Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ナオミとカナコ」&「わたしを離さないで」第1話 感想

<<   作成日時 : 2016/01/17 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 高畑淳子が凄かった。(*^^*)
 笑えたし、さすがだと思いました。
 存在感も演技力もひとり目立ってる。
 他の役者さんたちが抑えた自然な雰囲気だから余計ね。
 皆が皆、あんな演技だったらドラマが暑苦しくなるだろうけど、ちょうどいい感じでスパイスというか、かなり濃厚な味付けの一品という感じ。 
 それにしても、あまりの存在感に広末涼子が薄く見えたほど。

 広末涼子は「聖女」で好きになりました。
 上手いと思う。
 このキャラもいいですね。似合ってる。

 内田有紀とも親友の感じがいい。

 サスペンスなのであまり深く考えずに観たいですね。

 DVというのは深刻な問題だと思いますが…。



あらすじ Yahoo!テレビより
大手百貨店の外商部に勤める直美(広末涼子)は、顧客の対応に追われる日々を送っている。ある日、同じ沿線に引っ越してきた親友・加奈子(内田有紀)の新居を訪れた直美は、エリート銀行マンの夫・達郎(佐藤隆太)や彼の姉・陽子(吉田羊)とも会い、幸せそうな加奈子をまぶしく感じる。ところが後日、加奈子の顔に浮かぶどす黒いあざを見た直美は驚く。加奈子は夫婦げんかだと言うが、実は達郎からの暴力に苦しめられていた。


「わたしを離さないで」
 子供たちの着ているグレーの衣装がシックでお洒落で素敵だと思いました。
 欧州の映画みたいです。
 子供のコスチュームって青や赤など原色が定番。
 あとピンク、水色のパステルカラーとか…かな。
 そこを抑えて淡い色調でスモーキーでドラマの雰囲気を盛り上げていました。

 最初の方のシーンで、臓器を取り出された人を綾瀬はるかが運んで行き、注射してましたが。
 マスクをしている息が途絶えて死んだと分かり。
 そして大きな扉の向こうへと…。
 「焼却」って。(−−;
 あれ焼却炉なん?
 セットがちょっとチープだなぁと感じました。

 これもテーマは重いし怖いし。
 でもエンタテイメントですよね。

 学園の子たちがこの先どんな風に自分たちの運命を知っていくのか?

 そして必ず逃げ出そうとする子供も出てくるのでは…。

 こんな閉じ込められた世界は耐えられないです。 

 次回も見ます。



あらすじ Yahoo!テレビより
青年が横たわる手術台を見詰める恭子(綾瀬はるか)。その表情は全てを諦めているように見える。20年前。恭子(鈴木梨央)は、山の中にある陽光学苑の寄宿舎で、同級生のいじめられっ子・友彦(中川翼)や女子のリーダー・美和(瑞城さくら)らと暮らしていた。ある日、学苑に教師・龍子(伊藤歩)が赴任。校長・恵美子(麻生祐未)の教育理念に共感してやって来た龍子だが、学苑を見て、子どもたちへの教育に違和感を覚える。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ナオミとカナコ」&「わたしを離さないで」第1話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる