Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「すべてがFになる」第8話 感想

<<   作成日時 : 2014/12/10 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 緊迫感のない解決編でした。
 意外な犯人、そして常人では理解できない動機のはず。
 だけど盛り上がらなかった。
 それに萌絵がアホ過ぎて…。(−−;
 探検に出かけて、危ない目に遭いそうになったら犀川が必ず助けに入るパターン。
 刑事ごっこして周りに迷惑かけるキャラ、惹かれないなぁ。
 
 今回、犯人の犯行と動機を犀川があまりにもサラッと説明。
 見どころは、萌絵を挟んで犀川と犯人が対峙するシーン。
 だけどそれも犯人があまりにも普通な感じで…。
 
 やっぱり演出が、いや犯人役がミスキャストなのかも。


 とにかく来週は真賀田四季が再登場するようなので楽しみです。

 


あらすじ 公式サイトより 『数奇にして模型 後編』
西之園萌絵(武井咲)は、筒見紀世都(中島歩)のアトリエに明日香(山川紗弥)の等身大のフィギュアがあったこと、異常としか思えない一面を目撃したことから、明日香を偏愛する紀世都が彼女を殺害したのでは、と犀川創平(綾野剛)に話す。

そこへ、儀同世津子(臼田あさ美)がやってくる。犀川と約束をしていたらしい世津子の親しげな態度にいらだち萌絵は研究室を出る。すると、浜中深志(岡山天音)が来て封筒を手渡した。紀世都から送られたその手紙を読んだ萌絵はどこかへと向かうが、そのとき、寺林高司(山本耕史)から連絡が入る。寺林はどうしても調べたいことがあり病院を抜け出したという。萌絵が問い詰めると、紀世都のところに行くつもりだと明かした。



萌絵と寺林が紀世都のアトリエの前に来ると、喜多北斗(小澤征悦)と大御坊安朋(小松和重)に声をかけられる。紀世都と連絡が取れないため、心配して来たのだと大御坊は言う。4人でアトリエに入ると、そこはロウソクの光が蛍のように点灯する幻想的な空間だった。紀世都の姿は見当たらないが、大御坊は、紀世都はこれを自分たちに見せようとしているのでは、と鑑賞し始める。そのとき、大きな機械音が響き、アトリエに置かれたペットボトルのロケットが四方に発射される。ペットボトル内の液体が雨のように巻き散らかされるが、それはアルコールでロウソクに引火し炎が上がる。煙が立ちこめるなか萌絵が紀世都を探すと…。

 お話の続き
 二つの密室と二つの遺体。
 感電死、真っ白に塗られた遺体。
 オスはメスから生まれる。
 犀川はパソコンの画面を見て飛び出していく。
 『火事の現場近くのアパートに寺林さんと一緒に来ています』

 萌絵と寺林が部屋の中に入ると頭部のフィギュアがあった。
 更に奥に大きな箱があった。
 萌絵が蓋を開けると紀世都の体のメス型が。
 「ここ本当は僕の趣味の部屋なんだ。」と寺林。

 犀川が駆け付ける。
 部屋に入ると寺林とベッドに横たわった萌絵が。

 「なぜ明日香さんの頭部を切断したんですか?」
 最終的な目的は紀世都だった。

 感電死させてから型を取った。紀世都は無抵抗だった。
 妹の形が壊れた事に絶望していた。
 「紀世都君が消えれば僕のメス型がオンリーワンになる。」

 「彼女の代わりに僕ではいけませんか?」と犀川。
 断る寺林。
 
 意識を戻しかける萌絵。犀川はコンセントに何かを差し込む。
 もみ合いになるが大御坊が助けに入る。

 「モデラーの美学について。」と犀川は説明する。
 アトリエで寺林は赤外線リモコンで操作していた。

 明日香を殺したのは上倉ユウコ。
  
 寺林は明日香の頭部が欲しかった。上倉が邪魔だった。
 彼女を殺し実験室のドアに鍵をかけ出発した。
  

 「創平君は実の兄よ。」と儀同は萌絵に答える。

 「萌絵はそんなメールは送っていないと言っています。」と叔父。



  第1話『冷たい密室と博士たち 前篇』
  第2話『冷たい密室と博士たち 後編』
  第3話『封印再度 前篇』
  第4話『封印再度 後編』
  第5話『すべてがFになる 前篇』
  第6話『すべてがFになる 後編』



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「すべてがFになる」第8話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる