めて見ました。
 絶対、変でしょ
 事件当夜、このチェーンを外側からかけた人物がいる、高野にそう話したのは安藤。
 しかしチェーンをかける何者かの手は安藤でした。
 これって…。)

あらすじ 公式サイトより
水平線を見たい”という野望を持つ希美(榮倉奈々)は、同じ清掃会社でアルバイトをする安藤(賀来賢人)に、ビルの窓清掃用のゴンドラに乗せてもらい感動して価値観を変えていく。


そんな中、希美を訪ねて奈央子(小西真奈美)がアパートにやってくるが、希美は不在。部屋の前で待っているところへ西崎(小出恵介)がやってきて家に招く。そこで、西崎が書いた小説「灼熱バード」を読んだ奈央子は、このモデルが西崎だと気付き、2人の距離が縮まっていく。 一方、成瀬(窪田正孝)は、大学を辞める決意をしてレストランでアルバイトを始める。



  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「Nのために」 第6話 許されぬ愛・・・罪人たちの悲しい告白 
 え・・・・安藤がチェーンを?( ̄□ ̄;)  それは嫉妬?誰かが殺されればいいと思っていたの? 西崎と慎司、どちらが死ねばいいと・・・? てか、野口がやろうとしていたこと ... ...続きを見る
トリ猫家族
2014/11/22 18:21
「Nのために」第6話★野口(徳井義実)はDV夫だった
「Nのために」第6話 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2014/11/22 21:50
Nのために (第6話・11/21) 感想
TBS系『Nのために』(公式) 第6話『許されぬ愛…罪人たちの悲しい告白』の感想。 なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2014/11/23 00:07
ディア・シスター六話&Nのために六話感想
■ディア・シスター六話 妹・石原さとみの人間力の凄さが、回を増すごとに明かされていく感じだが、それに反比例して、姉・松下奈緒のダメダメ度が増していくという(笑) 妹の恋を破滅させた過去に続き、父親の死の真相を誤解して母親を恨んでいたとは(苦笑)それを今回も妹のおかげで和解できたという話。どんだけなの。。 ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2014/11/26 01:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「Nのために」第6話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる