Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「探偵の探偵」第7話 感想

<<   作成日時 : 2015/08/21 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 縛られた女性の手をほどくのは、後でいいから!ってイライラさせられました。
 そんな事してるから、背後から狙われる。
 第一窪塚、ナイフ持ってるから、それで切った方が早いよ。
 いちいちほどこうとして、堅結びだったら時間かかるし。
 …て終盤のアクションシーンは迫力もあり、間延び感もあり。(笑)
 たった二人きりで、あんな大勢の悪者集団の中に乗り込んで行って、そりゃ無謀過ぎ!!
 縛られたDV被害女性を助けようとしてる隙に淀野に刺されてしまう窪塚。

 どうなってしまうのか?

 玲奈はまた、大切な人を失ってしまうのか?

 そんな第7話。

 
 ドラマ冒頭、助けられた玲奈は窪塚の実家に行って女の子と出会います。
 お母さんを亡くした女の子は、玲奈を新しいお母さんだと思い込みます。
 授業参観に来てと、熱心に頼みます。
 玲奈は「分かった。」と答えます。
 アクションシーンが多く、残酷で凄惨な乾いたタッチのドラマの中で、癒し系のホッとする場面でした。

 動と静のメリハリですね。

 窪塚が始めて自分の子供の気持ちに気づく。
 そういう描写も丁寧で、しみじみとさせられました。
 
 
 庭から走って逃げたDV女性11人は実は違ってたんですね。
 拉致するのに使ったのは、配送のトラック。
 不審なものを乗せないように重量、水分量などが表示されるんですね。
 その水分量と重さが釣り合わない事に気づく玲奈。

 職員の秋子が使っているパソコンから、下書きを呼び出し犯人グループに送ったメールを見つけます。

 こういう謎解き、トリックも面白いです。
 



 ライターの武器、強力過ぎますね。(笑)



あらすじ 公式サイトより
“半グレ”集団の「野放図」に連れ去られた紗崎玲奈(北川景子)は、目覚めると薄暗いスナックのようなところにいた。周囲には、升瀬淳史(中野裕太)らDV男たちが、身を寄せ合うように立っている。そこへ、淀野瑛斗(丸山智巳)が現れて、玲奈を見下ろすと、お前は誰だ、と聞く。玲奈はそれに答えずに、DV被害者の女性たちが保護されていた場所を突き止めるために探偵を使っただろうと聞き、その探偵に用があると言った。すると、淀野がひとりの女に視線を向け、その女・宇佐美秋子(今村美乃)は、自分がその探偵とのパイプ役になっていると明かした。その探偵こそが「死神」だと疑う玲奈は、探偵を連れて来てくれと頼むが、淀野はそれを遮ると、玲奈を処分すると言う。



その頃、峰森琴葉(川口春奈)は、社員寮のリビングで玲奈からの電話を待ちわびていた。
一方、「スマ・リサーチ社」では、「探偵課」の伊根涼子(高山侑子)が、病院で殺害された檜池(尾上寛之)の事件以来、会社に現れない玲奈に対して不満を爆発させていた。そこへ、須磨康臣(井浦新)がやってくると、涼子は須磨に食ってかかる。さらに、佐伯祐司(六角慎司)が同調するのを、桐嶋颯太(DEAN FUJIOKA)が制した。探偵たちの怒りを受け止めた須磨は、玲奈が何をしているのか、調べてみるといいと言い放つ。

同じ頃、琴葉から連絡を受けた窪塚悠馬(三浦貴大)は、玲奈を救出すべく車を走らせ…。


  第1話〜第3話
  第4話  第5話  第6話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「探偵の探偵」第7話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる