Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ゴーストライター」第4話 感想

<<   作成日時 : 2015/02/04 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

 予告編でチラ見せしていた遠野リサの土下座シーン。
 何かこういうプライドの高い女性がなりふり構わず、すがり付く様をドラマチックに仕立ててるなぁと思いました。
 だけど、ダメだよね。
 これは本編での見せ場、かつ重要なシーンだから。
 予告編でワンカットで流されたら薄まるんだよね。
 観てる側の衝撃とか手応えが…。

 これって回想シーンのリサと母親の姿が伏線になってる訳でしょ?

 知らず知らずのうちに母親の生き様を模倣しているリサ。
 支配と懐柔の構図を、他人との関係に持ち込んで。
 そういう恐ろしさを象徴するシーンだったんだけど。



 とにかく…。
 
 自分の作品が多くの人に読まれ、ランキングの順位を上げている事に気分が高まる由樹。
 再会した尾崎にサインをねだられます。
 遠野リサの本は読んでいないと言う尾崎に本当の事を言いそびれてしまう。

 本当に読んで欲しい相手には自分の作品を読んでもらえない。

 リサからの電話にも出ずにジラせ、不満をぶちまける由樹。
 甘い考えだとリサは相手にしません。
 映画化は主演の俳優や大勢のスタッフのスケジュールを押さえてあり、今更引き返せないと。


 由樹は原稿を上げずに雑誌の連載は他の作家が穴埋めします。

 映画の原作は間に合わないのでリサに書くよう神崎は言います。

 パソコンの白い画面に何も打ち込めずに苦悶の声を上げるリサ。

 翌朝、つまらない作品が仕上がったと秘書に告げます。
 現れた由樹にシャンパンを注ぐリサ。

 原稿をデスクに置く由樹。
 リサが手にしようとすると、10億と値段をつけます。

 以前、由樹の代わりはいくらでもいると言った事を根に持っている口ぶりです。
 訂正するからとリサ。
 膝まづき原稿を下さいと頼みます。

 憧れていた遠野リサの惨めな姿を目の当たりにし、動揺する由樹。

 原稿をばら撒いて飛び出して行きます。



 そんな第4話でした!!
 息詰まる二人の心理戦。
 ホラーサスペンスの様な怖さですね。
 ジリジリと静かに迫ってくる感じです。

 中谷美紀の表情、鬼気迫るものがあります…。

 リサの母親との関係を模倣するしかない生き方。
 相手に支配的になったり、すがってみたり。
 自分の欲に縛られ、愚かだなぁと。



 水川あさみは元婚約者に会ってるシーンなんて本当に嬉しそうで、笑顔がキラキラしてました。
 綺麗でしたね。

 リサの前では以前とは違った顔を見せ…。
 少しづつ優位に立ち、態度が大きくなってきました。



 

 来週はいよいよゴーストライターだとカミングアウト!?

 いつかはバレますよね。
 いつゴーストだったと告白すれば効果があるのか。
 そのバラすタイミングが問題だと思います。







 遠野リサの邸宅がゴージャスです。
 海を眺めるテラスのロケーションの素晴らしさ。
 由樹にあてがったマンションも超高級で広い事!!

 映像を見ているだけでも楽しめます。^^;



あらすじ Yahoo!テレビより
リサ(中谷美紀)の連載中の作品は、全て由樹(水川あさみ)が執筆することになったが、映画の原作だけはリサが書くことに落ち着く。リサの名で由樹が執筆した作品は、単行本化されるとすぐにベストセラーに。由樹は読者をだましているようで居心地が悪い。一方、1行も書けないリサを見かねた神崎(田中哲司)は、映画の原作の執筆も由樹に依頼する。そんな中、由樹は出張で上京してきた尾崎(小柳友)と、1年ぶりに再会する。



  第1、2話  第3話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゴーストライター「原稿をください…消えた天才作家の誇り」
ストーリーのスリリングさと共に、もはや、「女優、中谷美紀をの迫力と妖艶さを見る」ドラマになってきましたね。水川あさみも、とても、よく似あってます。そして、今回は主従関係が逆転。プライドをかなぐり捨てた、「原稿をください…」の懇願と土下座シーンがクライマックスでした。由樹(水川あさみ)が自分の名前で出した、処女小説は、ほとんど返本されてしまいました。でも、「リサ(中谷美紀)の作風と似てる」と気がつく真奈美(菜々緒)は、さすがプロ。よく読んでますね。その傍ら、由樹の元フィアンセは再会。本は購入したも... ...続きを見る
のほほん便り
2015/02/04 11:09
ゴーストライター (第4話・2/3) 感想
フジテレビ系『ゴーストライター』(公式) 第4話『原稿をください…消えた天才作家の誇り』の感想。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2015/02/04 11:19
『ゴーストライター 』『 まっしろ 』第4話 ツイッターつぶやき感想まとめ(2/3)
レビュー記事のないものに関して実況ツイートをUPする事にいたしました。 ツイートなんで。つぶやきなんで。文章にはなっていません。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2015/02/04 12:38
ゴーストライター 第4話
リサ(中谷美紀)が抱える連載小説のすべてを由樹(水川あさみ)が書くようになる中、リサは映画の原作小説だけは自分で書きたいと神崎(田中哲司)に申し出ます。 ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2015/02/04 14:23
ゴーストライター 第4話★原稿を下さい。お願いします
ゴーストライター 第4話 リサ(中谷美紀)の連載中の作品は、全て由樹(水川あさみ)が執筆することになったが、映画の原作だけはリサが書くことに落ち着く。リサの名で由樹が執筆した作品は、単行本化されるとすぐにベストセラーに。由樹は読者をだましているようで居心地が悪い。一方、1行も書けないリサを見かねた神崎(田中哲司)は、映画の原作の執筆も由樹に依頼する。映画の原作が必須の時期に由樹(水川あさみ)が雲隠れ。 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2015/02/04 16:00
ゴーストライター 第4話
第4話「原稿をください…消えた天才作家の誇り」2月3日火曜よる9時  いまやリサ(中谷美紀)が抱えている連載小説3本は、すべて由樹(水川あさみ)が書くようになっていた。神崎(田中哲司)から映画の原作小説はどうするのかと問われたリサは、せめてそれだけは自分… ...続きを見る
ドラマハンティングP2G
2015/02/04 17:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ゴーストライター」第4話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる