Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「セカンド・ラブ」第2話 感想

<<   作成日時 : 2015/02/15 13:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 朝、目覚めると慶の姿はなく、携帯で時間を見ると7時を過ぎていた。結唯はコンビニで下着を買い学校へ急ぐ。
 校長にすぐに自宅へ電話をするように告げられる。
 母親、真理子に連絡し携帯を友達の家に忘れたと嘘をつく。
 授業のため渡り廊下を歩いていると柵の向こうに慶の姿が。

 教室を抜け出し、携帯を受け取る。

 高柳がその様子を教室から目撃する。

 放課後、高柳と会う。今日は車だから家まで送ると言う。

 慶は前日、結唯と会った場所で待っていた。


 慶の恋人、綾子がアパートを訪れる。
 冷蔵庫が空っぽだからと買い物袋を提げていた。

 結唯が年上の男と不倫していると慶に教える。

 結唯は電話するが、慶は出ない。
 その後、慶の方から結唯に連絡が。

 今すぐ会いたいと。「今どこ?」
 家だと言うと「家はどこ?」
 会いに行くと言う慶。

 結唯はこっそり家を抜け出して再び慶のアパートへ行く…。


 そんな第2話でした!!

 初回、結唯が大胆で自由奔放で思い切った行動に出て、新鮮な驚きを与えられましたが。
 第2話では、真逆のどっちつかずで優柔不断な女性へと変貌。
 ハッキリしない結唯。
 とにかく、ヒロインの気持ちが定まらないと観てる方もスッキリしません。

 学校で高柳から会いたい話がしたいとメールが来ても、嬉しそうな感じではなかったですね。

 だいたい高柳のどこが良くてひかれて付き合ってきたのか。
 (配役が生瀬さんというのが、ちょっとネックになってるなぁ。)
 優しく包容力があり大人だから惹かれたのだとは思いますが。

 元々不倫で後ろめたい間柄。
 そんな相手に嘘をついたり隠し事してまた別の誰かとって…。

 高柳の誘いを断るでもなく、かといって気分的に高揚もせず。
 こういうのを惰性、倦怠感の生じた仲というんですね。
 安心できるけど未来が無い…ですよね。

 会っていても、慶との待ち合わせ時間を気にしています。
 車で送ると言われても断らずにそのまま。

 この受け身でハッキリしない態度に視聴者サイドとしてはイラッとさせられる。


 突然現れた慶に対しては、ほんの成り行きだったようですが。
 閉塞された日常に刺激が欲しい、変化が欲しい、そんな誘惑にかられたようですが。

 ラストで少し本気になってきたようです。






 自宅へ連絡もせずに外泊は10代の女の子なのか、大人の女性なのか、よく分からないですよね。
 要領が悪くて学校で騒ぎになるし、母親が余計な動きをし始める事に。不倫に気づかないから、外泊しても慌てないだろうって思ってたのかな?
 
 とにかく高柳、真理子、恋人の綾子が二人の周囲を動いた第2話でした。

 高柳は結唯という若い女性へ執着し、周囲に知られさえしなければ、このままず〜っと交際していく気ですね。

 真理子は30代半ばの娘が気になる。
 眠らずに、夜中に部屋を抜け出すのを気配で感じている。

 綾子は慶や結唯の後をつけてファミレスで盗み聞きしている。

 ストーカーのようなこの3人ともうっとうしい!!
 息が詰まるし。
 2話からこんな展開になるとは…。


 

 やっぱり清涼剤は慶かなぁ。
 慶は一途に結唯を想っていますよね。

 
 慶だけはブレない男でいいですね。



キャスト
 野口綾子(早見あかり)

あらすじ Yahoo!テレビより 
結唯(深田恭子)が目覚めると、慶(亀梨和也)は既に出掛けていた。遅刻寸前の結唯は急いで学校へ行くが、携帯電話を忘れてしまう。一方、母・真理子(麻生祐未)は結唯が行方不明だと騒ぎ立て、そのせいで結唯の外泊は全職員の知るところに。高柳(生瀬勝久)はそんな結唯の様子をうかがう。気を取り直して授業に向かおうとする結唯だったが、学校の外に慶の姿を目撃して動揺する。


  第1話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「セカンド・ラブ」第2話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる