Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「問題のあるレストラン」第4話 感想

<<   作成日時 : 2015/02/06 13:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 構築して破壊するエピソードも凄まじいし、登場人物のキャラもアクが強いですね。
 ケーキをお客様のテーブルに運んでからにして欲しかったよ。
 ブチ切れるのは。(; _ _ )/
 見せ場にしたいのは分かるけど、やり過ぎで…。
 ケーキを顔にぶつけるのはコントの定番だけど、寒くて笑えない。
 そう、寒さの厳しいこの季節に舞台も展開も寒過ぎる。
 
 あんな屋上の吹きっさらしの所で高価な食事なんてしたくない。
 コートを着たまま、マフラーやストールをしっかり巻いたまま、窮屈で肩がこるよ。
 屋台で食べるのとは違うからね。
 とんでもないよ。あんなビルの屋上、風当たりが直だもん。屋台は地上だから周囲の建物で風がさえぎられる。
 それに調理場でもある屋台の熱や、おでんやラーメンの熱で救われるんだよ。

 気取ってお洒落で見晴らしのいい素敵なレストランだけど。
 夏限定にせず、わざわざ冬の季節に持ってくるひねくれ感。

 才能ある脚本家の凝り固まった世界観というか。
 もう非現実の極み。(−−;





 結実の面接での話は、確かになるほどと思えました。
 赤やピンクではなく緑を選ぶ子の違い。
 それはオシャレや恋を選ぶ女の子と、勉強を選ぶ女の子。

 ただ、どっちがいいのかなんて、それは答の出ない事。
 オシャレや恋に生きる女の子と勉強する女の子を二極化して、それ以外の生き方が無いような。

 全部台詞で説明して、セリフ頼みになってるよね。
 これって「デート」観てても思ったけど、セリフの面白さで持たせてるタイプのドラマなんだよね。
 だからその台詞をどのキャラの人が話すかで伝わり方が違ってしまう。
 説得力というか…。

 二階堂ふみは、東大出には見えないかなぁ。(・・。)ゞ
 真面目な努力家で不器用な女性には見えます。
 だけど成績は中くらいで普通に女子大を卒業した風にしか見えないですね。

 逆に千佳(松岡茉優)は変人だけど、頭の切れる女性に思える。
 話し方がシャープで、賢さに通じるような。
 ボキャブラリーの豊富さ、次々繰り出される言葉の可笑しさ。
 これって頭の回転が速くないとできない事だし。







 付いて行けるかどうかって聞かれると、返事に困るような。
 いや、キツいですね。
 セクハラにしてもそうだし、見ててこっちの神経を逆なでるようなセリフ、場面、展開の連続です。
 「問題のあるドラマ」って感じ?

 物語の成り行きは、今後も気になる事は確かです。
 合コンで知り合った男の子にお金を渡した結実。
 
 何もないよりいい人生。
 幸運を導けますように!
 

あらすじ Yahoo!テレビより 
たま子(真木よう子)らは店を一時休業し、千佳(松岡茉優)の指導でメニュー変更と特訓を始める。一方、原宿文化を代表する人物・伊達(銀粉蝶)から「ポトフがもう少しあったかいといいんだけど」と言われた門司(東出昌大)は顔色を変える。やがて店は再オープンを迎えるが、悪天候で客が来ない。チラシ配りに出た結実(二階堂ふみ)は藍里(高畑充希)に誘われ合コンへ。一方、偶然来店した伊達は千佳のスープがあたたかいとほめる。

  第1、2話  第3話

            

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
問題のあるレストラン四話&セカンド・ラブ一話&学校のカイダン五話感想
■問題のあるレストラン四話 主題歌にあわせてみんなでリズムを刻んでるの楽しそうだったね。。やっぱり今シーズン、一番好きなドラマですね。 四話は結実(二階堂ふみ)と藍里(高畑充希)をピックアップ。正反対に見えるふたりだが、実は似た者同士の対立だったという。同じことを思っていても、やってることが真逆だったから、お互いどこか牽制し合っていたんだね。 ...続きを見る
NelsonTouchBlog
2015/02/08 12:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「問題のあるレストラン」第4話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる