Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「無痛〜診える眼〜」第5話 感想 

<<   作成日時 : 2015/11/05 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 早瀬は為頼に病院で絵を描いてる患者を知らないかと聞きます。
 警察の捜査で現場に残されていた帽子は、中学生くらいの子供のものか、小柄な女性がかぶるもの。
 そして付着していた髪の毛は金髪で女性のものだった。
 情報を得た早瀬は病院の中でサトミを見かけます。

 一方、菜見子のストーカー佐田は為頼の医院を訪れ、菜見子の婚約者だと名乗ります。
 為頼と和枝は何も知らずに「おめでとうございます。」と祝福。
 しかし後で佐田がストーカーだと聞かされます。
 病院の為頼を訪れた佐田。
 帰れと言われ、怒った佐田はドアを開けて為頼の事を大声でなじります。

 イバラ(中村蒼)が佐田を指さし、でたらめだと反論。
 菜見子がやって来て佐田にハッキリと決別の意志を伝えます。

 サトミが病室で暴れているので皆が駆け付けます。
 彼女が話せないのは、喉の軟骨を折ったせいでした。
 精神疾患からではなく親の虐待でそうなったと、誰にも言えないまま、閉じこもっていたのでした。
 為頼がそれを見抜き、サトミに話しかけます。

 早瀬の元に連絡が入ります。
 サトミの金髪を鑑定した結果、事件現場にあった髪の毛のDNAと一致したと。

 佐田はイバラを待ち伏せして殴ります。

 菜見子が部屋に戻って冷蔵庫を開けます。
 何かが気になって、もう一度冷蔵庫の扉を開けます。
 プリンを手に取ります。
 背後で物音がし、窓のカーテンが揺れていました…。

 そんな第5話!!

 どんどん怖くなってきました。

 衝撃的なラストシーンでしたが。

 菜見子は殺害された

 佐田が犯人のように思わせているけど、違うような気もします。

 サトミの事情が分かって良かった。
 たぶん、現場を目撃しただけなのでしょう。

 いったい犯人は…

 

 ドラマの内容もいいのですが…。
 西島秀俊の優しい笑顔や話し方が最高ですね。
  



あらすじ Yahoo!テレビより
白神メディカルセンターに初出勤した為頼(西島秀俊)は、早瀬(伊藤淳史)に遭遇。7カ月ほど前に起きた「一家殺害事件」の現場そっくりの絵を先日、院内で拾った早瀬は、それを描いた患者を捜しているという。為頼はサトミ(浜辺美波)だと察し、菜見子(石橋杏奈)に詳細を聞く一方、早瀬に相手は中学生で精神的な病を抱えているため、聴取は無理だと伝えた。そんな中、菜見子が為頼に、佐田(加藤虎ノ介)の正体を明かす。


  第4話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
無痛〜診える眼〜 第5話★サトミ(浜辺美波)の毛髪が…
無痛〜診える眼〜 第5話 白神メディカルセンターに初出勤した為頼(西島秀俊)は、早瀬(伊藤淳史)に遭遇。7カ月ほど前に起きた「一家殺害事件」の現場そっくりの絵を先日、院内で拾った早瀬は、それを描いた患者を捜しているという。為頼はサトミ(浜辺美波)だと察し、菜見子(石橋杏奈)に詳細を聞く一方、早瀬に相手は中学生で精神的な病を抱えているため、聴取は無理だと伝えた。そんな中、菜見子が為頼に、佐田(加藤虎ノ介)の正体を明かす。為頼(西島秀俊)と和枝(浅田美代子)に、自分は菜見子(石橋杏奈)と結婚するん... ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2015/11/05 13:30
無痛〜診える眼〜 第5話
2015.11.04 ON AIR STORY#05「金髪の少女が抱える殺人の記憶」 為頼英介(西島秀俊)の診療所に、頭痛を訴えてやって来たのは佐田要造(加藤虎ノ介)だった。佐田は自分が高島菜見子(石橋杏奈)の婚約者だと言うが、井上和枝(浅田美代子)は半ば信用しない。しかし、為… ...続きを見る
ドラマハンティングP2G
2015/11/05 20:41
【無痛〜診える眼〜】第5話 感想
君は自分が暴走したら止めてほしいと言った。 だから止めたんだ。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2015/11/06 00:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「無痛〜診える眼〜」第5話 感想  Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる