Kanataのお部屋へようこそ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ナオミとカナコ」&「わたしを離さないで」第3話 感想

<<   作成日時 : 2016/01/30 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ペーパードライバーだという二人が車に乗って遠出する辺りは、大丈夫?なんてハラハラさせられるし、その遺体隠し場所を探す行程もゆる〜くて何か不思議な感じでした。(笑)
 ピクニック気分に見えたけど、あんな大きな穴を掘って。
 本気なのか冗談なのか?
 でもこれが意外とリアルに感じ…。
 日常を生きる二人の女性の人生を賭けた計画。
 上手く行くのかなぁ〜?
 
 何かとにかく心配させられますよ。


 そして林のアパートを訪れる加奈子。
 署名を練習する林。真面目な性格だというのが見て取れます。

 しかし彼のスーツ姿が、あまりに夫にそっくりで恐怖感が。
 
 そんな加奈子に、この部屋は寒いからと上着を肩にかける林。
 (林、いい人だよね〜。^^;いっそこっちと一緒になれ。)
 切ないシーンでしたね。
 優しさに慣れていない加奈子と異国から働きに来た林。
 訳ありな二人のささやかな心の交流。
 それぞれが幸せになって欲しいです。




 佐藤隆太、キャラの違いがハッキリした二役で、不法滞在の中国人も似合ってて面白いし、エリート銀行員も確かにそう見えるし。
 不思議だよね〜。(*^^*)




 今後も達郎の姉が直美の仕事に絡んできてプレッシャーですね。
 バレないように実行できるのか?
 どこかでほころびが出そうな危うさ。

 次回が待ち遠しいです。 



あらすじ Yahoo!テレビより 
直美(広末涼子)は、達郎(佐藤隆太)とそっくりの不法滞在中国人・林(佐藤=2役)の姿を加奈子(内田有紀)に見せ、達郎の殺害計画を明かす。それは達郎の遺体をどこかに隠した後、林を達郎のパスポートで中国に行かせ、ただの失踪を装うというものだった。さらに林を呼び出した直美は、報酬200万円で他人に成り済まし、そのパスポートを使って帰国してほしいと依頼する。戸惑う林に、直美はそれで加奈子が救われるのだと話す。


 「わたしを離さないで」

 三浦春馬の演技は上手いなぁと。
 美和(水川あさみ)にポケットに手を入れられておどおどする様子も、好きだと言われてハッとして体を離す仕草も。
 そして食事の時、恭子と向かい合って座った場面の気まずい感じ。

 隣に来た美和に付き合う事にしたと表明され、恐る恐る恭子の顔色を窺う表情も。

 何もかもが未熟な少年、青年そのもの。

 三浦春馬の頬がこけていて、若くは見えないはずなのに。
 あの立ち居振る舞いや表情が、不器用な男の子に見せている。

 実年齢など関係ないですね。
 演技力で魅せる友彦の情けない姿が秀逸でした。

 綾瀬はるかのアンニュイな雰囲気もいい。

 そして水川あさみは弱さやズルさを…。

 こういう子、いるよねって。
 いるいる、どこにでもいそう。
 そんな人間ドラマが迫って来ます。

 非現実な世界の中の、とても現実的な人間描写…。

 生身の人間の感情がリアルに表現されている。
 そこに在ると思います。



 それにしても…。
 3人で暮らすなんて無茶だなと思います。

 苦しいだけですよね。恭子は。
 

あらすじ Yahoo!テレビより
‘提供者’の世話係を務める‘介護人’の珠世(馬場園梓)が、友彦(三浦春馬)の担当を外れることになった。珠世は、後任に恭子(綾瀬はるか)を推薦する。だが、友彦は過去のある出来事から、恭子に頼むのをためらう。15年前。恭子たちは陽光学苑卒業の年を迎える。卒業後は2、3人単位で別の施設に移り、外界での生活に慣れるための訓練を受けることになる。一方、龍子(伊藤歩)には、奇妙な行動が目立つようになっていた。


  第1話
  第2話


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ  ドラマハンティングp2g
「ナオミとカナコ」&「わたしを離さないで」第3話 感想 Kanataのお部屋へようこそ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる