Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「無痛〜診える眼〜」最終回 感想

<<   作成日時 : 2015/12/17 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 秘書が院長室に入るが、白神はいない。
 早瀬が為頼の診療所にやって来る。
 怒鳴り合う二人。
 「イバラ君はひどく混乱してた。」
 「おまえの犯因症を見てイバラ君を殺させようとした。」
 石川一家と白神が何かつながりがあるはずだ。
 ネパールで非合法の手段で心臓を移植している。
 その2年後から無痛治療の研究を始めた。そう説明する為頼。
 
 イバラは水から上がってきた。

 すき焼きの鍋を囲む菜見子、サトミ、為頼と和枝の4人。

 イバラは身を潜めている。自分の手を見る。

 サトミが菜見子や為頼に付き添われ、警察へやって来る。

 石川の家を発見し「殺したいって思った。」
 イバラが殴る所を目撃した。
 「本当はあんな人じゃない。」
 「あの人は優しい人。」
 何で殺さなきゃいけないとサトミは早瀬に掴みかかる。

 白神が行方をくらました。早瀬は石川の過去を調べてると。
 「交友関係のリスト今、持ってきます。」
 
 秘書、横井が為頼の家にやって来る。
 「返して下さる?完璧な崇高な人だったの。
 あんた達のせいなの。」
 
 メスを取り出し菜見子に襲い掛かる。
 
 為頼が帰って来て横井は警察に連行される。

 早瀬は白神と石川のつながりが分かったと連絡するが、為頼は今からメディカルセンターに行くところだと電話を切ってしまう。
 
 「病院はたたみます。」と白神。 

 「メルボルンへ行きましょう。」と誘う。
 あなたは断れないと「亡くなった奥さんの事です。」
 看取った側は一生忘れられない苦痛です。
 無痛治療を完成させたいんです。
 あなたも亡くなった弟さんの事を…。
 早瀬が入って来る。

 石川彰子は白神の弟、怜児の恋人だった。
 失恋で自殺した弟。
 現地で医師を探して移植手術をした。

 自分の一部として共に生きて行けるとしたら。
 弟と一体になったおかげで自分は完成したと。
 「弟のために一家皆殺しにするのか。」早瀬は詰め寄る。
 
 「痛みから解放されたかったのはあなただったんですね。」

 「生きてる事は醜い。」

 「俺は妻を失った苦しみを一生抱えて生きて行く。」と為頼。
 「痛みは人が生きてるという証だから。」

 イバラが入って来る。
 
 白神と共にガラス窓を突き破って落ちて行く。

 旅に出ると荷物を持って出て行く為頼。
 
 「俺は刑事を続けます。」と早瀬。 



 そんな最終回でした!!


 イバラ、撃たれて川に落ちて、それでも死なずに這い上がって来たのに白神と道連れって。

 何か酷くねぇ? 


 部屋に入ってきた時点で白神殺すって分かったけど。
 白神も両腕を広げてたから、死ぬ覚悟できてたんだね。
 それで二人で窓ガラス破って…。
 何階が知らないけど、地面に落ちた姿も見せず、何なんだろうこの演出はって思った。

 舞台劇っぽいよね。

 場面が為頼の診療所兼、家のキッチン、白神の院長室。
 単純にだいたいこの3か所で物事が運んでる。
 そこに為頼の価値観、人生観が語られて膨らませてる感じ。

 西島秀俊、凄く素敵で為頼先生のほんわかとした優しいキャラ大好きだった。
 人とは、生きるとはどういうことなのかというメッセージも重かった。

 それは良かったんだけど、物語の展開が…。

 真犯人を窓から落としてあっさり片付けるってどうよ。
 単純過ぎるし。
 イバラ、生きていて欲しいよ。

 白神は罪を償うべきだし。

 …て感じで不満はあります。

 為頼先生、旅立つってどこへお出掛けなんだろう
 列車に乗って地方の診療所かな。
 見るだけで症状が分かるのも便利っちゃぁ便利だけど。
 何も見えない方が幸せって事もあります。

 そんな感じで「無痛」終わってしまいました。
 音楽も不気味で暗かった。
 爽やかとはいかないよね。
 音楽は「サイレーン」の方がずっと良かったなぁ。


あらすじ 公式サイトより
診療所に戻った為頼英介(西島秀俊)は、早瀬順一郎(伊藤淳史)がイバラ(中村蒼)に拳銃で発砲したことを高島菜見子(石橋杏奈)、井上和枝(浅田美代子)に話す。イバラは川に転落したまま行方がわからない。和枝は発砲を焦った早瀬の方が危険ではないかと危惧。寝ていたはずの南サトミ(浜辺美波)が話を聞いてしまい、玄関から飛び出そうとするのを和枝が必死に抑えた。

 翌日も警察はイバラの捜索を続ける。一方、信用を失った『白神メディカルクリニック』は患者の転院などの整理が進められていた。秘書の横井清美(宮本真希)は今後の相談をしようと院長室へ行くが、白神陽児(伊藤英明)姿はなく、携帯電話も繋がらない。

 為頼の診療所には早瀬が姿を現す。イバラを撃ったことを責める為頼に、早瀬は彼を殺害するしかないと口走る。為頼は早瀬に白神から言われたのではないかと問う。為頼は、白神が早瀬にイバラを殺すようそそのかしたと続けた。そして、為頼はイバラの治験データを早瀬に見せる。データはイバラが白神に処方された薬の影響で一家殺害時の記憶の喪失、薬による強暴性の増加を語っていた。早瀬は一家殺害に白神の関与がありそうなことに気づかされる。


  第4話  第5話  第6話
  第7話  第8話  第9話

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「無痛〜診える眼〜」最終回 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる