Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オトナ女子」第7、8話 感想

<<   作成日時 : 2015/12/03 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 亜紀と高山がついにいい雰囲気へと。
 高山はチケットを渡し、レストランのライブへ誘いますが、行く途中美和からの電話で車を降りてしまう亜紀。
 でも後に亜紀が連絡すると、高山は閉店間際のレストランで食事をしていました。
 すっぴんのまま駆け付ける亜紀。
 二人で定食屋に入って卵かけご飯を食べます。

 メガネとマスクで最初は気にしていた亜紀ですが、高山は40代女性の価値をヴィンテージ物の価値になぞらえます。

 部屋に戻ってちくわとまったりしている所へインターホンが。
 高山でした…。

 どうしても会いたくなって、強引ですね。(笑)

 亜紀と高山の恋愛は想像ついてたので、やっと本題へ入ってきたかという感じです。

 美和は社長に会うのが辛いから会社を辞めると言い出し、萌子は純一と別れた事を母に告げておらす。
 店に押しかけて来た母親に、別れたのはあなたが原因だとは言えないのでした。

 そんな母はレンタル彼氏の田代と意気投合します。

 一方みどりは息子のいじめで学校側に啖呵を切ります。

 それなりに物語は進んで次回はどうなるのかと。

 吉瀬美智子や篠原涼子とのコスチュームの差に腹を立てていた鈴木砂羽。(女性週刊誌からの情報)
 今回は吉瀬美智子がトレーニングウエアで鈴木砂羽とストレッチ、ウオーキングと自然でした。
 篠原涼子も髪のかき上げを止めましたね。
 アクセサリーも目立たないし、飾らないすっぴんで勝負だし。
 いい調子じゃないでしょうか?

 視聴者のダメ出しが色々伝わってそうな気がします。

 江口洋介が味があって渋くていいです。
 肩に力の入ってない感じがいいです。(*^^*) 


あらすじ Yahoo!テレビより
第7話
仕事を外された亜紀(篠原涼子)はその夜、一人で温泉地に宿泊。翌日、萠子(吉瀬美智子)から高山(江口洋介)が心配して駆け付けたはずだと聞かされるが、高山はそのことを否定する。萠子の元には、‘レンタル彼氏’で知り合った田代(丸山智己)がしつこく顔を出していた。一方、みどり(鈴木砂羽)には沢田(千葉雄大)から再び、碧(矢部昌暉)に関する心配な情報が届いた。そんな中、亜紀は純一(谷原章介)から、経理部への異動を命じられる。

第8話
高山(江口洋介)の後押しもあり、亜紀(篠原涼子)はモバイル・コンテンツ部に復帰。ところが、亜紀の不在中に代理を務めていた美和(市川実和子)が、仕事を辞めたいと言い出す。田舎に帰って見合いすると言う美和に、亜紀は、もう一度考え直すよう諭す。そのころ、萠子(吉瀬美智子)は経費削減のために店のアルバイト店員を減らすべきか悩んでいた。一方、みどり(鈴木砂羽)はパートの勤務シフトを減らされてしまう。



  第1、2話
  第3話
  第4、5話
  第6話



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「オトナ女子」第7、8話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる