Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「天使と悪魔─未解決事件匿名交渉課─」第4話 感想

<<   作成日時 : 2015/05/03 13:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これまでのパターンを覆す、秀逸な内容でした。
 真相を追求するためにヒカリ(剛力彩芽)は奔走します。
 そして真犯人に辿り着きます。
 茶島(渡部篤郎)の司法取引を阻止する事が出来なかったこれまでのもどかしさ、苦しさ。
 それを一気に払拭する事ができました!!


 それにしても…。
 3人の同級生に司法取引を持ち掛けるシーンは、本当に恐ろしかった。

 悪魔のささやき。
 タイトル通りの茶島の本性。
 冷酷…というより狡猾です。
 『助けられるのはひとりだけ。』
 こんな恐ろしい提案をよくスラスラと話せるものです。
 でも3人は応じませんでした。


 ヒカリがカフェの店主と警察を訪れます。
 廊下の向こうに同級生の彼女たちがいました。 
 手錠をかけられ、腰縄で繋がれた3人が並んでいる姿は本当に劇的でした。
 茶島の提案を拒否し、逆に勝利したような感じがします。 
 


 これで茶島の立ち位置が変わるのか?
 そんな事はないですよね、たぶん。
 次回からはまた茶島のやり方で物事が進んでいきそうです。


あらすじ Yahoo!テレビより
ヒカリ(剛力彩芽)と茶島(渡部篤郎)は、1年前に雑木林で香苗(朝倉えりか)が白骨遺体で発見された事件を再捜査する。香苗はその3年前、中学時代の同級生である琴音(原田佳奈)、美恵(山崎真実)、忍(梅舟惟永)とカフェで会い、一足先に店を出た後、行方不明になっていた。ヒカリは香苗との結婚を後悔していた夫・綿貫(内田滋)を疑うが、茶島は同級生の3人に会うことを提案。一人一人に会い、その証言に違和感を覚える。


  第1話  第2話  第3話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「天使と悪魔─未解決事件匿名交渉課─」第4話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる